1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医療機関の倒産が増加傾向である時代の医師の身の振り方

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医療機関の倒産が増加傾向である時代の医師の身の振り方

医療機関倒産 負債総額 大型倒産 医療業界 減収減益 収益確保 診療報酬 国家財政 医師キャリアプラン 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師の人生をより良いものにするために
転職や開業のプランニングを重視している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日東京商工リサーチさんの記事を読んで
愕然としました。

医療機関の倒産って増えてるんですね…。

よって本日のブログのタイトルは、
『 医療機関の倒産が増加傾向である時代の医師の身の振り方 』
といたしました。

医療機関倒産 負債総額 大型倒産 医療業界 減収減益 収益確保 診療報酬 国家財政 医師キャリアプラン 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 ジーネット株式会社

医療機関・介護福祉事業者が潰れる…

東京商工リサーチさんからの情報によりますと、
2017年1月から9月の医療・福祉事業の倒産が
累計で186件に達したのだそうです。

ちなみに前年同期では155件でした。

しかもこのペースで推移すると、
倒産件数は介護保険法が施工された2000年以降で
最多になる可能性が高いんだそうです。

その上、負債総額は
大型倒産が前年同期よりも倍増した為に
9月末の時点ですでに前年を上回ったとの事。

ただ全体では
負債1億円未満の小・零細規模が83.3%を占めていて、
小規模倒産が件数を押し上げているそうなんです。

高齢化社会においては成長産業とされていた
医療・福祉業界ではありますが、
人手不足の深刻化などが経営のかじ取りを難しくしており、
業界内では自然淘汰の動きが加速しているようですね…。

実際に2017年は月平均20.6件ペースであり、
このままで推移すると
年間倒産が250件に近づく勢いだとか…。

なお医療・福祉事業者1万4834社の3月期決算は、
構成比で見ると増収増益が33.1%、
減収減益が29.1%、
減益は51.4%と半数を超えており、
収益確保が非常に難しくなっている事が明らかです。

このまま行くと、
2018年4月に行われる
診療報酬と介護報酬の同時改定の結果次第では、
さらに倒産してしまう医療機関、介護事業者が増える事も考えられ、
今後の動向からは目が離せないですね…。

2017年1-9月「医療,福祉事業」の倒産状況より。

寄らば大樹か、自らが大樹となるか

この記事では
医療機関と福祉事業者の割合までは把握ができませんので、
実際に医療機関だけだとどうかは何とも言えません。
しかし経営的に予断を許さないのは変わらないと思われます。

まして次回の診療報酬と介護報酬の同時改定に関しても
マイナスを含めて非常に厳しくなりそうな気配もあり、
情勢的にはかなり不安な部分もあります。

国家の財政状況が悪化している中でもあり
政府や行政としても致し方ないとも言えますが、
医療や福祉の前に他にやるべき事があるだろう…と
そんな思いもありますよね。

ただ1人1人の医療従事者にとっては、
お上のする事に逆らっても意味がありませんし、
むしろ情勢を冷静に受け止めて
来たるべく変化に備えて柔軟に適応するしかないとも思います。

そう考えた場合に個人として何を考え、
どう対処していくべきなのでしょうか?

寄らば大樹の陰という戦略が良いのか?

大樹など信用できないのだから
自らが大樹になるような積極果敢な対応の方が良いのか?
何とも言えませんよね…。

自らのキャリアプランに沿って突き進むのはどうか?

私ごときに難題に対する明確な回答はできません。
しかしただ流されてしまうのは、
リスクに対するマネージメントの放棄になりますので、
あまりおススメはできません。

何らかの対処をしていくのであれば、
先行き不透明で自らの範疇にない政府や行政に翻弄されるよりも
自分で対処できる範囲内で考えるべきと思います。

ご自身で構築したキャリアプランに沿って
愚直に邁進するのが最も後悔のない生き方のようにも思えます。

ダーウィンも言っていたように、

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である

このように考えて、
変化に適応できる自分自身であるのが、
生存戦略としても正しいのではないでしょうか?

だからこそ柔軟性を持った
キャリアプランが必要になると思います。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談実施中!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)を語ってます!

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報提供サイト
医師のキャリア<転職・開業> twitter
医師のキャリア<転職・開業> facebookページ

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事