1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 医療人の心得 10箇条!

BLOG

ブログ

スタッフブログ

医療人の心得 10箇条!

 

おはようございます。

 

医師にとって有用な情報を提供したいと考えている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

ひょんな事からWEB上で、

「石川県リハビリテーションセンターの

初代所長 故 山田 浩 先生の訓辞より」という

【医療人の心得】という資料と出会いました。

 

まずはご紹介します。

 

1、知識、技術は未熟でも患者に親切にすることは

誰でも、いつでもできる。

 

2、知識、技術をたくさん持っているからと言って

人生や人間について豊富な知識があることを

意味するものではない。

よく話を聞いて患者や他の人から学びなさい。

 

3、患者を治療するにあたって、あなたの性格は

あらゆる薬や治療法と同じくらい重要である。

 

4、治療するにあたっては、言葉と態度が大切で、

これに問題があるとトラブルの元になる。

言葉の重要性を認識し賢明な使い方が

できるようになりなさい。

 

5、親切にすることが医療にあたって

最大の補助になる。

患者を好きになる必要はないが、

好きになれば役立つことが多い。

 

6、医療にあたっては演技も重要である。

相手、場合によって言葉、態度を変更すること。

相性の悪い患者もいるが、

時にお世辞を使えば見方にすることが出来る。

 

7、患者は常に自分のことに

100%関心を持ってほしいと願っている。

他のことをしながら患者の話を聞いてはならない。

患者が話している最中にその場を離れてはならない。

 

8、患者は病気の治療に来るとともに安心を求めに来る。

病院は安心を売る商売である。

患者から希望を取り去ってはなりません。

 

9、患者と接する場合には暗い顔をしてはいけません。

あなたが一生懸命治療している間は

患者は決して暗くはなりません。

 

10、前に座っている人が

あなたの肉親だったらどうするかということを

いつも頭に置いて治療しなさい。

 

いかがでしょうか?

できるかどうか、すべきかどうか、可能かどうか?

論点はいろいろあるのでしょうが、

私は総じて「名言」だなあと思いましたし、

これを元にすれば

現代ではさらに良い医療人の心得を

作る事もできるのではないかと思いました。

 

例えば7条に、

他のことをしながら

患者の話を聞いてはならないとありますが、

電子カルテの導入が進むとともに、

良い悪いではなく、

限られた診療時間の中で

入力しながら話をせざるを得なくなってますよね。

 

このように若干の軌道修正は必要かと思いますが、

それにしても医療の本質を突いた、

しかも現場に即した良い内容のように感じました。

 

 

自分自身が医療の世界で仕事をするようになってから、

しみじみ思う事があるんです。

 

医療はそれこそ何千年前から存在する訳で、

もちろん西洋医療という訳には行きませんが、

少なくとも病気やケガを治す存在は

職業として存在していた訳ですよね。

 

だからなのでしょうか…。

医療における格言、名言って

本当に多いなあと思うんですよ。

 

これはやはり人間の最も辛い時に

寄り添うからなのでしょうか…。

 

ホントに人間の根本というか、

奥深いところまで踏み込んだ言葉が

数多く残されているように思います。

 

これは医療界だけに閉じ込めておくのは

実にもったいないです。

 

こうしてブログに残す事によって、

医療者の方が振り返る事もできるでしょうし、

医療者以外の方がたどり着く事もあるでしょう。

 

いいものはいい。

いいものは残す。

これも社会貢献ですからね(笑)。

 

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事