1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の働き方
  4. 医師が医療機関を選択し始める時代に突入!

BLOG

ブログ

医師の働き方

医師が医療機関を選択し始める時代に突入!

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私は、ご登録頂いた医師の方が面接に進んだ際に
必ず院内の見学を申し出る様にアドバイスをしています。

もしここで働くとしたらという視点を持って頂き、
その病院の持つ設備、個室などを見る事によって、
面接以外からも様々な気付きを得て貰いたいからです。

最近では、院内見学を
自発的に行ってくれる医療機関が増えているので
申し出をする事自体は失礼に当たらないと思いますし、
拒否したり、嫌な顔をする医療機関は、
その時点で選択肢から除外してもいいのではないかとも考えています。

と同時に、外来患者さんや入院患者さん、
そこで働くコメディカル の方々についても
よく観察をする様にアドバイスをします。

もしかしたらこちらの方が重要かもしれません。

どんなに素晴らしい設備を誇っていても、
どんなに個室がきれいであっても、
患者さんの表情や
そこで働く方々の表情が曇りがちである場合は
何か原因があると思うのです。

そして、その原因は経営に問題がある事が多いです。

別に医療機関だけの話しではなく、
どこの企業でも経営者、経営陣と
従業員の間には距離があります。

医師は診察室やオペ室で仕事をするのが普通でしょうから、
それ以外の所には通常あまり目が行きません。

しかし、私はやっぱり現場が重要だと思うのです。

「待合室」で待つ患者さんの表情には
真実が隠されています。

看護師の方の働きぶりを見れば、
経営方針を職員が意識しているのか、
徹底できているのか、
モチベーション高く仕事ができているのか、などが把握でき、
経営陣と現場の意思疎通、
コミュニケーションが取れているのか、
風通しがいいのかなどが掴めます。

今まで、医師の職場は開業する以外は、
医局の人事、意向で決まる事が多かったと思います。

それがすべて悪かったとは思いません。

プラスに働いていた事も
かなりあったと考えています。

しかしその結果、
医療機関の経営者は医局とのパイプさえあれば
医師の獲得が容易だった事も事実で、
経営努力を怠ってきた部分もあるのではないかと思うのです。

要は競争原理があまりにも働いてこなかったと…。

もちろん公共的な要素の大きい医療ですから、
何でもかんでも市場原理に任せる事には私も反対です。

しかし、医師が自分で選択して働きたいと思う病院、
コメディカルがここで働きたいと思う病院。

そういう病院というのは
患者さんが集まる病院であるとも思うのです。

そして、そういった病院は
労働環境を整備しようとするでしょうし、
長く勤務できる体制を整えようとするでしょうし、
最新設備を揃えようともするでしょうし、
それだけのコストに耐えられる
経営努力をするでしょう。

これからの医師の就職は、
自らの目で見て、判断する。
選択をする事が益々重要になってくると思います。

今はその過渡期です。

いろんな先生とお話しをしていて、
すでに自分の年齢では無理だろうとか、
自分は研究畑を歩んできたので臨床医は無理だろうとか、
転科はできないだろうとか、
医師の転職に関してネガティブに考えている方が
非常に多いです。

しかし、実際に様々な求人案件を見ている私から言えば、
ほとんどの医師の方が、
今すぐに転職可能であり、
だいたいの希望を叶えた職場が見つかります。

これは断言できます。

私は、医師が自分の医師としての
キャリアやプライベートの充実度、
働き方、働きがい、そういうものを考え、
医療機関を選択していく。

そういう時代が近付いてきていると思っていますし、
そうでないと、いつまで経っても医師の犠牲によって
病院経営がなされる事がなくならないのではないかと考えています。

難しい問題ですが、
近い内にこの件はもう少し掘り下げて書きたいと思います。

それでは、また。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事