1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 自己解体と自己再生の先にある医師のキャリアプラン!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

自己解体と自己再生の先にある医師のキャリアプラン!

医師 転職 開業 オーダーメード 社会の仕組み 成長曲線 ジョハリの窓 変化 過大評価 過小評価 将来設計 キャリアプラン 自己解体 自己再生 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師がより良い未来を選択できるように
転職や開業をオーダーメードでフルサポートする
ジーネット株式会社の小野勝広です。

これは私の個人的見解なのですが、
今後、我々は益々社会の仕組みを知る事、
そして人間とは何ぞや?という事を学ぶ事、
この2つが大変に重要になってくると思います。

それは今後さらに近づくAI時代で生き残る術…
そうではないかと痛切に感じたのです。

今でもその考えは変わってないのですが、
その前提条件として
「自分自身を良く知る事」があるように思いました。

有名なジョハリの窓ではないですが 、

 自分は知っている  自分は気付いていない
 他人は知っている  開放の窓

自分も他人も知っている

 盲目の窓

他人は知っているが自分は気付いて

いない

 他人は気付いて

いない

 秘密の窓

自分は知っているが、
他人は気付いていない

 未知の窓

自分も他人も気付いていない

この開放の窓の部分の自分はわかりやすいですが、
意外と盲目の窓、未知の窓、
ここの自分が大きい人が少なくありませんよね。

他人が知っていようが、いまいが、
それはどちらでもいいと思います。

問題は自分が気づいていないという事です。
まして人間は成長します。

そして人間は変化しますし、
進化もしますし、
時には変身もするでしょう。

常に自分自身と向き合っていないと、
全く自分が見えなくなってしまいますね。

自己評価と他者評価が大きく食い違っていたり、
自分の思うような自分ではなかったり、
過大評価し過ぎたり、
過小評価し過ぎたり、
結構自分を知らない、
自分に気付いていない人って
かなり多いようにも感じます。

正確な自己認識がないと、
いくら社会の仕組みを知っても、
人間に対する理解が深まっても、
やっぱり見間違えるのだろうな…と
ふと思った次第なのです。

将来設計を考えたり、
キャリアプランを考える際には、
自分を知る、社会を知る、人間を知るという事は、
必要不可欠なものであります。

まずは自分を知る…。
ここからなのでしょうね。

その為に必要なのは、
今まで自分が実行した
自己解体と自己再生を
冷静に振り返ってみる事をおススメします。

ただ意識的に行った解体や再生は
わかりやすくていいのですが、
無意識的にいつの間にか成された解体や再生は
なかなか把握できません。

克明な日記を長年付けていたり、
両親や家族と隠し事がなく
何でも話し合える関係があったりなどがあればいいですが、
そうある事ではありませんよね…。

千里眼を持つような人と出会う事もそうないでしょうし、
自分を理解してくれる他人だって
決して多くはありませんからね。

でも、誰しもが成長の過程で
自己解体と自己再生を繰り返してきています。

その自分を掴み取らねばより良い未来が来ないなら
必死こいて思い出すでしょう(笑)。

自分を知れば知るほど、
社会の中で適切なポジショニングができます。

自分を知れば知るほど、
人間同士の関係構築が上手くなります。
鬼に金棒です。

医師 転職 開業 オーダーメード 社会の仕組み 成長曲線 ジョハリの窓 変化 過大評価 過小評価 将来設計 キャリアプラン 自己解体 自己再生 ジーネット株式会社

あ、別にこんな面倒くさい事はしなくたっていいんです。
ただしないよりはした方が成功確率が上がるだけです。

過去から現在まで、
何ひとつ不自由なく文句のひとつもない方は
そのままでいいと思います。

そうでなく
もっと良い未来を作りたいなら
これからも自己解体と自己再生を繰り返すでしょうし、
成長曲線を描かねばなりませんよね。

その為には自分を知る事が
必要不可欠かと思うんですよね…。

意外と自分って見えてないです。
だから相談相手って必要なんですよね…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事