ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

入職後1カ月で退職…。

(公開: 2019年06月03日)

 

初めての転職をしたK先生。

しかしこれが大失敗となってしまいました。

 

医師紹介会社退職

 

それまで転職なんて考えた事もなかったK先生。

今までも理不尽さとか、

パワハラめいた指導に嫌気が差してきて、

もう我慢ならん…と転職を考え始めたそうです。

 

とは言え何をどうすれば良いか全くわからない状態。

WEB上では限定求人をご案内します!とか

好条件求人を特別にご紹介します!とか

3万件以上の求人の中からピッタリの求人を!とか、

魅力的な宣伝文句が溢れています。

 

こういうのってどうなんだろう?と思いながらも

他にどうする事もできずに

知名度の高い某社に問合せをしてみました。

 

ビックリしたのは対応の速さ。

何と5分も経たずに電話が入り、

すぐさまアポイント。

 

待合せ場所に行ってみると

いかにもビジネスマンという好青年が待っていました。

 

ひと通り希望条件を伝えると

明日には何件かの求人をご案内できますと言うではありませんか。

そんなに簡単なものなの?と疑問に思いましたが、

初めての転職であるK先生は担当の言う事を信頼するしかありません。

 

翌日、何と12件も求人が送られてきました。

スゴイな…と思いながらも

内容を吟味しても

正直どれが良いのか?自分に合うのか?

まったく判断が付きません。

 

そもそも情報量が少ないですし、

いわゆる一般的な情報のみで

ベッド数がどうのとか、職員数がどうのとか、

そんな病院概要を知らされても何ら判断できませんよね。

 

しかし担当のコンサルタント

K先生にピッタリなのはA病院ですと断言します。

 

そこまで言われれば…と思い

面接に行ってみると

院長、事務長が是非当院に来て欲しいと

熱く語ってきます。

 

しかもその場で条件をアップしてくれて

最後は固い握手で別れました。

 

翌日担当コンサルタントより連絡がきて、

ここには行くべきです、

あの院長の思いに応えてあげて下さいと

プッシュしてきます。

 

確かに自分も好感を持ったし、

条件面も文句のつけようがない。

1件で決めるのには不安があったけれども

担当の人も自信を持っておススメしてくるし、

まあいいか…と思ってお世話になる事を決めました。

 

入職して2週間後…。

事務長が退職しました。

 

不安になったK先生。

エージェントの担当者に電話をしてみると

何とその担当者も退職しています。

 

え?何これ?

大丈夫なのか?この職場?

不安は増すばかりでしたが

残念ながらこの不安は的中です。

 

看護師や医療事務などスタッフも退職者が続いてます。

みな疑心暗鬼で働いているようです。

院長の傍若無人な態度に嫌気が差しているようで、

院長のお抱えの医師や看護部長などが

院長一派として好き勝手やってるようです。

 

挙句の果てにはK先生に対しても

うちで長く勤めたければ私の言う事を聞く事だよ…と

院長に言われたそうです。

 

院内はどんよりとした雰囲気で

患者さんに提供している医療の質も決して高くはありません。

ダ・ダメだ、ここにはいれない…。

 

結果的に逃げるようにして退職したK先生。

ああ…、

あのエージェント

あの担当コンサルタントを信じなければ良かった。

経歴に傷を付けてしまった。

 

後悔ばかりのK先生です。

 

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー