1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 働き方が変われば哲学も変わる?我思うゆえに我あり…の再定義!?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

働き方が変われば哲学も変わる?我思うゆえに我あり…の再定義!?

 

おはようございます。

 

医師にとっての相応しい働き方を考え、

個別に最適な職場を提案していく

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

AI時代の働き方。

 

なぜか私はすごく考えています。

 

イギリスで産業革命が起こった時、

エネルギーが石炭から石油に変わった時、

電卓からコンピュータの時代になった時、

IT化が進み1人に1台の端末を持つようになった時。

 

AI時代というのは

このような革命に匹敵すると思うのです。

そして過去の歴史が示すように、

個人個人も時代の流れに適応しないと

失業したり、待遇がガクンと下がったり、

望ましくない事態が訪れるかもしれません。

 

その時に炭鉱に閉じこもって労働争議を起こしても、

時代の波に飲み込まれてしまえば、

それは単なる自己防衛でしかありません。

 

もちろんそういう事を否定するつもりはありませんが、

そうならないように今からAI時代に備えておくべき

ではないですか!?と言いたいのです。

 

例えば私どもの人材紹介業もそうです。

今、大手を中心に多くの紹介会社が行っている

仕事はAI時代にはなくなります。

求人をかき集めてシステムでマッチングし、

それを案内するだけですからね。

AIの方が優秀にこなす事は間違いないでしょう。

 

その時にポータブルスキルを身に付けていれば良いですが、

仕事の中身を知っている私から見ても

絶望的と言わざるを得ません。

 

そういうビジネスモデルでしか仕事をさせない経営者、

そして何の疑問の感じずに

言われるがままの仕事をしてきた労働者。

 

責任は会社や社会や国にあるのではなく、

まさに自己責任となってしまう事でしょう。

 

では来たるAI時代には

どんな働き方が残るのか?必要なのか?

 

この点を私は考えているのです。

正直いろいろ悩んでおります。

 

医師の仕事に関しても同様です。

AI時代に医師の仕事がどうなるのか?

 

いくつか答えらしきものは持っていますし

サバイバルの仕方をアドバイスはできますが、

時代の移り変わりに応じて

ブラッシュアップしていく所存です。

 

その際にキーワードになりそうなのが、

「哲学」、つまり私たちが編み出してきた根本原理とか、

論理、倫理、存在意義、人生観、世界観といったものです。

 

ここから一変する可能性があると思うのです。

そして賢明な我々は

その劇的な変化にも適応しなければならないのですね。

 

常識とか、良識とか、慣例とか、

それこそ大前提となる事までも

変わるのではないでしょうか?

 

哲学と言えば、

「我思うゆえに我あり。」

 

デカントの言葉、

一説によるとデカントは

このような表現はしていないとか、

多くの反対意見や批判もあるようですが、

自分が考えたり思ったりするからこそ

自分は存在するのだという原理は理解はできます。

 

しかしAI時代になると、

自分で考えたり、物事を思うという事の

大半が不要になるのかもしれません。

 

我思う…はAIが勝手に判断し、

それに相応しい動きを起こしてしまうのでしょう。

 

そうなってくると

そこから離脱していく必要が出てくるんですね。

まさに哲学の再定義と言えます。

 

もちろんいくら思考が自動化されていくとしても、

私たち人間が感情までも失う訳ではないし、

考える事自体を放棄する事はあり得ないと思います。

 

しかしある領域においては

AIというテクノロジーが

私たちの思考にまで進出してくる事は

もう避けられないのかな…とも思うんですね。

 

科学と哲学との融合。

そんな未来が来ると思うと、

多少の不安と、ちょっとした期待感もあり、

果たしてどんな未来が来るのかな?と

ドキドキとワクワクが共存してきます。

 

我が思う事がなくとも、

我は存在し、我の望むように何かが動いていく。

 

いろんな近未来映画のようですが、

実現はもうそこまで来ているとも思います。

 

その時にどんな働き方をすべきなのか?

どのように仕事観を持ち、

いかほどの待遇で、

どういう働き方を手に入れる事ができるのか?

 

未来は私たちが望もうが望まなかろうが

確実にやってきます。

これは変えられる事ではありません。

 

変えられるのは今、何を考え、

どのように備えを打っていくか?

ここですよね。

 

だからこそ

今から準備が必要なのではないでしょうか?

 

 

きっと今私ごときが考えているような

そんな展開にはならないのだろうな…と思います。

 

もっとダイナミックで、

想定外の出来事が起きるのではないでしょうか?

 

でも「人」の根本はそう変わりませんし、

「社会」の仕組みも表面上はガラリと変わっても、

原理的にはそう変わらないような気がします。

何となく歴史がそれを証明しているようにも思えるのです。

 

ま、今すぐに結論を出すような事でもないですし、

しばらくテーマのひとつとして考え続けてまいります。

 

そして少なくとも医師の未来の働き方については

イチ早くキャッチして、

AI時代の医師の働き方はこうなりますよ…

というアドバイスができるように

学び、考え、具体的な概念を追求しながらも、

相応しい働き方を

医療機関側とも調整してまいる所存です。

 

それでは、また…。

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事