ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

迷った時には棚卸をしてキャリアプランを考えましょう!

(公開: 2017年12月25日)

 

おはようございます。

 

医師の人生の決断をサポートするから

自分自身も多様な経験を積み重ねている

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

どんな職業に就いていても

常に順風満帆な日々を過ごしている…と

言える方はそう多くはないと思います。

 

追い風を受けて上手く行ってる時もあれば、

逆風が吹いて厳しい時もある…。

これって普通の事ですよね。

 

そこで本日のブログのタイトルは、

「迷った時には棚卸をしてキャリアプランを考えましょう!」としました。

 

タイミング

 

苦しい時こそ…。

「もうダメだ…」

挫折しそうな時期って誰にでもありますよね…。

 

後々それを乗り越えたからこその自信を

身に付ける事になる訳ですが、

その渦中にいる時は結構苦しいものですし、

なかなか周囲にも理解をしてもらえないものです。

 

信頼できる友人、知人が親身に相談に乗ってくれたとしても、

一向に解決する気配がしない…。

モヤモヤ感が晴れない…。

こんな時は1度立ち止まってみるのも1つの手です。

 

 

女子マラソンで金メダルを取った高橋尚子さんも

何も咲かない寒い日は、

下へ下へと根を伸ばせ。

やがて大きな花が咲く。

とおっしゃってましたが、

上手く行かない時は

じっくり自分の事を見つめ直すチャンスなのかもしれません。

 

過去の棚卸って自分を成長させますよ!

今の勤務先を選んだのはなぜでしょうか?

幾つかの候補先から納得して選べましたか?

実際に選んだ職場には満足できていますか?

力を存分に発揮できる場所でしたか?

 

改めて自分自身に問い掛けてみると、

冷静な現状の課題が見えてくるかもしれません。

 

あれ?自分が望んでいたのはこんなだったっけ?と

当初想定していたキャリアとは

違う…という事もあるかもしれませんね。

 

別にキャリアプランを考える時ってのは

転職を考えているからだけではないんです。

ふとした日常の中でも

時々自分を棚卸してみて下さい。

何か気づく事があるかもしれませんよ。

それが次の展開を切り開くんです。

 

棚卸の先に未来がある!

現状に満足できていないという気持ちの奥底には、

目標の喪失やモチベーションの低下など

ネガティブな要素が含まれているかもしれません。

 

こんな時は目標を明確化して、

働くことの意義を感じる必要がありますね。

それでこその働き甲斐です。

 

別に難しい事を考える必要はありません。

「どこで」「何を」したいのか?

この2点を自らに問い掛けるだけで

見えてくるものがあるはずです。

 

幸いにも医師の転職は売り手市場ですから

希望通りの条件を実現する事は可能なのです。

 

だからこそ今目の前にある求人の中から選ぶのではなく、

ゆっくり、じっくり腰を据えて

ご自身の未来を考えるべきだと思うのです。

 

そのきっかけが棚卸です。

ここを出発点として

キャリアプランを切り開くのです。

 

転職を考え始めてから

棚卸をするのではなく、

ふとした時に棚卸。

 

自分の長い人生を有意義に生きる為にも

時々棚卸して、

自分を良い方向に導けるといいですね。

 

それでは、また。

 

 

 

<働き方について書かれた弊社過去ブログも参考にして下さい!>

我が道を行くというキャリアプランニング!

どこでどんな条件で働くか…よりも、そこで何をするかの方が大事だと思う。

転職ってもっと若い時に考えるものですか?という中堅医師からの質問

 

<医師の為の有益な情報収集サイト!>

ジーネット株式会社の新しいコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会

転職・開業 医師の為の失敗事例サイト

ジーネットtwitter

ジーネットfacebook

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!