1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 週平均55時間+当直・オンコールという勤務時間は適正なのか?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

週平均55時間+当直・オンコールという勤務時間は適正なのか?

 

おはようございます。

 

医師の働き方をリサーチし、考えるからこそ

最適な職場との出会いを作っていける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

今年の4月に厚生労働省医政局の

厚生労働科学特別研究班が出した

「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」

を手に入れて読み込んでいます。

 

とても分厚い資料なので、

総論をまとめて書くよりも読みながら気になった点や

思うところ、考えさせられた点を

今後数回に渡りブログに書いてまいりたいと思います。

 

調査対象は全国の医師10万人という事ですから

当ブログをご覧の先生にも調査票が届いたかも

しれませんね。

回収されたのは15,677件らしいので、

ちと寂しい数値ですが(苦笑)。

 

さて今回は勤務時間について。

まず下記のグラフをご覧になって下さい。

 

勤務時間(性別・年代別)

平均値(時間)

勤務医(常勤)  勤務医(常勤)
 <男性>  診療+診療外  当直+オンコール
  20代     57.3     18.8
  30代     56.4     18.7
  40代     55.2     17.1
  50代     51.8     13.8
  60代     45.5       8.0

(この内、待機時間は約16時間)

 

勤務医(常勤)  勤務医(常勤)
 <女性>  診療+診療外  当直+オンコール
  20代     53.5     13.0
  30代     45.2     10.7
  40代     41.4       9.0
  50代     44.2       7.8
  60代     39.3       3.4

(この内、待機時間は約12時間)

 

資料には非常勤の勤務医のグラフもありましたが

ここでは割愛させて頂きました。

 

確か我が国の労働基準法においては

週40時間労働と定められており、

それを超えた場合は時間外労働として

いわゆる残業手当(時間外手当=割増賃金)が

支給されなければならないはずですが、

果たして医療現場ではいかがでしょうか?

 

年俸制になっているから

残業手当なんて付く訳がない…

という訳には行かないはずなので、

どのように労務管理をしているのか、

興味深いところです…。

 

ま、それは置いておきまして

率直に申し上げて

あくまでも平均値ではあるものの

だいぶ適正化してきたのではないかと

感じました。

 

こういうデータは

丸ごと信じるのは危険かもしれませんが、

想像よりも改善しているように思えます。

 

まして年代が上がるにつれて

勤務時間は減少していたり、

男性ドクターよりも女性ドクターの方が

若干とはいえ勤務時間が少ないのは

健全化の証なのかもしれないなあと感じます。

 

問題は当直・オンコールですね…。

週40~60時間弱に上乗せされるわけですし、

ただの時間外ではなく深夜や早朝も含まれる訳で

ここを何とかしないと過酷な勤務から逃れられませんね。

 

ちなみに診療科目別に見てみると…

 

診療科目別勤務時間(勤務医常勤)

平均値(時間)

 診療科  診療+診療外  当直・オンコール
  内科系    51.7    12.6
  外科系    54.7    16.5
  産婦人科    50.6    22.8
  小児科    50.2    16.0
  救急科    55.9    18.4
  麻酔科    49.1    16.7
  精神科    43.6    11.9
  放射線科    51.9    10.2
  臨床研修医    53.7    13.5

 

このように救急科、外科、臨床研修医は

診療+診療外は長い傾向があり、

産婦人科は逆に当直・オンコールが長いですね。

 

でもこれ…厳密に出すなら、

もっと区分けを細分化しないと

本当の意味は出てこないですよね。

 

勤めているのは首都圏なのか、地方なのか、

へき地や離島なのか、大学病院なのか、

自治体系の病院なのか、民間の総合病院なのか、

何床クラスの規模なのか、

総合病院なのか、単科病院なのか、診療所なのか、

常勤医は全体で何名いるのか、非常勤医は何名か、

同じ科に医師は何名いるのか、看護師など

スタッフの在籍数はどうか、経営状態はどうか、

来院患者数はどうか…などなど。

 

ここまで調査しないと

なかなか実態は見えてこないと思います。

逆に言うとこのデータを施策の元にするのは

ちょっと危険なような気がします。

 

 

おそらく現場で働く医師からしたら、

違和感のある結果ではないかと思います。

 

まあ参考までに見るくらいでいいと思うのですが、

もしご自身の勤務時間が

この調査よりもあまりにも多すぎる場合は

いずれ他に移る事を考えてもいいかもしれませんね。

 

おそらく、今よりは良い環境になるでしょうから…。

ま、あくまでも参考です。

 

それでは、また…。

 

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントのブログサイト

医師の転職・開業 失敗事例集サイト

ジーネット公式 follow me twitter

ジーネット公式 facebookページ

 

転職・開業のお問合せはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事