1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 子育てに悩む医師の3パターン!?

BLOG

ブログ

医師転職

子育てに悩む医師の3パターン!?

 

おはようございます。

 

医師のQOLを高める為の情報提供を続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

医師の子供は医師になる…。

そんな時代ではないですが、

子供だって家庭環境に影響されますし、

医師である両親の背中を見続けていれば

医師になりたいというケースは多いのでしょうね。

 

よって本日のブログのタイトルは、

『子育てに悩む医師の3パターン!?』といたしました。

 

 

子供への教育をどう考えるか?

少子高齢化社会です…。

こればかりは良くも悪くも進行してしまうでしょうし、

産めや増やせや…なんて時代ではありませんから

私たち1人1人ではいかんともしがたいですね。

 

政府も子育て支援を打ち出しながらも

なかなか有効な手とはなっておらず、

将来の我が国の人口減は避けられそうにありません。

 

そんな時代に育つ子供たち…。

両親や祖父母や学校の教師たちからは

それこそ我々の時代とは異なる手厚い保護と

その裏腹のプレッシャーなどもあるのかなと思います。

 

私自身、お子さんを持つ先生方と

今まで様々なお話しをさせて頂いてきました。

中にはお子さんを同席させての面談などもありました(笑)。

 

子供の教育をどうすべきか悩んでいるとか、

仕事が忙し過ぎて面倒を見る事ができていないとか、

あまりにも可愛くて仕事が手に付かないとか…。

 

親といっても様々な考えを持つ人たちがいますから、

ホント子供に対するスタンスは千差万別…。

今回は子育てに悩む医師について考えてみます。

 

悩ましい3つの課題

あくまでも私見ではありますが、

子供を持つ医師の悩みは次の3つに集約されるかと思います。

 

1、お金

2、時間

3、プロセス

 

お金の問題は特にお子さんが医学部に行きたい!という事になると

急に顕在化してまいりますね…。

 

先生方にとっては喜ばしい事ではあるのでしょうが、

中には長男も次男も…とか、

長女も長男も…なんてケースもあり、

こうなると塾に対するお金も必要ですし、

受験の準備から卒業するまでは結構な資金が必要となります。

 

いくら高年収の医師といえども

数年間は結構大変ですよね~。

急にバイトを増やす先生もいますが、

できる事ならお子さんが小さい内から準備しておきたいですね。

 

次に時間…。

ご両親が2人とも医師である場合は良いとしても

そうでなければ勉強を見てあげる時間は欲しいでしょうし、

塾選び、学校選びなどもリサーチが必要ですもんね。

 

週5日の常勤での勤務+バイト1日。

しかも当直が月に4~5回あるから…という働き方ですと、

見てあげたくともそんな時間が捻出できませんよね…。

 

以前、心臓血管外科の先生が、

息子が医学部に入るまでは自分が勉強を見ると言って

週4日のクリニック勤務に転職した事がありましたが、

場合によってはこのような期間限定のキャリアチェンジも

考える必要もあるかもしれません…。

 

最後にプロセス…。

これはどこの塾に通うか?

どこの学校を受験するか?などのリサーチや

塾への送迎、受験日までのサポートという意味です。

 

これも結構な手間ですし、

お子さんだってストレスを抱える時もあるでしょうから

精神的なサポートも必要ですもんね。

 

ご両親や夫婦間など皆さんの協力が得られれば良いですが、

なかなか難しい状況もあり得ます。

 

お金、時間、プロセス…。

いかにして万全の体制を整えるか?

悩ましいところですよね~。

 

子供を成長させる教育

どういう教育を与えるべきか?

こればかりは絶対的な正解があるものではないでしょうし、

お子さんの性格によっても異なるのでしょう。

 

最近ですと、将棋の藤井4段が学んで注目されている

モンテッソーリ教育などが有名ですが、

選択肢のひとつとしては良いのでしょうね~。

モンテッソーリ教育とは?

 

すでに実施済みですが、

私も下記のイベントをお手伝いしています。

好評第3弾! 医師のための子育て・教育セミナー開催

 

モンテッソーリ教育の第一人者である藤崎氏が講師となり、

医学部合格に向けたアドバイスをしてくれます。

 

第4回も来年1月28日(日)に開催予定ですので

詳細が明らかになりましたら別途ご案内いたします。

 

私自身も娘を持つ親として、

どういう教育を与えるべきか?

悩ましいなあ…と思うところもあります。

 

自分が子供の頃とは社会も違うし、

IT化が進んだどころかさらにAIが入ってきて、

人間がどういう分野、領域を学ぶべきなのか?

人としてどこを目指すべきなのか?

 

逆に言うと子供に対しての教育を考えるって

むしろ親としての自分自身にダイレクトに跳ね返ってきて、

自分がどうなりたいか?

これからの社会をどう読むか?

人としての成長とは何なのか?

こういう事を明らかにしなければならないんですよね…。

 

まして子供が医師という職業を目指す事が、

果たしていいのか、よくないのか…。

先生方には様々な思いが錯綜するのではないでしょうか…。

 

当ブログでは求人に翻弄されるのではなく、

キャリアプランを構築する事をおススメしています。

 

実は子供への教育って

まさにキャリアプランの出発点なのかもしれません。

何事も準備、計画が大事ですね~。

 

私どもには子育てのための転職のご相談も少なくありません。

お金を、時間を確保したい…。

お陰様で様々なノウハウを手に入れました!

 

それでは、また…。

 

<子育てについて書いた過去ブログもご覧下さい!>

こんなに子供が可愛いとは思わなかったというある女医さんの事情…。

出産でキャリア変更を余儀なくされ悩んでいる…。

ワークライフバランスとワークファミリーバランス!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事