1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 医療費は高いのか?

BLOG

ブログ

医療業界全般

医療費は高いのか?

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

医療費って我々一般人からしたら、
何となく高い!って思ってしまうのが
普通だと思います。

それはなぜか?

日本は患者の自己負担割合が高いからです。
先進国では
何とイタリアに次いで2番目に高いです。

アメリカやイギリス、ドイツ、フランスなど、
いわゆる先進国は日本よりも全然低いのです。

福祉国家の模範のように言われるスウェーデンが
日本に次いで3番めになります。

我々は健康保険料を納めています。
(企業にお勤めの方は半額企業が負担しますが)

そして、病院に行くと症状に合わせて
自己負担もします。

それで、世界最高峰の医療を受ける事が
できるのなら文句は言いません。

先日の記事にもありましたように、
実際には救急車はたらい回しされたり、
2~3時間も待ったのに3分で診療が終わったり、
入院すればプライバシーなど
全くない大部屋に入ったりする訳ですね。

では、病院が大儲けしているのか?

いえいえ新聞紙上を賑わせているように、
多くの病院は赤字でありまして、
倒産したり、統合をして生き残りに必死です。

となると、医師が物凄い高給なのか?

まあ、世間一般で言えば
確かに高給の部類に入りますが、
プロスポーツ選手並みに稼いでいる先生なんて
まずいませんし、
弁護士や会計士、上場企業の役員、管理職、
ベンチャー企業の経営者と比較すると
決して高いとは言えません。

まして医師の労働環境は
一般人には耐えられないくらいの状況です。
労働基準法は全く無視されています。

当直がありますので、連続勤務は当たり前。
連続18時間とか、連続36時間勤務なんてのも
頻繁にあります。

たまの休みでも病院に駆けつける先生は多く、
オンコールと言って休み中も携帯電話で
呼び出しが頻繁にあります。

ただでさえ人手不足で
医師が足りない中ですから、
年柄年中仕事をしている訳ですね。

これは医師だけでなく、看護師も同様です。

ついでに、
ミスがあればすぐに訴訟を起こされるし、
待たせれば文句を言われるし、
治療方針を素直に聞いてくれない患者も多い訳で、
薬が合わなければ文句を言われ、
薬を出さなければ文句を言われ、と…、
こんな過酷な労働環境なのです。

それを考えれば、
医師が高給を取っているとは言えません。

さて、我々一般人は健康保険と自己負担で
きちんと医療に回るべきお金は払っている。

その一方で病院は赤字で経営がアップ、アップ、
医師や看護師は人手不足で過酷な労働環境の中、
高くはない給与で働いている。
お金はどこに行ったんだ?

日本は、世界一の高齢化が進んでいます。

これから益々
病院に掛かるお年寄りが増えていくでしょう。

我々は、さらに健康保険料を上積みして払い、
自己負担も増やしていかねばならないのか?

そうしないと
今の医療制度は維持できないのか?

実は、日本は先進国の中で
自己負担の割合は高いものの
国全体の医療費は他国と比べて低いのです。

なぜ医療費が高いのか

現在、32兆円掛かっていると言われる医療費ですが、
OECD諸国の平均に達する為には、
56兆円が必要と言われており
24兆円も不足していると言われています。

この事から、日本という国は、
医療費を低く、低く、抑えようとしており、
その一方で国民には負担を押し付けるという
理不尽な構図になっていると言えます。

もちろんこんな状態ですから、
どこかに無理が生じる訳で、
それが医療現場にのし掛かっており、
医師、看護師の激務となっている訳です。

もし万が一、医師、看護師が反旗を翻したら、
この国の医療は完全に崩壊します。

少なくとも私はこういった事態を憂慮しますし、
医療の現場で働く人員を大幅に増やすべきと思います。

また、その為には多額の資金が必要になる訳で、
ヒト、カネを投入すべきではないかと思うのです。

この度の震災で復興に大きな資金が必要になります。

期間限定で消費税をアップさせるような
ニュースが出てきています。

だからと言って、
医療を後回しにする訳にはいかないと思いますし、
実際に被災地でも医療のニーズはとてつもなく高く、
全国の医師や看護師がほとんど手弁当で
応援に駆けつけています。

震災の影響や行き過ぎた自粛により
経済活動も滞っていますが
その一方で無駄なお金がまだまだあります。

新しい高速道路を造ったり、
日本全国に空港を造ったり、
くだらない施設を造ったり、
誰も賛成していないオリンピックを招致してみたり、
何の役にも立っていない議員がいたり、
弊害ばかりの政策を立案する官僚が何万人もいたり、
国民への奉仕を忘れた公務員が何十万人もいたり…、
財源はいくらでもあるのだと思うのです。

日本の医療は、
昼休みの混んでいる牛丼の吉野屋みたいなもので、
材料は安価な質の低いモノしか与えられず、
それでも何とか少しでもおいしくしようと
現場は苦心しているけれど、
お客さんは高級レストランで食べるような
最高の牛丼を求めていて、
マズイだの、遅いだの文句を言い、
あげくの果てには
裁判を起こすようなお客まで出てきた。

例えが悪いかもしれませんが、
こんな状況です。

高くても質のいい材料を与え、
料理人も増やしていかねば
本当の意味で
おいしい牛丼は食べれません。

もっと医療を国民全体で
考えていかねばならないと思います。

医療従事者の方から見たら稚拙で
もしかしたら誤っている箇所もあるかもしれませんが、
そこはご容赦下さい。

それでは、また。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事