ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

忙し過ぎて次の職場の事なんか考えられない医師…。

(公開: 2019年08月29日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを軸にして

転職やクリニック開業で希望を叶えるサポートをする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

キャリアプランを考えるにしても、

次の職場を考えるにしても、

メチャクチャ忙しい中で考えるのは

やはり避けた方が良いと思います。

 

心を落ち着けて、

余裕がある時の方が思考は冴えますからね。

 

ただそんな余裕が持てない方も

少なくないのが現実な訳で…。

 

本日のブログのタイトルは、

【 忙し過ぎて次の職場の事なんか考えられない医師…。 】

といたしました。

 

医師転職忙し過ぎて考えられない

 

忙し過ぎて転職の準備ができない…。

転職をするには、

① キャリアプランを組み立てる。

② 求人を探す。

③ 医療機関に応募する。

④ 書類選考

⑤ 面接

⑥ 内定、条件オファー

⑦ 入職

と、このような流れで進んでいきます。

 

もちろんレアケースはいろいろありますし、

私どもが提唱する①のキャリアプラン

軽視されているのはどうなんだ?と個人的に憤っています。

 

ま、それはいいとして、

これだけの事をしようと思えば

日常的に忙しく働いている先生方は

そう簡単に転職活動できませんよね。

 

自分のキャリアプランを考える時間がない。

求人を探している時間がない。

書類を作っている時間がない。

面接日が調整できない。

そもそも考える時間がない…。

 

こんな状態の時に無理やり動いても

そりゃ良い結果にはなかなかなりませんし、

本来はだからこそのエージェント利用なのですが、

当ブログではいつも言うように

エージェント自体のレベルが低すぎて

なおかつ自社の商売を優先し過ぎていて

医師や医療機関の事など全く考えていません。

 

医師が安心して利用できるエージェントなど

私の感覚では全国に10社もないと思ってます。

 

さて…、自分1人で動くのは大変だ。

でもエージェントに頼っていいものか…。

 

いろいろあって今の職場には居続けたくない。

もっとじっくり考える時間があれば…。

誰かに相談できないかな。

 

エージェントに問合せするとしつこく営業されるし、

何件も求人が送られてくるだけだって聞くし…。

 

ど・どうしよう…。

こういう先生って少なくないように感じています。

 

心に余裕が持てないキャリアプラン…。

医師の転職理由のひとつに、

毎日あまりにハード過ぎる…

この先何年も今のような働き方はできない…

休みの日でも病院にいる、オンコールで呼ばれる、

など、過重労働があります。

 

何年もこういう働き方をしていれば

さすがにそろそろ落ち着いて仕事ができる職場に移りたいというのは

健全な希望だと思います。

 

でもこのまま突っ走ってしまっては

現状からの脱却「だけ」になってしまいます。

 

それ「だけ」では不足なんです。

大切なのはこの先の数年、数十年だと思うんです。

 

次は楽だったけど

その次はまたキツくなったとか、

次は楽だったけど

その次は楽だけど収入が下がったとか、

これでは意味がないですよね。

 

転職って次の職場だけではないんです。

 

その次、そのまた次、その次の次の次と

中長期的な展望を描いておかないと

5年後、10年後に後悔する事になってしまいます。

 

だから私はもう10年近く

医師にもキャリアプランが必要ですと

提唱し続けてきた訳ですが、

ようやく浸透しつつあります。

 

そりゃそうですよ。

ある意味では医師が転職を失敗しない為の

コツのようなものですから。

 

ただキャリアプランって

そんな付け焼き刃なものではありませんし、

さあ考えようと言ってポンと出来上がるものではありません。

 

キャリアプランを考えなきゃな…と思って下さったら

次にすべき事は「相談」です。

 

転職を前提にした「相談」ではありません。

キャリアについての「相談」です。

ご自身にはどんな可能性があるのか?

どのような選択肢があるのか?

ここをディスカッションする「キャリア相談」が必要です。

 

「相談」したら何とか転職させようとしたり、

メルマガで求人を何度も送りつけるエージェントでは

「相談」する意味がないどころか害悪です。

 

医師のキャリアについてなど

これっぽっちも考えていませんから。

転職してフィーが手に入ったら

後は知らんぷりのエージェントなど

「相談」するだけムダってもんです。

 

具体的な転職ノウハウ

「相談」する事によって

自分なりのキャリアプランが見えてきた。

 

こういう体制が出来上がった段階で

求人を探し始めるべきなんです。

 

医師の求人って

ネット上でも数万件はありますし、

医療系の雑誌には求人欄があったり、

先生方は知人ドクターを頼れば

すぐに何件かは出てきますよね。

 

売り手市場ですから

何かいい求人ないかな?とリサーチするのは

非常に危ないんです。

 

高条件「だけ」の怪しい求人を

掴んでしまう事になりかねません。

 

エージェントは高条件の方がフィーも高くなるので

内部的に問題があろうが、

定着率が悪かろうが、

何のお構いもなしです。

 

先生方にリスクを負わせて

自分たちだけ儲ける。

 

それが高条件で医師を釣ろうとする

エージェントの本質です。

 

ですからこういったエージェントに騙される事なく、

自分らしいキャリアプランを持って、

そのキャリアプランに沿う求人だけを

何万件の中から探るんです。

 

でも実はこれよりもさらに良い手があります。

それは医療機関と一緒になって

先生独自の求人を作り上げるという事です。

 

つまりある1人の先生用のオリジナル求人を

ゼロから作り上げてしまうのです。

 

これができると決まる確率が物凄く高いですし、

条件、待遇、雇用形態、働き方など

ほぼ先生の希望通りになります。

満足度がスゴイです。

 

また医療機関にとっても良い話しです。

間違いなく患者さんを呼ぶ先生でしょうし、

こちらも満足度はスゴイです。

 

いい事づくめのこの手法。

1つだけ欠点がありまして

できる人が非常に、非常に少ないんです。

だからできる人と出会えたら超ラッキーです。

 

当ブログは同業者のエージェントも読んでいるようですから

ここでその詳細は述べませんが、

できる人がいないどころか、

組織ができないように設計されてもいるんです。

だから実現不可能な訳です。

 

えっと、冒頭に戻ります。

忙しい医師でも転職はできます。

 

ポイントは

① キャリアプラン

② 相談

③ オリジナル求人を作れるエージェント

です。

 

ただこれは最後部類の1つの例であって、

他にも手はあります。

 

転職ってノウハウなんですよね。

このノウハウを持っている人に相談すれば

突破口は拓けます。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー