ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

本音で話せずに警戒心を持たせるエージェント…。

(公開: 2019年05月20日)

 

15年目のY先生。

中堅からベテランに差し掛かり

ご自身の今後をどうすべきかを真剣に考え、

エージェントに相談したそうです。

 

医師転職失敗

 

50代、60代になった時に、

どんな施設で、どのように働くか?

その為にここ数年間にどういう経験を積むべきか?

 

こんな事を相談したかったそうで、

やはり大手エージェントの方が事例が多いだろうと考え

問合せをしてみました。

 

するとすぐさまアポイントを取られ

当日に待合せ場所に行ってみると

そこで待っていたのは30歳前後の若い男性。

 

いかにもビジネスマンという風貌で

一見優秀そうには見えます。

 

しかし話してみると何だか軽い。

医師の事をわかっていないし、

医療をビジネスとしか捉えていない…。

 

話す内容は希望条件はどうか?など

要は転職をさせたいのが見え見えであり、

Y先生が考えていた相談内容などおかまいなし…。

 

これでは自分の考えている事を話しても無駄だし、

きっと大したアドバイスも出てこないだろう。

 

その日は適当に話しを合わせ、

翌日から何件もの求人を案内されたのですが

すぐに転職を考えていた訳ではないY先生はすべてスルー。

結果的に無駄な面談となってしまったそうです。

 

大手エージェントはマッチングしかしないんだな。

求人が欲しい時には向いているのかもしれないけど、

自分のように今後の事を相談するには不向きなんだな。

 

そう考えたY先生は、

中小のエージェントを探して

良き相談相手を見つけたそうです。

 

エージェントと言っても

その特徴をよく理解しないと

無駄骨になってしまう事がよくわかったY先生でした。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー