ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

アピールのし過ぎで内定が出ず…。

(公開: 2019年08月05日)

 

50代の消化器内科のZ先生。

どこに出しても恥ずかしくないキャリアをお持ちで

Z先生ご自身も自信満々です。

 

医師転職失敗

 

お勤め先の病院がM&Aされてしまい、

経営陣が変わって以降、

年収は微減、

新たな契約を締結する際に少し揉めたようで、

それ以降、Z先生は新経営陣に煙たがられてしまったそうです。

 

このままここにいても良い事はなさそうだ。

それなら他の病院に行こうと決意されたのでした。

 

とは言え大学医局に長く在籍し、

医局派遣でこの病院に来て

そのまま内科部長として赴任したので

ご自身で転職活動をするのは初めてだったようです。

 

よく医療系のニュースを見ていた

日経メディカルのサイトに

医師求人というコーナーがあり、

そちらで求人の研究をしていたので、

気に入った求人に問合せをしてみると…。

 

その求人を出していたエージェントから

1度面談をしましょうとアポイントを取られました。

 

待合せ場所に行ってみると

残念ですがZ先生からお問合せのあった求人は

つい先日他の先生で決まってしまいました。

 

類似の求人としてはこんなところがありますが…と

7~8件の求人案件を案内されたそうです。

 

なんだよ、釣り広告じゃないのか?と思いながら

案内された求人を吟味してみると

どれもこれも問合せを入れた求人より条件面では下がる…。

 

そうは言っても今の職場に居続ける選択肢はないZ先生は

その中から比較的条件の良さそうなところで

面接に行く事にしました。

 

面接当日

ここで決めたい!と焦るZ先生は

気合い充分…。

 

しかしその気合いが空回りしてしまい、

院長の前でいかに自分は優秀なドクターなのか、

どれだけの症例経験を積んでいるのか、

いかに自分を雇用するメリットがあるか、

高給で迎える価値がある医師なのだ!という事を

堂々と語り続けたそうです。

 

しかし結果は見送り。

院長からはうちには合わない、

アピールが強すぎる、

周囲のドクターやスタッフと軋轢を生みそう…と

マイナス評価に繋がってしまったそうです。

 

本来、どんな風に面接すべきかは

エージェントがアドバイスすべきですが、

このエージェントは面接に同席すらしなかったそうです。

 

面接って相手があるものですから、

一方的にこちらの都合を伝えても

あまり意味はないんですね。

 

むしろ先生方が普段外来で患者さんと接するように

先方はどんな医師を求めているのか?

どんな風に働いて欲しいのか?

その上で先方の求めているものに

どうすれば自分を合わせられるのか?

こんな風に話し合えると良い面接に繋がるのですね。

 

ちなみにZ先生。

このようなアドバイスをして、

当日面接に同席したら

当初の案内よりも良い条件で内定が出ました。

 

エージェントの力量で

内定の可否、条件は異なるんです。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー