1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医師の世界のスペシャリストとゼネラリスト…。

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医師の世界のスペシャリストとゼネラリスト…。

 

おはようございます。

医師のより良い未来について
多角的に情報発信をしている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

スペシャリストとゼネラリスト…。

皆さん自分はどちらかと
自己分析していると思いますが、
見る人が変われば、また見方が変われば、
全然違う方に分類されてしまうんですよね…。

私などは専門領域を持っておらず、
むしろ幅広い領域に関する知識や経験を持っていると思うので、
自分の事をゼネラリストと分析していますが、
こんな私でも医師の人材紹介であったり、
クリニックの開業支援という面だけで見れば
スペシャリストと評価して下さる方もいらっしゃいます。

医師の世界もなかなか難しいですね。

私はスペシャリストの代表格であると分析しており、
それは視野を広く見れば決して間違いではないものの
ご自身をスペシャリストと位置付けていない
ドクターも少なくありませんよね。

診療科目にもよるのかもしれませんが、
やはり大学病院や総合病院などの急性期で
専門性の高い診療をしていれば
スペシャリストでしょうし、
地域包括ケアやプライマリ医として
患者に寄り添うような診療をしていれば
ゼネラリストと言えるのでしょう。

私などから見れば、
専門性高く診療していようが、
プライマリ医として診療していようが、
医師である事には変わりませんから
いずれにしてもスペシャリストであると思うのですが、
意外とプライマリの先生方はご自身をゼネラリストと
位置付けておられたりしますね。

国語辞典的な正解が必要な訳ではありませんので、
それぞれの個々の考えは尊重いたしますが、
一方キャリアという観点から見ると
この自己分析というのは
非常に大事になってくると思われます。

いえどちらかでないといけないとか、
そういう話しではないんです。

自らの志向性やビジョンが
この自己分析には現れてくると思うんですね。
そこを見誤ってはいけないという事です。

今まで心臓血管外科や脳神経外科などの
ハードと言われる科目の先生が
医師人生の後半はプライマリの領域に
舵を切りたいという場面に何度か携わってきました。

スペシャリストからゼネラリストへの転換です。

この時にスペシャリストの心持ちのまま
転換してしまっては良い結果に繋がらないと思うんです。

外科や麻酔科の先生が
訪問診療に移る場面もありました。
オペ現場の事は一旦忘れた方が良いと思います。

逆に循環器内科や呼吸器内科の先生が
スペシャリストである事を望み、
一般内科、総合内科という外来は
受け持ちたくないという場面もありました。

これはこれで良いと思います。

要は自分の中で首尾一貫しているというのが
キャリアとしては大事だという事ですね。

もちろん数年後には変わる…なんてのは別です。
誰もが様々な可能性がある訳ですから
数年経てば考えが変わっても良いでしょう。

ただ今現在のご自身の方針が
ブレていてはいけませんし、
それは結局相手に対して理解がされずらいんですよね。

理解されなければ、
やはり条件的にも高待遇は勝ち取りにくいですし、
入職後の扱いも中途半端になってしまうかもしれません。

スペシャリストも、ゼネラリストも、
見ようによっては同じ仕事でも両方成立してしまいます。

だからこそ自分の中で私は○○リストです。

なぜなら△△であって、
◇◇を目指していますので○○リストなんです。

このように掲げられる事自体が
大事なんだと思います。

敢えて中途半端な道を行くという選択肢も
あるのかもしれません。

でもこの場合は
第三者にきちんと理解される事が肝要です。

周囲が理解しないで自分だけがそのつもりでいても、
それはなかなか認められませんし、
評価にも現れにくいです。

それでも…
という断固たる思いがあるなら良いですが、
いつの間にか裸の王様…みたいな展開は避けたいですね。

自分の中での首尾一貫性。

キャリアプランを考える際にも
大事だと思います。

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事