1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. なぜ私たちは医師の「転職」と「開業」の両方を支援するのか?

BLOG

ブログ

医師転職

なぜ私たちは医師の「転職」と「開業」の両方を支援するのか?

 

おはようございます。

 

医師が本業に専念できるように、

転職や開業をオーダーメードでフルサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

本日のブログのタイトル

『なぜ私たちは医師の「転職」と「開業」の

両方を支援するのか?』

 

 

医師の人材紹介業とクリニックの開業支援を両立!

医師の人材紹介業をしている会社で、

クリニックの開業支援を合わせて行っている所は

かなり少ないと思います。

 

何社かはあるようですけど、部署が違い、

担当者が異なり、同じ会社内とはいえ、

まあ別会社のようなものですね。

 

弊社は同じ担当者が転職も開業も

お手伝いできます。

 

その最大のメリットは、

開業に備えた経験を積む為の転職とか、

開業資金を調達する為の転職とか、

そういった中長期的なスパンで

サポートできるという事です。

 

もうひとつ大きいのは、

最初のご相談の段階で転職するか、開業するか、

いずれの道を選択すべきかというお悩みに

スクエアな視点でアドバイスができる

という事もあります。

 

なぜ紹介事業と開業支援事業を両方手掛けるのか?

私どもは発足当初は転職支援のみの企業でした。

しかし何名かの先生から

転職、開業の両にらみの相談に乗っていく中で

これは両方やらねばならんと考えて、

約2年間、開業コンサルタントの勉強会に参加して

開業も手掛けるようになったのです。

 

だってですよ、

いずれかしかできないなら、人はどうしても

自らの望む方に誘導してしまうと思うんです。

 

つまり転職支援しかしていないなら、

開業なんて止めた方がいいですよ。

リスクもありますし、勤務医の方が

安定していますよ…

なんて言いたくもなります。

 

逆に開業支援しかしていないなら、

転職よりも開業ですよ。

上手く行けば勤務の何倍も稼げますし、

何より先生の好きにできる自由を

手に入れられますよ…

なんて言いたくもなります。

 

これってサービス提供者の論理であって、

そこに、この先生はどちらが合うか?

この先生の将来を考えた場合に

どちらが幸せになるか?

という視点がゴッソリ抜けてしまうように

思えてならなかったのです。

 

もちろん組織の力を持って

両方を手掛ける事はできますが、

1人の先生の人生に寄り添い、並走する事を

企業理念に掲げる弊社としては、同じ担当者が

ずっとサポートし続ける体制を作りたかった

のですね。

 

だから転職も、開業もいずれも同じ担当者が相談に乗り、

ご支援し続けるように事業を組み立てました。

 

その結果、医師からの評判はどうか?

すでに効果の程は出始めていると思います。

ここでは具体的な事案まではご紹介できないですが、

最初のご相談の段階からいずれの方が

その先生のビジョンに合うのか?

どのようなキャリアプランを立てて、

次の職場、次の経験、次のチャレンジをどうするか

についてディスカッションしながら

より良い道を模索できています。

 

そして勤務医として続けるプラン、

開業医を目指すプラン、

両方の可能性を残しながら経験を積むプランなど、

その先生に合わせたキャリアプランを構築できて

いるのです。

 

この求人どうですか?とか、

ここの物件はいかがでしょう?

なんて事はしないのです。

 

「小野さんの所は、両方できるから相談しやすい」

 

このようなお言葉を頂く機会も増えてきて、

事業方針として間違っていないな…

と確信しています。

 

よし転職しよう!とか、

さあ開業するぞ!とか、

その段階で業者探しをするのではなく、

自分にはどんな可能性があるのか?

近未来の為にどんなキャリアを積んでおくべきか?

目標達成の為にはどんなプロセスを踏むべきか?

と、相談ベースでお話しを受ける事ができるのが

当社の特長です。

 

最近では転職、開業だけではなく、

こんなビジネスを考えているのだが…ですとか、

医師や看護師の採用側のアドバイスをして欲しい…

など、事業領域は益々広がっています。

 

中長期的なプランを考えるには、

まずは情報収集からですよね。

 

この最初の情報収集のフェーズから

お役に立てる会社として常に

ビジネスモデルを医師目線で微調整し、

さらに磨きを掛けてまいります。

 

先生にとってのより良い未来って?

医師にとって、開業は

必ずしもしなければならない訳ではありません。

もちろん、転職も必ずせねばいけないものでも

ありません。

 

ただより良い未来を考えた場合には、

検討の余地はあると思うのです。

 

この余地とは可能性と向き不向きではないでしょうか?

その判断には情報、特に事例やノウハウが必要であり、

私どもは丁寧な情報提供をする事で

道を誤らないようにサポートし続けます。

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

開業・転職 お悩みにお答えします! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイトはこちら!

医師の為の情報発信サイト IBIKEN お役に立ちます! 

多様な情報展開中! 医師のための失敗事例サイト

ご活用下さい! Twitter

絶賛日々更新中! facebook

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事