1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 有給休暇が取れない勤務医の実態!?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

有給休暇が取れない勤務医の実態!?

 

おはようございます。

 

医師の働き方改革にも後方支援をしていきたい

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

 

医師の働き方にもようやくメスが入りそうですが、

医師不足を背景に遅々として進まない側面もあります。

 

もう医師が足りない事を言い訳にはできないと思います。

実際に過労死なども起きているのですから…。

 

完璧な労働環境にはできなくとも、

まずはできる所から手を付けるべきではないかと思うのです。

 

よって本日のブログのタイトルは、

『有給休暇が取れない勤務医の実態!?』にしました。

 

勤務医は有給休暇を取れていない?

先日、勤務医の有給休暇の取得状況がどうなっているかの

記事を読みました。

勤務医の4割が有給休暇を「ほとんど取れていない」

 

医師10万人以上が参加する

医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営する

メドピアさんが会員の医師にアンケートを取って

記事にしたようです。

 

さすがメドピアさんの目の付け所は良いですね~。

 

その結論として、

勤務医の4割が有給休暇をほとんど取れていない!と

まとめられたのですが、

正直、私は4割って微妙だな…。

 

逆に言うと6割の先生方は有給休暇が取れているって事?

ん~、私の実感とは異なるな…と思って

当記事を読み込んでみました。

 

「有給休暇はどのくらい取れているか?」の質問に対し、

3370人の勤務医が回答したのだそうです。

 

その結果は、

 

1、ほとんど取れていない   39.6%

2、2~3割程度は取れている 16.5%

3、1割程度は取れている    14.4%

4、5割程度は取れている    9.5%

5、有給はない        9.5%

6、ほとんど消化している   6.8%

7、7割程度は取れている    3.8%

 

ふむ…なるほど。

「忙し過ぎて取れない」とか、

「人が少なく代理を頼むのが難しい」とか、

「学会以外は休めない」などの

有休取れない派のコメントがある一方で、

「学会と夏休みに使っている」とか、

「子供の病気やイベントの時に取っている」とか、

「当直明けに取っている」とか、

「半日とか数時間ずつ取っている」などの

有休取れる派のコメントもあり、

ちょっと意外な感もありました。

 

しかし「夏休みを有休扱いにして消化」とか、

「事務方から言われて学会や会議への参加を有休にしている」などの

それはどうなんかね~というコメントもありました。

 

しかし1割未満ではありますが、

5割消化、ほとんど消化、

7割消化という先生方が存在するのは

かなり救われる思いです。

 

ま、有休はないという回答と

同レベルのパーセンテージですが…(苦笑)。

 

ただやっぱり最も多いのが、

「ほとんど取れていない」という点からは

目を逸らしてはいけないと思います。

 

おそらくひと昔前と比較すれば、

これでも段々と良くなっているのではないかと思うんですね。

 

この流れは加速させねばなりませんし、

その為には職場環境の整備が不可欠なのだろうな…と感じます。

 

労働基準法としての有給休暇

労働基準法では第39条にて、

「 年次有給休暇は雇入れの日から起算して、

6か月間継続勤務し、

その6か月間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、

継続または分割した10日の有給休暇を与えなければならない」

となっており、

これは嘱託やアルバイト、パート労働者も同じです。

 

そして

「6ヶ月経過後は、継続勤務年数1年ごとに、

その日数に1日(3年6ヶ月以後に2日)を加算した

有給休暇を与えなければなりません」となっています。

 

ただし有給休暇の総日数は20日が法律上の限度であり、

それ以上の日数を付与する事は法律上要しないとなっています。

 

私自身の経験では、

有給休暇なんて常に満杯に溜まってましたし、

某社では風邪引いて休んでも欠勤にされました(泣)。

 

当時は今ほど労働者の権利なんて尊重されませんでしたが、

企業においても有給休暇の取得を奨励されるなんて

まだまだごく一部ではないかと思います。

 

全国一律の制度よりも個別対応できる柔軟な制度の確立を!

これはあくまでも私見ではありますが、

私は有給休暇という制度を遵守させようと思っても

なかなか実現は難しいように思えてならないんです。

 

立場を経営者サイドに置くとわかりますが、

特に中小企業では現場では人手不足になっている事が多く、

あげたくてもあげられない…。

 

休まれると困る…という現実もあるんですよね…。

 

これはきっと医療機関でも同様でしょう。

中小病院やクリニックではそう簡単ではないと思われます。

 

よって有給休暇の付与か、

もしくは〇〇、それか△△でも良くて、

場合によっては□□でも可だよ…という

選択肢が必要ではないかと思うのです。

 

例えば有給休暇を買い取る制度を持っている所もあるように

金銭の提供で報いるという事もあって良いでしょう。

 

きっと全国各地には働き始めてこのかた、

有休なんて1度として使った事がないという人も

少なくないように思います。

 

求められているのは、

有給休暇の完全実施というよりは、

有給休暇をはじめとした労働者の意欲向上策とか、

働く環境の整備ではないでしょうか?

 

きっと有休なんていらないから、

その代わりに〇〇をくれ!という人もいると思うんです。

 

この〇〇を柔軟に選択できるような

制度設計が必要な気がします。

 

そうすれば有給休暇を取得できていない勤務医に対しても、

満足できる働き方を提供できるのでないでしょうか?

現状のままで有給休暇の完全提供なんて無理だと思いますので…。

 

それでは、また…。

 

<医師の転職に関する過去ブログもご覧下さい!>

求人主導の誤った転職活動をしない為に求人サイトのカラクリを暴露します!

無免許は断固として許してはいけないと思う…。

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

 医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

 follow me twitter

 ジーネットNEWコーポレートサイト

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事