ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

医師に求められる「感情労働」~燃え尽きる前に~

(公開: 2018年12月05日)

 

おはようございます。

 

医師と医療業界の皆さまが

「本当の」笑顔で働くことのできる環境をご提案、

ジーネット株式会社の羽田正樹です。

 

皆さまは日々「笑顔」で働いていますか?

ひょっとしたらその「笑顔」は

職業的に求められた笑顔ではないですか?

 

今日の話題は最近何かと話題に上る

「感情労働」をとはなんだろう?と思い、

【医師に求められる「感情労働」~燃え尽きる前に~】としました。

 

 

感情労働とは?

感情労働とは顧客に特定の精神状態を作り出すために、

自分の感情を誘発したり、逆に抑圧したりすることを職務とする、

精神と感情の協調作業を基調とする労働のことだそうです。

 

従来、客室乗務員が感情労働の典型とされてきましたが、

その理解が進むにつれ、

接客業全般や看護師を始めとした医療従事者も

感情労働者として認識されるようになりました。

 

私自身「お客様は神様です」なんて対応は馬鹿げていると思いますし、

人としてこちらがお客であってもお互い気持ちよくしたいと思っています。

 

ですが、クレイマーなどはさておき

「俺様はお客様だぞ!」なんて態度の方も良く見受けられます。

 

そんな客に対しても、

いつも笑顔で誠心誠意なんてやっていると

メンタルが次第に消耗していくのは当然でしょう。

 

深みを求められる感情労働

看護師も感情労働として認識されていますが、

接客業とはちょっと異なります。

 

看護師の笑顔によって回復が早まるということもあるでしょうし、

あえて患者にとって不適切な感情を表に出すことによって、

信頼関係が築けるということもあるでしょう。

 

そこには刹那的に満足度を与える対応ではなく、

人と人というもっと深い対応が求められているといえます。

だからこそ、看護師の感情労働は

よりストレスフルなものになるのかもしれません。

 

医師に求められる感情労働

専門職たる医師は

これまで患者に対してパターナリスティックな

診療を行うことが求められていたことから、

これまで感情労働については

あまり言及されることはありませんでした。

 

ところが、医療のコンシューマリズムが進み、

インフォームド・コンセントやクレーム、

訴訟の増加に伴い

医師に対しても感情労働が求められる時代に変化してきました。

 

そして、医師の感情労働は「笑顔」ではなく、

医療行為と真摯に向き合わなければならない冷静さが求められます。

 

それゆえ、医師は顧客を満足させるという感情労働ではなく、

たとえば「死にゆく人と接しているとき」

「診断を患者に告知するとき」

「日々体調が悪化していく患者と接するとき」に伴う

感情的負担と向き合わなければならなくなります。

 

バーンアウトの一要因とも

そういった医師の感情的な負担は

主観的なストレスの原因ともなり、

外的な指標である労働時間や担当患者数などよりも、

バーンアウトとの相関が強く認められるとする論文も発表されています。

 

選択した診療方針が功を奏せずに感情に影響を及ぼしたり、

日常業務においても医師は

冷静さを保たなければならないという感情規則に縛られ、

患者に対する共感が制限されるということも生じます。

 

そして、これら医師に対する心理的負担は気付かないうちに

大きなストレスとしてバーンアウトに繋がってきます。

 

これらストレスは

医師という職業のイメージや

アイデンティティに直結するものですから、

医師にとって無自覚に蓄積される性質があります。

 

バーンアウトを防ぐためには、

まずストレスを自覚すること、

そしてストレスを回避する努力をすることが重要ではないでしょうか。

 

私たちができること

私たちがお手伝いできることは、

転職や開業の支援ですが、

キャリアプランを明確に構築することによって、

より高いモチベーションで

医師という職業を全うできると考えています。

 

バーンアウトは無自覚にやってきますが、

早めの対策によって回避できるものです。

 

転職や開業以外のことでも

将来を考えるときにはいつでもご相談ください。

 

それではまた‼

 

 

医師キャリア相談

 

<インターネットについて書いた過去記事もご覧下さい!>

医師の3人に1人が燃え尽き症候群…。

高ストレスの医師が取るべき手段!?

完璧主義なドクターが陥る高ストレス状態…。

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ