1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の年収、生涯年収
  4. 医療機関の医業収益は医師1人でどの程度増えるのか?

BLOG

ブログ

医師の年収、生涯年収

医療機関の医業収益は医師1人でどの程度増えるのか?

医業収益 医師稼ぎ 医師1人の収入 医師平均年収 診療科目 医師給料 雇われ院長 大学医局 開業医 キャリアプラン 病院経営 人件費 医師キャリア相談 医師年収相談 医師転職相談 クリニック開業相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師にとって有益な情報提供を続ける
ジーネット株式会社の小野勝広です。

自分の給料が増える為には、
所属している組織が利益を出す必要があります。

そこを見誤って
自分中心主義になってしまうと
後々痛い目に合う事が少なくないですね…。

よって本日のブログのタイトルは、
『 医療機関の医業収益は医師1人でどの程度増えるのか? 』です。

医業収益 医師稼ぎ 医師1人の収入 医師平均年収 診療科目 医師給料 雇われ院長 大学医局 開業医 キャリアプラン 病院経営 人件費 医師キャリア相談 医師年収相談 医師転職相談 クリニック開業相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

医師1人でいくら稼げるか?

当ブログでは医師の平均年収を
約1500万円であるとお知らせしてきました。

そしてこの1500万円を超えると割と満足度が高く、
1500万円に届かないと
不満が溜まるようだとも述べました。

では医師は一体いくらの稼ぎを
医療機関に与えているのでしょうか?

これは諸説ありますし、
診療科目によってもだいぶ異なりますし、
雇用形態や担当業務などによっても違うのですが
ざっくり言うと「1億円」と言われています。

この1億円から医師の給料は出ていて、
もちろん看護師や薬剤師などのコメディカルスタッフや
受付、事務、その他様々なスタッフの人件費、
地代や家賃、医療機器、薬剤費など
医療機関の運営に関わる諸々の経費も
すべて含まれる訳ですね。

これまたざっくり言うと
仮に常勤医師が10人いれば10億円。

単体で見るとこの10億円で賄えるように運営しなきゃ
医療機関は赤字となってしまうのですね…。

医療機関は医師にどれ程度の期間在籍して欲しいのか?

何だよ、1億円も稼いでいるのに
自分の給料は1500万円かよ…なんて
おっしゃらないで下さい。

やっぱり医療って
いくら優秀な医師でも1人ではできないですから…。

ビジネスパーソンも自分の給料の5倍稼げとか、
10倍稼げって言われてますし、
有能な人間はン十倍も稼いでます。

それでも何千万もの年収を貰える訳ではありません。

医業収入を考えれば、
医療機関としては
多くの医師を抱えたいのが本音ですし、
できれば長く勤めて頂きたいと思っている事でしょう。

ただ当然医療機関の経営者は
医師という職業の方々について
よ~く知っているものです。

私の実感としては、
過度な期待はしていないし、
過小な評価もしていない。
こんな所ではないかと思ってます。

とは言いつつも
経営者が医療のド素人だったりすると、
過度な期待をし過ぎて
意見が全く合わなくなる事もあれば、
過小な評価をし過ぎて
結果的に物別れになる事もあります。

ただ総じて見れば、
医療機関の経営者は医師に最低でも1年、
できたら2~3年、
それ以上在籍してくれると
とても助かる…というように
考えている事が多いと思います。

これはあくまでも病院の場合です。

中小病院ですと
これ以上を求められるでしょうし、
クリニックの雇われ院長などでは
さらに長期を求められます。

それを踏まえて医師が考えるべき事

通常、大学医局の異動は
2年くらいで行われる事が多いかと思います。
(半年とか、1年とかの短いケースもありますし、
逆に3年、4年と長い場合もありますけど…)。

民間病院の医師採用に関しても
これくらいの感覚かな…と思うんです。

つまり入職してくれた医師は
2年くらい勤務してくれれば良い…と。

誤解があっては困りますので
再度申し上げておきますが、
あくまでも一般論であって、
医療機関によって、診療科目によって、
全く異なる事も多いです。

大学医局にいらっしゃる先生や、
開業医の先生は別として、
民間病院でご勤務する先生方はこの2年というのを
ひとつの区切りとして考えると良いのではないでしょうか?

2年在籍して居心地がいいからもう1~2年勤めるとか、
2年在籍しようと思ったけどそこまでおれないとか、
ちょうど2年経つのでさらに成長できる新たな環境を探そうとか、
個々それぞれの先生方によって、
考えるべき事は異なるとは思います。

しかしまずはこの2年という節目を作る事で、
ご自身のキャリアプランを構築しやすくもなりますし、
医療機関側にも
そこそこ理解をされるタイミングでもあります。

良くも悪くも医師は1億円を稼ぎ出す訳です。

その1億円こそが病院経営の根幹であり、
施設や機器や薬剤やコメディカルスタッフなどの人件費など、
あらゆるものの原資になる訳です。

開業医ではないので、
それを1人で抱え込む必要はありませんが、
こういった現実を知った上で
責任とキャリアプランをバランス良く考えるのが
健全ではないかと思うのです。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談が好評により継続しています!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)の動画を毎週UPしています!!

医師キャリア相談

<ジーネットは下記にて情報発信しております!>
ジーネット株式会社 公式コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報収集サイト
ジーネット株式会社 <医師のキャリアtwitter>
ジーネット株式会社 <医師のキャリアfacebookページ>

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事