1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 医師の採用に関して

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

医師の採用に関して

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日求人を頂いた
ある大手の医療機関様でのお話しです。

我々コンサルタントは、
やはりその求人の背景というものを
チェックします。

なぜなら、その求人の本気度が図れますし、
よりマッチした人材をご紹介する為には
把握しなければならない要素のひとつであります。

そしていつも通りお伺いしてみますと…
「大学病院から来て頂いた先生方がみな引き上げるので、
病院独自で医師を確保しないといけなくなったのです。」との事。

医局の力が弱くなったとは言え、
こういうケースも出始めたんだなあと考えさせられました。

医局には、良かった点、悪かった点があると思います。

ただ、人事権という意味では、
「選択肢がない」ことから
私はいかがなものかなと考えております。

僻地の医療機関に行け!と言われれば
行かざるを得ない。
行かないという事は辞めるしかない。

実際に僻地の医療を支えてきたのは
こういった制度であった訳ですし
それがすべて悪いのかと問われれば、
僻地医療に働きがいを見つけた先生方もいるし、
都会だからいいと言うモノでもない。
決してマイナスばかりではないと思ってます。

ただ、1人のドクターにとって
「選択肢がない」状態は
宜しくないのではないかなと思うだけです。

まあ、前述の様に医局の制度やあり方自体も
随分変化してきているのは事実で、
まだ過渡期なのかもしれませんが、
是が非とも日本の医療の為にプラスになる
変化であって欲しいなあと思います。

<白い巨塔>のような医局ならもういらないや…。

さてもうひとつ話題を。
先日お話しさせて頂いたある歯科医師の先生。

時々ドクターの採用に困る事があったのだけど、
今までは「大学に求人をお願いする」か
「WEB媒体で募集をするか」しか選択肢がなかったとの事。

こういう方は多いのではないかと思います。

大学に依頼して採用できればいいのでしょうが、
どちらの医療機関もみな大学に依頼してますので、
なかなか採用できない…。

WEB媒体で募集しても、
せっかくコストを最初に掛けても
募集が来るかどうかわからないし、
来ても採用に値するかどうかわからないし、
お金を掛けたのだから採用しなきゃという気持ちになり、
どうかな~と思う人を採用したら
結果的に早期退職になった、事故を起こした、
人間性に問題があったなど
採用活動が上手く行かなかったという事はよくあります。

そこで我々人材紹介会社が役に立ちます。

1、採用が決定し、勤務を開始してから料金が発生します。
つまり、採用できなかった、勤務を開始できなかった場合は
料金は発生しないのです。
これが<完全成功報酬型>のシステムです。

2、医療機関の雰囲気や風土、院長の思いにマッチした方を紹介できる。

3、応募書類では把握できない人柄や本人の志向を把握した上で紹介できる。

4、書類選考から面接、条件交渉などを
医師と医療機関の間に立って中立の立場で調整できる。

5、不採用の連絡や手間の掛かる日程調整などの連絡を代行できる。

6、非公開で募集する事ができる。

7、面接に同席し、1度の面接で把握できる人物像を広げる。
その他、採用に関わる一連のプロセスに関してアドバイスができる。

などのメリットがあります。

医師の人材紹介会社と言っても、
大手から中小までありますし、
専門でやってる所もあれば、
看護師や医療事務までメディカル全般でやってる所もあります。

それぞれ特長がありますので、
詳しく知りたい方はご連絡下さい。

では、是非、採用の選択肢のひとつに
人材紹介会社経由でって事もご検討下さいね。

それでは、また。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事