ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

医師がキャリアプランを考える際に絶対に看過できないものとは?

(公開: 2019年04月25日)

 

おはようございます。

 

医師の転職、クリニック開業を

キャリアプランを軸にしてサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

公私のバランス。

QOL重視…。

このバランスが悪いと

仕事にも悪影響が出てしまいますよね…。

 

本日のブログのタイトルは、

【 医師がキャリアプランを考える際に絶対に看過できないものとは? 】

といたしました。

 

医師キャリアプラン

 

医師のキャリアプランのベースとは?

いつも言う事ですが、

キャリアプランを考える際には

人生設計、ライフプランがベースにあるべきと考えています。

 

結局、プランニングの原点には

どうなりたいか?という目標設定が必要な訳で、

まずはご家族も含めて

プライベート面の目標を定めた上で

それを実現させる為にキャリアプランが必要になると思うのです。

 

仕事では成功者だけど

プライベートを犠牲にしてきて

家族は崩壊、

家に帰れば自堕落な生活では

ちょっと寂しいですもんね。

 

ただ若手時代はプランなど考えずに

ガムシャラに仕事を覚える時期も必要だとは思います。

 

もちろん夢のようなキャリアプランを描くのも大事ですけど

まずは一人前にならねば実現に近づきませんから、

後先を考えずに修行と思うプロセスも必要です。

 

しかしある程度の経験を積み、

中堅に差し掛かる頃には

自分の望むライフプランを思い描き、

自分らしいキャリアプランを検討して頂きたいなあと

医師のキャリアのプロとしては思うんですよ。

 

医師のキャリアプランの難しさとは?

これまた何度も言ってる事ですが

キャリアプランを考える際に必要なのは、

 

① 人生設計・ライフプランをベースにする事

中長期的な時間軸で考える事

③ 人真似ではなく、オリジナルなプランである事

 

この3つが絶対的に必要だと私は考えています。

 

とは言え、最初っからそんな良いプランなど

思いつく事はないんですよね。

 

1度キャリアプランを構築したら

お終いってものではないと思うんですよ。

 

何度も何度も書き換えて良いんです。

そんなに人生って単純じゃありませんよね?

目指すべきものが変わる事だってよくありますよね?

 

私はキャリアプランとは

考えれば考えるほどに、

プランを作れば作るほどに、

段階的に「熟成」されていくものと考えています。

 

しかし忙しい毎日の中で

キャリアプランの事ばかり考えるなんて

非現実的ですよね?

 

ましてキャリアプランって

もうこんな職場辞めてやる!とか、

毎日忙しくてヘトヘトだ…とか、

あんなクソ上司に付いていけるか?とか、

長時間労働の割には報われない!とか、

疲れ過ぎて何にも考えられない…とか、

こういう状態の時に考えてはいけないと思うんですね。

 

精神状態が不安定な時に考えると

どうしてもネガティブな発想になってしまいます。

 

極端にお金だけに走ったり、

近視眼的に目先の事ばかり考えてしまったり、

何でもいいや…と自堕落になってしまったり…。

 

これでは考えるだけマイナスです。

キャリアプランとは、

ふとした時に、

ゆったりと考えるべきものなんです。

 

温泉に浸かりながらとか、

お気に入りのカフェでゆったりしながらとか、

ポカポカ陽気の日に気持ち良い公園で…など

こういうリラックスした時に

思いを馳せるのがベストだと思います。

 

医師のキャリアプランのワクワク感とは?

何かあると誰かが強烈な文句を言う時代です。

ホント世知辛い世の中だなあと思います。

 

医師のように高度な専門職になると

その傾向は高まるばかりで、

しかも過重労働や休みなく学び続けている事は

全く見ようともせずに

手ぐすね引いて否定、非難、批判をしようとする

輩がなぜか多いんですよね…。

 

人の為、社会の為と思い、

身を粉にして働いてきても

これだけ無理解だと

何の為に頑張ってるのか…

わからなくなる時だってありますよね…。

 

目の前に起こる事だけを見ていたら

気が狂いそうになってもおかしくないと思います。

 

だからこそ中長期的な視点に立つべき

キャリアプランを考えて頂きたいのです。

 

ある種の現実逃避かもしれませんが、

それも生存戦略上のセルフコントロールですよ。

 

先程申し上げたように

キャリアプランのベースには

人生設計やライフプランが必要であり、

中長期的でかつオリジナリティ溢れていた方が

望ましい訳です。

 

いつも患者の事が頭から離れない医師こそ

持ちべき思想形態であると思うんですね。

 

是非ともキャリアプランを考える事で

医師人生をより良いものにして頂きたいです。

 

そして時には第三者の見解が必要であったり、

事例やノウハウを手に入れたかったり、

プロに相談してみたくなる事もあるかもしれません。

そんな時にはお気軽に下記よりどうぞ(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー