ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

看護師のキャリア ~売り手市場だけれども…~

(公開: 2019年07月17日)

 

おはようございます。

 

看護師のキャリアについて、
今一度考えてみた
ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

労働人口の減少が
取り沙汰されている今、
企業は人材を確保するため、
お金をかけています。

 

医療業界も、同じです。

 

報道等をみていると、
”今は売り手市場”
”求職者側が優位”
との文言を見かけますし、聞きます。

 

この言葉に踊らされていると。。。

 

キャリア

 

看護師は相変わらず売り手市場。

と云っても、
看護師は相変わらず、
売り手市場なんです。

 

病院ベッド数に対して、
看護師が充足しているという回答を
頂くことは、正直稀です。

 

”あら、私まだ転職できる??”
と思った看護師さん、
ちょっと待って下さいね。

 

手に職があるから、
国家資格があるから、
まだ転職できる?
と思った方、
やっぱり、ちょっと待って下さい。

 

看護師は確かに、
売り手市場ですが、
その言葉に踊らされていると、
後々、困ることになります。

 

38歳 病棟看護師。

【看護師を目指したきっかけ】
→ 小さい頃、身体が弱く、
  入退院を繰り返していた頃、
  面倒みてくれた看護師さんに憧れて。

 

准看護師→正看護師というルートを辿り、
お目にかかった時には、
看護師歴19年。

 

既にベテランです。

 

これだけの経験値があれば、
彼女の希望する処に
お連れ出来ると思いながら、
経歴書を拝見したら、
正直驚きました( ゚Д゚)。。。

 

転職歴が多すぎ。。。

 

19年で8ヶ所の転職。

医師の場合、
【F医師の経歴】をご覧下さい。

 

今回の病棟看護師さん。

 

19年の間に、
8ヶ所転職していました。

 

私たちジーネット株式会社の場合、
医師・看護師とはお目にかかって、
転職相談を受けます。

 

その後、今後のキャリアを考え、
さて、どうするか??
作戦会議を開催します。

 

しかしながら、
病棟看護師さんの場合、
作戦会議をする前段階、
経歴の棚卸をする必要がありました。

 

経歴の棚卸=転職理由

病棟看護師さんの場合、
19年で8ヶ所。

 

単純計算すれば、
平均2年位のペースで、
転職を繰り返しています。

 

一貫性のある思いがあって動いたのか?
そうではないのか?

 

経歴書って、
どういう処で働いてきたのか?だけではなく、
その人がどんな考え方をするのかも、
経歴書からカイマ見えます。

 

病棟看護師さんの経歴書からは、
一貫した思いは見えません。

 

ですので、
どうして転職を繰り返してきたのか?

 

此処を伺います。

 

彼女の場合、
責任ある仕事を任されそうになると、
懇意にしていた紹介会社の担当者に相談し、
転職をする。

 

それを繰り返し、
8ヶ所過ぎた頃、
懇意にしていた担当者と連絡がとれず
友人からの紹介で
私どもに辿り着いてくれました。

 

話を伺う内に、
病棟看護師さんの経歴は、
彼女の転職を、
自分のノルマと考えた紹介会社の
担当者のせいでもあると。。

 

推測になりますが、
病棟看護師さんから相談が来る度に、
「じゃあ転職しましょう!」を
繰り返した結果が今。

 

さて、これからどうしてきたいのか?

 

病棟看護師さんと話し合いをしましたが、
「人の出入りが激すぎるし、落ち着かない。
 2年間勤務したし、もういいかな。」

 

ふむ。。。

 

転職理由としては、真っ正直。

 

でもね、
そんな理由は、もう通用しない。

 

では、視点を変えて、
新しい職場では、どういう看護をしたいのか?
何がやりたいのか?

 

あえて、ここには記載しませんが、
病棟看護師さんなりの理由はありました。

 

ただ、それが通用するかは、別として。。。

 

売り手市場ではあるけれども。。。

病棟看護師さんの様な
転職を繰り返していると、
看護師免許を持っているといっても、
医療機関側が難色を示すケースがあります。

 

”一体、この人は、どれ位勤務してくれるのか?”

”すぐ辞めてしまうのではないか??”

 

何も、転職する度に
ステップアップを目指せ!
と云ってるワケではありません。

 

結婚・出産・子育てという
ライフイベントごとに、
働き方を変える必要があったとか、
親の介護で、旦那さんの転勤で
この期間は仕事を辞めていたとか
自分でも説明できる理由、
他人が見ても、聞いてもわかる理由が
ちゃんとあるか。

 

転職を繰り返すのであれば、
その理由を本人がわかっているのか??

 

病棟看護師さんや、
他の看護師さんと話していて思うのは、
国家資格を持っているから、
職にあぶれないと思っている方が多いです。

 

それは事実かもしれません。。。

 

が、ふわーっと転職を繰り返して良い
というワケでもないのです。

 

実際、38歳病棟看護師さんは、
非常に苦戦しました。

 

こんな時代だから、
先々見据えても何があるかわからない。
確かにそうかもしれません。

 

でもね、
自分のこれからに関しては、
もうちょっとちゃんと考えてから
転職をしても良いのではないかと。

 

そして、
看護師人材紹介会社のエージェントも、
転職させるだけではなく、
ちゃんと看護師さんのこれから、
今後を一緒に考えてあげないと、
38歳病棟看護師さんみたいな方が
でてきてしまいます。

 

看護師だから就職先は困らない。

 

そうかもしれません。

 

でもね、
人材不足と叫ばれていようとも、
売り手市場といわれているけど、
転職・就職は、雇用側と求職者、
お互いがマッチしないとダメなのです。

 

売り手市場という言葉に
踊らされないで下さい。

 

そうでもない現実もあるのです。

 

転職する際は、
自分のキャリアの棚卸をし、
これからを見据えた行動を
して頂きたいです。

 

それは、
看護師さんであろうともです。

 

また、悩んだときは
遠慮なく御相談下さい。

 

40歳オーバーのコンサルタントばかりがおります
ジーネット株式会社に(笑)

 

それでは、また。

 

 

↓看護師さんの相談もココから、大丈夫です(*^^*)

医師キャリア相談