ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

名義貸しは止めましょう!

(公開: 2018年06月05日)

 

おはようございます。

 

医師の将来をより良いものにする為に、

キャリアプランを組み立て転職や開業をお手伝いする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

昔は当たり前のように行われていても、

今は許されないというものは多いですよね。

名義貸し…。もうNGです。

 

本日のブログのタイトルは、

【名義貸しは止めましょう!】といたしました。

 

医師名義貸し

 

勤務実績のない院長…。

私自身もそれほど詳しい訳ではないのですが…

ひと昔前までは、

いくつかの病院、クリニックを持つ法人が

保健所に開設届を出す際に

勤務実態のない(少ない)院長の名前を借りて申請して、

その後は非常勤の先生が診療したり、

周遊型でいくつもの病院、クリニックで診療したり…。

こんな事が行われていたようです。

 

当然、行政サイドとしても

これを許す訳には行かないのですが、

ひと昔前は相当に悪質なケース以外は

黙認されていたように思います。

 

しかし現在ではこれは宜しくありません。

 

行政も厳格化しつつありますので、

名義貸しをするドクターも、

名義貸しを依頼する医療機関側も、

そろそろ止めておかないと

いつ厳しい処置をされるかわかりませんね…。

 

自由診療は特に厳しくなる!?

名義貸しが割と多かったのは

美容外科の業界ではないでしょうか?

 

例えばですが、医師が1人で

銀座、新宿、横浜、大宮、千葉にクリニックを持ち、

予約の入った拠点に出勤して診療する。

 

おそらく最近はグッと減ってはいると思いますが、

昔は普通に行われていました。

 

しかしもう通用しないと思います。

またホームページなどの件もそうですが、

自由診療に対しての風当たりは

段々と強くなりつつあるように思います。

 

もちろんコンプライアンス上もしっかりして、

健全かつ適切な運営をしているクリニックも多いと思いますが、

保険診療と比較すると

どうしてもターゲットにされやすいんですよね。

 

悪徳コンサルタントが仕掛けている?

私が気になるのは、

こういった名義貸しはコンサルタントと名乗る輩が

仕掛けている、請け負っているという事なんです。

 

もし万が一名義貸しがバレた場合、

名義の張本人である医師にも

それを利用していた医療機関にも

何らかのお咎めがあります。

 

しかしこれを仕掛けたコンサルタントまでは

お咎めはないでしょう。

そこそこ儲けたくせに…。

 

それが気に食わない。

リスクは医師と医療機関に負わせて

自分は安全地帯で金儲けだけする。

ダメでしょう…これ。

 

名義を貸してお小遣い稼ぎをしようと

つい思ってしまった先生、

背に腹は代えられず、

名義を借りようとしている医療機関さん、

それを繋ごうとするコンサルタントだけ

安全圏でお金儲けしてるんですよ。

リスクは先生と医療機関が背負うんですよ。

 

おかしくないですか?この構図。

 

医師にとって医業停止、保険医停止などの処分は

数十万円のお金と引き換えにできるものではありませんよね。

医療機関にとって診療行為中止や強制閉院、

診療報酬の見直しによる追加徴税など

リスクはかなり大きいと言わざるを得ません。

 

どうか悪徳コンサルタントに騙されて

余計なリスクを背負う事ないように

名義貸しは止めて頂きたいものです。

 

悪徳コンサルタントに金儲けさせないで下さい。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<悪質について書いた過去記事もご覧下さい!>

悪質キャリアコンサルタント!?

相当悪質な医師転職アフィリエイトサイト!

求人しか売り物がないから非公開というマジックを使う悪質業者…。

 

<医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師の為の情報収集プラットフォームIBIKENサイト

ジーネット公式twitterアカウント

ジーネット公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ