1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の働き方
  4. 自治体系の病院で働くという医師の選択はどうなのか?

BLOG

ブログ

医師の働き方

自治体系の病院で働くという医師の選択はどうなのか?

医師の働きやすい職場 自治体病院 赤字運営 不採算部門 3次救急 地域医療 公的医療機関 医療体制 民間病院 不採算医療 医療サービス 民営化 健康政策 中長期的プラン 医師キャリアプラン 医師キャリア相談 医師転職相談 クリニック開業コンサルタント クリニック開業相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師転職コンサルタント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師にとって働きやすい職場を
日々リサーチし続けている
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今回のブログは
「自治体系の病院で働くという医師の選択はどうなのか?」としました。

医師の働きやすい職場 自治体病院 赤字運営 不採算部門 3次救急 地域医療 公的医療機関 医療体制 民間病院 不採算医療 医療サービス 民営化 健康政策 中長期的プラン 医師キャリアプラン 医師キャリア相談 医師転職相談 クリニック開業コンサルタント クリニック開業相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師転職コンサルタント ジーネット株式会社

自治体系病院の経営状態は?

自治体系病院が赤字で運営しているといった
ニュースは数年前から騒がれています。

そしてここ2、3年で
やたらと自治体系病院が
民間病院に売却される事が多くなっていますね。

さすがに国立系の病院では少ないですが、
県立病院、市区町村立の病院などでは
事例がいくつもあります。

平成25年度 自治体病院「純医業収支」ランキング
(上記をクリックするとリンク先に飛びます)

少しデータは古いですが、
764病院の中で黒字で運営できているのは44病院だけで、
あとの720病院は赤字となっています。

それなりの補助金が出されているでしょうから、
この状況ではさすがにこのまま…という訳にはまいりませんね…。

自治体系病院の歴史と役割

3次救急の病院として、
地域医療の最後の砦として機能してきた事は
過去においては間違いないと思いますし、
現在でも多くの自治体系病院が
厳しい環境で踏ん張ってくれているのも事実です。

歴史的に見れば、
戦後の復興整備は自治体系病院をはじめとした
公的医療機関の整備を中心に
推進されてきたとも言われていますし、
自治体系病院を中心に
他の病院や診療所との有機的な連携を保つことによって
医療体制の確立を図ろうともしてきました。

その後、右肩上がりの経済の回復、発展によって
民間の病院、診療所も増えてきて、
1960年代には早くも自治体系病院の病床規制が始まり、
民間の病院を優先するという考え方に変わってきたそうです。

ちなみに1968年の自治体系病院数は973か所であり、
現在に至るまで「やや減少」という状況ですね。

このような大まかな推移から考えると、
本来的な自治体系病院の役割は1960年代後半には
「一部を除いて」終焉していた…と言えるのかもしれません。

この「一部」とは民間の医療機関が手を出しにくい
いわゆる不採算医療と呼ばれる領域であり、
具体的にはへき地医療、小児科、産科、精神科、
救急、結核などの分野です。

これでは自治体系病院が赤字経営になるのも
致し方ないと言えるかもしれません。

自治体系病院の経営改善

当然、自治体系病院自体も
手をこまねいていた訳ではありません。

全国の自治体が都道府県、市町村を問わず
経営改善の取り組みを実施して
それぞれの地域独自の解決策を探していますね。

首長や議員だけでなく、
住民も含めて現実を直視し
地域の医療サービスをどうすべきか?
行政がどこまで関与すべきなのか?
喧々諤々の議論が行われてはいます。

それぞれの地域の環境や特性によって
様々な解決策が導き出された結果として
一部は民営化の道を選んでいますが、
必ずしも民営化が最善とは言えないと思います。

最善とは言えないですが…、
実際には民営化を選択するケースが多く、
自治体によっては
オフバランス化による将来債務の削減によって、
地域の福祉政策や健康政策に
予算を振り向ける事ができるようになるという
側面もありますね。

いずれにしても、政官財、
そして住民も含めた
最適解をそれぞれの自治体が導き出さねばなりません…。

自治体系病院で勤務する医師のキャリアプラン

私の知人の医師からも、
勤めていた病院が買収されて経営陣が変わった…と伺う事が
ここ1年の中でも何回もありました。

残念ながらその何割かは
自治体系病院にお勤めの先生です。

民営化されて経営陣が変わったからと言って、
早急に離脱をお考えになるのは
避けた方が良いと思います。

意外と働きやすい環境に変化したとか、
待遇が良くなったとか、
職員が入れ替わって雰囲気が良くなった…など、
決して悪い事ばかりではなく
良い方向に進む事も少なくないからです。

まずは様子見をされるのが良いと思います。

もちろんマイナスの方向に進んでしまうケースもありますので、
その時には次の職場を考えた方が良いかもしれません。

待遇面を考えると、
自治体病院よりも有利な職場は少なくありません。

しかし自治体系病院では救急の経験値が高まったり、
難病の症例経験が積めたりといった
メリットもあるのは間違いありません。

その一方で年功序列制度や
終身雇用制、労働組合といった
古き良き日本の姿が色濃く残っていたりしますので、
合う、合わないがはっきりと分かれるかもしれませんね。

ある意味では赤字になる宿命を抱えていますから
赤字運営の弊害があまりにも強く個人に出るようであれば、
中長期的なプランを立てて
ご自身の人生を考えていくのもひとつの選択肢ですね。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談が好評により継続しています!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)の動画を毎週UPしています!!

医師キャリア相談

<ジーネットは下記にて情報発信しております!>
ジーネット株式会社 公式コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報収集サイト
ジーネット株式会社 <医師のキャリアtwitter>
ジーネット株式会社 <医師のキャリアfacebookページ>

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事