ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

せっかくクリニックを承継したのに上手く行かない…。

(公開: 2019年05月27日)

 

前々から自分のクリニックを持ちたいと考えていたN先生。

ちょうど良く承継案件を手に入れて

意気揚々としていたのですが…。

 

クリニック承継失敗

 

たまたま知り合った税理士から紹介を受けた

地域に根差して28年が経つクリニック。

 

高齢の院長が引退したく

地域のため、患者さんのために

N先生にこの診療所をお任せしたいと

固い握手をした日から約1年…。

 

N先生は大苦戦しています。

多い時は1日50~60人の来院患者があったそうですが、

ここ数年は20~30人との事。

 

ところがN先生が院長に就任してからは

10人に届くかどうか…。

 

前の院長についていた患者さんは

半数以上が他院に流れてしまったそうです。

 

しかも引き継いだ古株のスタッフは

自分たちより若いN先生に対して

非常に高圧的で失礼な態度を取る事があり

時にはキレそうになる事もあるようですが、

前院長の顔を潰さないようにグッと我慢の日々。

 

見学した時には

それほど気にはならなかったけど

やはり壁や天井の汚れは目立っており、

内装のリフォームは必要だな…と思ったり、

医療機器もほとんどが古くてひと世代前のものなので

N先生の普通の診療をする為には

検査機器なども一新したいところ。

 

しかし何より患者が来なければ話しにならない。

院長就任前に慌ててホームページは制作したけど

すぐの効果は期待できない。

 

承継のメリットって

患者が付いていて

初期投資が少なく済んで…だと思っていたのに

患者は思っていたよりも来ないし、

初期投資も思っていたよりも掛かりそうだし、

ストレスが大きい毎日を過ごさざるを得ない。

 

う~ん、こんな事なら

新規で開業した方が良かったかもしれないなあ。

まだ1年足らずなのに

すでに後悔しつつあるN先生でした。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー