ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

するも選択、せざるも選択…。人生の選択をどうすべきか?

(公開: 2018年07月16日)

 

おはようございます。

 

医師を中長期的にキャリア支援するから

転職、開業、経営を総合的にコンサルティングする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

長い人生。

私たちは何度も何度も岐路に立ち、

その都度選択をする訳ですよね…。

 

本日のブログのタイトルは、

【 するも選択、せざるも選択…。人生の選択をどうすべきか? 】

といたしました。

 

医師キャリア選択

 

毎日の判断と人生の転機での判断

するも選択、せざるも選択…。

 

たまたま読んでいた本で出会った言葉です。

う~ん、そうなんだよな…。

 

私たちは日常的に様々な判断を下していますよね。

仕事でも、プライベートでも…。

 

ところが何でも同じように判断をしていては

時には人生を暗転させてしまう事もあるのでしょうね。

 

そりゃそうですよね、

毎日の判断と

人生の転機で下すべき判断では

その重さが全然違いますからね…。

 

では人生の転機とは何か?

 

数十年前であれば転職なんて

失敗者のする事のように思われていました。

新卒で入社し定年まで勤める。

 

公務員やお役所みたいな大企業を除けば、

まあさすがに現在こういう人は少数派でしょうね。

ましてや企業の寿命自体が

新卒から定年までより短いケースも多いので

なかなかできない事だと思います。

 

では医療従事者はどうでしょうか?

 

医学部入学、国試に合格し、

初期~後期研修医として学び、

若手医師から中堅、ベテラン医師になっていく過程で

ず~っと同じ医療機関に勤めるというのは

そう滅多にないと思われます。

 

大学病院で定年まで勤める事はあるでしょうが、

医師全体で見ればかなりの少数派ではないでしょうか?

 

ビジネスパーソンにしろ、

医療従事者にしろ、

転職が一般化されています。

 

しかし転職が自由になり、

選択肢が広がり、

失敗しても次に行けるようになった事で、

私たちは人生の転機を

安易に考えるようになってはいないでしょうか?

 

もっと条件の良い所があるよね?

今の所を辞めてもすぐに次は見つかるよね?

 

こういう行き当たりばったりの判断が

いつまでも通用するとは思えませんし、

いつか通用しなくなると考えておいた方が

自分の為になると思います。

 

判断を誤らせない為に必要なのは

キャリアプランであると私は考えています。

 

キャリアプランを考える際に必要なもの

人生設計をベースにしたキャリアプラン。

 

当ブログでは何年も前から言い続けている事ですが、

年々浸透しつつあり手応えを感じますし、

実際に相談に乗らせて頂いたり、

意見交換、情報交換をする場が増えているのは

とても嬉しく思います。

 

究極的には未来の事なんて

誰にもわからない訳ですし、

望む未来が必ず実現できるものでもありません。

 

しかしそれでもキャリアプランを考える事で

手に入るものは非常に大きいのです。

 

キャリアプランを考える際に必要なのは、

① 情報

② 事例

③ ノウハウ

④ ビジョン

⑤ 人脈

 

このようなものがあります。

自分なりのビジョンを持って、

情報、事例、ノウハウを手に入れましょう。

 

自ずと良いキャリアプランに近づきますし、

効率的に手に入れようと思えば、

情報、事例、ノウハウを持つ人脈を持ちましょう。

 

先輩、同僚、後輩のドクターや

出入りの業者では難しいと思いますよ。

皆さんそれぞれのプロではありますが、

キャリアのプロではありませんから。

 

ついでに医療系紹介会社の人間も

9割は素人同然です。

 

本物のプロは思いのほか少ないですから、

慎重に見極めて下さいね。

 

前進すべきか?保留すべきか?

キャリアプランを立てたから

必ずしもすぐに次のステップに進まないと

いけないというものではありません。

 

キャリアプランを持つ事自体に価値があり、

それをいつ実行に移すべきかは

人によって、置かれた環境によって、

全く異なると思うからです。

 

なかにはすぐにでも動くべき人もいるでしょうが、

さらにプランを練り上げた方が良い人とか、

じっくりと時を待つべき人とか、

今は経験を積む事を優先すべき人とか、

それは様々だと思うんですね。

 

前進すべきか、保留すべきか。

そこは慎重に見極めるべきです。

 

大手の紹介会社に登録すると

キャリアプランも、見極めも、

この大事な両者をすっ飛ばして

求人だけを案内するからダメなんですね。

 

まあ求人紹介以外の事をできる人がほぼいないので、

致し方ないとは言えるのですが、

登録したドクターが可哀そうです。

何ら有益なものは手に入りませんので…。

 

えっと話しがズレましたが、

するも選択、せざるも選択…。

 

大切なのは、

何かが起こって慌てふためくのではなく、

いつ何時何かが起こっても、

キャリアプランに沿った行動を取れる

準備を怠らないという事だと思います。

 

キャリアプランを持って、

いざという時に備える。

 

その為に、情報、事例、ノウハウを集めて、

良き人脈とパイプを作っておく。

 

このようなプロセスが我が身を救うと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<選択について書いた過去記事もご覧下さい!>

転職という選択肢はリスクマネージメントとして必要なんです!

医師も自分で人生を選択し未来をデザインする時代!

勤務医はもういい…でも開業医は無理…という第3の選択!

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ