ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

自分の将来なんてお先真っ暗だから…。

(公開: 2019年09月02日)

 

言葉は悪いですが…、

大学医局で干されてしまって

もう自分の医師人生はお先真っ暗だ…と

嘆いているN先生。

 

医師転職失敗

 

最初にご相談でお会いした時には

とても暗い表情だったN先生。

 

お話しをしていても

ご自身を卑下する言葉と

医局に対する恨み節が

何度も何度も出てくるN先生…。

 

話しを変えて、

なぜ医師になったのか?

なぜその科目を選んだのか?

そんな風にN先生の過去を振り返りながら

医師としてどんな未来を描いていたのか?

どんな医者を志していたのか?

と未来について話していくと

段々と気を取り直してきて…。

 

あ、今回は失敗事例ではなく、

失敗しそうだったところから復活したN先生の話しです。

 

医局の良くない思い出を引き出しにしまって

過去を棚卸して

未来のキャリアプランを考え始めたのです。

 

すると意気消沈していたN先生は

これからすべき事、したい事が段々と見えてきて…。

 

N先生らしいキャリアプランを描けた段階で

とある病院の面接に行かれたのです。

 

すると先方の院長の前でN先生は

医師として、地域、患者、病院、スタッフなど

ステークホルダー皆さんが喜ぶような理想を語り、

具体的な診療スタイルやチームへの貢献の仕方などをお伝えし、

院長は非常に感銘を受けて

是非一緒にやりましょうと堅い握手を交わしました。

 

数日後病院からオファーされた条件は

N先生も驚くほどの高条件であり、

一気にN先生の医師人生は好転しました。

 

高条件の求人を選ぶのではなく、

キャリアプランが高条件を生み出しますという

コンサルタントのアドバイスがよく理解できたそうです。

 

それから1年が経ち、

N先生は新設されるセンターの責任者を務める事が決まり、

気を引き締めながらも充実した毎日を過ごしておられます。

 

自分があんなに落ち込んで、

自暴自棄に陥っていた時に

キャリアプランを共に考えてくれたお陰で

こんなに良い方向に進む事ができました。

 

人生の転機

やはりキャリアプランは我が身を救いますね…と

笑顔で語るN先生でした。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー