ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

気を付けて!知らぬ間にゆでガエル。

(公開: 2019年10月09日)

 

おはようございます。

 

既に若くないと感じる瞬間が増えた
ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

どんな時にそれを感じるか?

 

会社のinfoメールに、
はじめてのWEB集客会社から連絡があるとき~!

 

(お笑い芸人の
「いつもここから」風に
 言ってみました。
 これも古い?(笑))

 

実際にどんな風なメールなのか?

 

コチラをクリニック
(URLが貼り付けてある。)

 

”興味を持たれましたら、
詳しいお話をさせて頂きたいので、
下記日程であれば、対応可能です!”的な文面で、
対応できる日にちが、ズラーっと記載。

 

9月17日 18:00~18:30
9月18日 14:00~14:30


 

info宛にメールを送りつけてくるだけ
自分都合の時間ズラーっ

 

はい、気に入らないワケです(^_-)
この営業の仕方(笑)

 

勝手ながら、
”この会社、大丈夫か?”
と思っていたら、
その後、別の会社もこの方式。。。

 

今、これが営業のトレンド?

 

はい、
自分は凝り固まった
古い人間になっている。。。
と再認識した本日です。

 

ゆでカエルではない

 

Y先生。

Y先生とお目にかかるときは、
ちょっと楽しみなのです。

 

ベテラン域に入るY先生。

 

サービス精神溢れる方なので、
色々な話をして下さいます。

 

・医師として歩んできた道
・ジーネット株式会社以外の紹介会社
・こういう考え方もあるよ 等々。

 

また、くだらない質問にも、
嫌な顔せず、答えてくれます( *´艸`)

 

おっイケル!と思った瞬間
バンバン質問をし、
ブログネタとして
活用させて頂いています(^_-)。
(勿論、Y先生には報告済です。)

 

信頼関係を築くには??
という話から、
【ゆでガエル】の話を
して下さいました。

 

Y先生の世代。

「人材紹介業という仕事は、
 求職者にも信頼され、
 医療機関にも信頼されるという事が
 必要ですよね??」

 

という話をしていた際に、

 

「うん。
 基本的にはね。
 でもね医療機関は
 あまり信じない方が良いかも??」

 

なんですと??

 

Y先生、
語って下さいました。

 

「自分たちの世代はね、
 まだスパルタが許される時代(苦笑)。

 だから医局にいた頃は、
 ”休む”という概念自体がないから、
 振られた仕事はするし、
 するのがあたり前だったのね。

 それが染みついてるの、身体に。
 だから、忙しいことが普通で、
 忙しくないことが普通じゃないの。」

 

「そうやって仕事してきたから、
 医局を抜けた後でも、
 知らず知らずのうちに、
 頑張ってしまっている自分に
 気が付かないの。」

 

「しかも、事務長とか、
 一緒に働いている看護師に
 先生、すみませんが。。とか言われて
 上手にお願いされたりしたら、
 ”断りたいな~、
  でも、誰かがやらないとダメだよな~”
 って思ってしまって、やっちゃうの。」

 

Y先生曰く、
頭のきれる理事長や院長、
事務長がいると、
この世代の心理を知っているので、
そこを巧みについてくると。

 

ゆでガエル理論。

ゆっくりと進行する危機や
環境変化に対応することの大切さ、
難しさを戒めるたとえ話の一種。

 

カエルを熱湯の中に入れると
驚いて飛び出しますが、
常温の水に入れて徐々に熱すると、
カエルはその温度変化に慣れていき、
生命の危機と気づかないうちに
ゆであがって死んでしまうという話。

 

【引用:日本の人事 › 人事キーワード › 人材開発】

 

Y先生より
15年以上若い世代は、
仕事もプライベートにも
充実を求める世代。

 

医師としての前に、
人間としての営みをしようと思うのは、
普通。

 

でも、皆がみんな、
その主張をしたら業務は回らない。。。
何処の世代に皺寄せが来るのか??

 

若い頃に、
スパルタ指導があたりまえで
休みなんかなかった、
Y先生の世代なんですよね。。。

 

お気をつけ下さい。

Y先生との
最初の会話に戻ります。

 

”医療機関は信じて良いのか?”

 

ここ気になりますよね?

 

医師の人材紹介業に
10年以上従事してきた
私個人の意見としては
基本的に求職者をお連れしている医療機関は、
信じて良いと判断しています。

 

ですが、
信じてよい医療機関と
信じてはいけない医療機関があると
お伝えしておきます。

 

「おい!
梅澤答えになってないじゃん!!」
という声が聞こえてきそうですが、
そのままの意味です。

 

医師人材紹介業に携わる
エージェントであれば、
医療機関の内部情報を
どれだけ知っているか?
これは大事ですし、
それはそのまま
そのエージェントの財産になります。

 

内部情報を知るには、
その医療機関というか、
担当者との信頼関係がないと
聞けない話ですから。

 

転職を考えて
医師・看護師・医療従事者の皆さんは
そこを見極めて欲しくて、
人材紹介会社に登録してきてますよね???

 

そこで、
医師・看護師の皆さんに
気を付けて頂きたいのは、
その辺りを知らない
人材紹介会社から
紹介された医療機関です。

 

あれよ、あれよという間に、
気が付いたら、
”ゆでガエル”になっていた。。。。

 

そうならない様に、
お気をつけ下さい。

 

それでは、また。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱  公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー