ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

転職した理学療法士、その後。

(公開: 2019年05月08日)

 

おはようございます。

 

久方ぶりに転職に携わった方シリーズ
ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

今回は、第二弾。
理学療法士編です。

 

まぶしい海

 

B理学療法士さん。

ダイビング仲間でもある
B理学療法士さん。

 

ロタ島の綺麗な海で
一緒に潜った仲間です。

 

大学を卒業されて、
一旦は、社会人として就職。

 

思う処があり、
理学療法士を目指して、受験。
見事合格!!

 

今では、16年の経験がある、
頼れる理学療法士のBさん。

 

訪問リハ経験は、
な、なんと14年にもなります。

 

そんなBさんから、
「そろそろ僕の番かと。。。」
という連絡があったのが、
2018年の今頃でした。

 

そろそろ僕の番。。というのは、
実は、以前、御紹介したA看護師さんを
紹介して下さったのが、Bさんだったんです。

 

有難いことです( *´艸`)。

 

A看護師さんのブログは、
【転職したA看護師のその後―訪問看護ステーション】

 

なぜ、訪問リハに??

B理学療法士さんが訪問リハに
転職しようと思ったのは、

 

病院に勤務していたとき、
同じ時間に数名のリハビリを担当。

 

1名対応していると、
他の方は、待って貰う時間あり。
御自身の中で疑問が生じる。

 

限られた時間の中で、
他の方を気にせず、
しっかりと対面しているこの方に
誠意をもって、もっと力を注ぎこみたい!
と考える。

 

そこで、
居宅に伺い、
決められた時間の中で、
しっかり1対1で向き合える
訪問リハビリの世界は
自分にあってるかも??と思う。

 

ましてや、病院で入院している場合、
病院のリハビリ室にある道具等でリハビリをするけど、
自宅にあるもので、リハビリ出来れば、
無理なく継続できるのでは??
と考える。

 

こんなお考えを持って、
訪問リハビリの世界に入られています。

 

転職理由。

B理学療法士さんは、
個人経営の訪問看護ステーションで、
10年以上の経験を積まれてきています。

 

もうベテラン域に達している
理学療法士の転職。

 

転職理由は、
・学べる環境のある組織に所属したい。
・志を持っている人達と仕事がしたい。
この2点。

 

Bさん、
訪問リハで、居宅にお邪魔しようとしたとき、
倒れている利用者さんを発見したことがあり、
”リハをするだけではなく、
病気の症状を見逃さない様に
もっと医療知識を身に着けよう!!
と、自分で色々な勉強会に参加して
知識の吸収をしてきた方。

 

今所属している訪問看護ステーションは、
ママさんが多いステーション。

 

なかなかBさんの思いは通じず、
それならば、心機一転!
新しい環境へ!!

 

全てが思い通りではなかった。。

実は、Bさんの転職、
全てがBさんの思い通りではありませんでした。

 

Bさんの新しい職場は
企業系の訪問ステーション。

 

企業系やグループ系医療機関の場合、
卒後年数とか、臨床経験で
だいたいの給与が決まっています。

 

これ、医師も看護師もそうです。

 

組織化されている処、
学べる環境、
でも、給与はさがる。。。

 

どうしたらよいものか??

 

訪問系の企業とやり取りした中で、
ここが一番誠実な対応をしてくれたので、
その事実を伝えました。

 

”入職時は給与がさがるかもしれないけど、
インセンティブ制があるので、
頑張った分だけ、自分に返ってくる。
そこを見据えては如何か。。。”
と提案。

 

この企業系の訪問ステーションは
院外の研修制度や、
職員の質を向上させる為の勉強会に関しては、
惜しみなく対応している処。

 

今まで自腹を切ってやっていたことが、
所属する企業で対応してくれる。

 

その辺りは、
Bさんの転職理由にマッチしている。

 

悩みに、悩んだ挙句、
B理学療法士、
この企業に転職することを決意。

 

転職して8か月経過。

折をみて、
電話やメッセンジャーで
近況は伺っていましたが、
やはり顔を見て話さないとね。

 

ということで(笑)、
今年の4月に会ってきました。

 

「どうですか?」

「同じ方向を見ている仲間がいるので、
 転職して良かったです。」

 

「給与下がっても??」

「給与下がっても、来て良かったです。」

 

実はBさん。
ベテラン理学療法士ということで、
入職当初から、企業に目を付けられ(笑)
入職前にもかかわらず、
役職者がでる研修に特別参加させて貰っていました。

 

勿論、今じゃ、凄~い処におられます。

 

居場所は自分で作るもの。

B理学療法士。

 

御自身の年齢や
今まで培ってきたキャリアを
冷静に自分分析されております。

 

自分を成長させながら、
これからは、後進を育てないと。。。

 

そういう思いで日々過ごされている様ですし、
実際に、そういう立場になられています。

 

転職して8か月経過、
Bさんの姿勢・働きぶりを、
企業側もしっかり受けとめ、
Bさんならではの居場所に
異動させて頂けた様です。

 

転職のお手伝いをしていて、
いつも思うのは、
自分で納得して、
自分で決めて転職された方は、
日々色々あって、
悩みながらも、
いつのまにか、
自分の居場所を確保しています。

 

居場所は自分でつくるもの。

 

A看護師さん、
B理学療法士さんをみて、
我が身を振り返った私です(笑)

 

それでは、また。 

 

 

医師キャリア相談