ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

埼玉県、茨城県、千葉県の医師不足!

(公開: 2012年07月10日)

 

おはようございます。

 

転職を検討している医師・看護師に

求人しか提供できない紹介会社とは一線を課し、

相談から条件交渉まで一貫してサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

医師不足と言われるようになって

数年が経ちました。

 

その間にも医師不足が

ひとつの要因と考えられる

救急車のたらい回しや

医療過誤のニュースがありました。

 

しかし政府は付け焼き刃としか思えないような

小さな対応でお茶を濁しています。

 

私も少し前はそうだったのですが、

自分自身や肉親がそれなりに健康であると、

医療の問題はニュースとして知ってはいても、

実感はないですよね。

 

平成20年度の医師数調査では、

平成20年12月31日の全国の届出医師数は、

28万6699人とされております。

 

意外と多いじゃないかと思われるかもしれませんが、

この医師数はアメリカのように

医師数をフルタイム勤務の医師1人で換算し、

医師免許があっても働いていない人は

カウントしないような事はしておらず、

働いていない医師でも

医師免許をもっていれば

医師数にカウントしているのです。

 

よって、結婚で家庭に入った女医や

高齢で引退した、

医師免許を所持しているだけで

働いていないような医師が

医師数にカウントされていることが

予想されています。

 

ちなみにこの調査は

厚生労働省から発表されています。

 

そもそも厚労省は医者の数は足りている、

むしろ今後余ってくるという

見解を続けてきた訳ですから、

実際に勤務していない医師数を組み入れてまで

自分達の主張に合うデータを提供してきた訳ですね。

 

これでは我々一般庶民の危機感が

高まりませんよね。

 

でもそんな事を言っていられない状況が

全国各地で起き始めているのも事実です。

 

小児科の閉鎖…。

救急の受け入れ停止…。

産婦人科が「産」を外し、婦人科になる…。

 

こういう事例があちこちで出てきていますし、

実際になってからではもうすでに遅いですね。

 

私の地元である練馬区でも

日大光が丘病院が

地域医療振興協会に引き継がれましたが、

常勤医は122人から67人に

減少してしまいました。

 

正直、この件の一連の流れを見ていく中で

練馬区の言っている事は全く理解ができません。

 

挙げ句の果てに区長は

「常勤医を同数にするのは最初から無理な話」と言い、

「区政が混乱するのは言わなかった」と

完全に責任逃れな発言をしています。

 

だったらなぜ日大から運営を変える必要があったのか

全くわかりません。

 

こうして身近な所で何かがあってから

私達は危機感を感じます。

 

ちなみに冒頭の医師不足の話しですが、

都道府県別に人口10万人当たりの医師数で見てみると、

全国平均は206人となっている中、

ワースト3は埼玉県、茨城県、千葉県となっていて

平均を下回っています。

 

こういう事を聞くと、

埼玉県、茨城県、千葉県にお住まいの方は、

え!と思いませんか?

危機感を持ちませんか?

 

ちなみにですね、

OECD(経済協力開発機構)加盟国の

人口10万人当たりの医師数の平均は

何と「310人」です。

 

日本の全国平均よりも

100人以上多いんですよ!

 

って事は全国平均を下回っている都道府県、

特にワースト3になっている

埼玉県、茨城県、千葉県は、

どうなっちゃうんですかね?

 

ちなみに先日もさいたま赤十字病院の小児科のドクターが

全員退職の意向を示し、

母子共に命の危険があるハイリスク妊婦の新規受け入れが

制限されている問題が表出しました。

 

上田清司知事は定例記者会見で、

同市内の産婦人科に余力があるとして、

「周産期医療に決定的な影響はない」

と強調したそうです。

 

はっきり言って信用できません…。

 

前述の練馬区長のような事に

ならなければいいのですが…。

 

結局のところ、

日本は医師の絶対数が

不足しているのではないかと思うのです。

 

政府も本気でこの問題に取り組まないと、

全国各地で様々な問題が出てくるのはないかと…

ホント心配です。

 

 

少しダラダラ書いてしまいましたが、

何を言いたいかと言うと

やっぱり我々一般国民が

監視していかねばならないのではないかという事なんです。

 

医師不足の最大の犠牲者は

我々一般国民ですからね。

 

そうは言っても実感がなかったり、

医療に対する知識がなければ

それは難しい事です。

 

だからこそ今日は敢えて

埼玉県、茨城県、千葉県の医師不足と

付けさせて頂きました。

 

当ブログをお読みになった方々は

是非自分の為、家族の為にも

危機感を持って頂きたいなと思います。

 

そして一般国民と医療者が手を結んでいく事で、

相乗効果を生むのではないかとも思ってます。

 

しかしあれですね、

原発の問題や年金の問題なんかも

構図は似ていますよね。

 

大丈夫かな~、日本社会…。

 

それでは、また…。

 

 

未来が不安で悩む医師・看護師のご相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師のキャリアプランニングを

オーダーメードでご支援します。

 

弊社へのご相談 クリック

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット NEWコーポレートサイト!

サイトIBIKEN 医療ビジネス健全化協議会が運営

サイトまとめ 医師の転職・開業 失敗事例

こちら twitter

こちら facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ