ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

1度転職を失敗したから慎重になり過ぎて…。

(公開: 2019年09月23日)

 

今お勤めの職場の在籍期間が半年のX先生。

ご自身でも3~4年は勤めようと考えていたそうですが、

残念ながら想定していたようには行かなかったようです。

 

医師転職失敗

 

自治体病院でハードに働いていたX先生。

こちらでは5年以上勤めており、

もう少しゆったり働きたいと考えていたそうです。

 

そこでネット上でよく見掛けるエージェントを通して

あるクリニックを紹介してもらいました。

 

こちらは常時5診体制であり、

患者数は大変多く、

勤務中は忙しそうだけども

当然当直からは解放されるし、

しかも給与がアップする事もあり、

X先生はこちらに入職する事を決めました。

 

最初の頃は

心身ともにだいぶ楽になり、

おまけに収入は増えたものですから

大満足の転職だったそうです。

 

しかしある日、院長に呼ばれて…

「X先生、もっと診療スピードを上げてもらえないかな?

 他の先生はみな70~80名、

 多い先生は100名近く診てるんだよ。

 それとね、検査を増やして欲しいんだよね。

 クリニックも慈善事業じゃないんだから

 しっかり売上を確保してくれないと

 X先生の給料を下げなくちゃいけなくなるよ。」

 

確かに自分の診察スピードは

それほど早くはないかもしれない。

でも50~60名は診てるんだけどな。

検査だって必要な時は出している。

必要のない患者さんも検査に出せって事なの?

 

納得できない点はあるものの

まだ入職して2カ月くらいだし、

その時はわかりましたと受け入れました。

 

しかし数週間後、

「X先生さ、検査を増やせって

 こないだ話したでしょ。

 全然増えてないじゃん。

 診察も数名増えただけだよ。」

と再度の忠告…。

 

ああ、このクリニックは

とにかく患者を多く診て、

検査をバンバン出すのが流儀なのね。

 

患者を丁寧に診るとか、

患者さんに必要な医療を提供するとか、

こういう事はどうでもいいのね…。

だから給料が高いのね…。

 

そう思い始めると

ここで働いている事が恥ずかしくなってきて

早く次の職場を見つけなきゃ…と

再度の転職活動を始めたのです。

 

ところが何がやりたいとか、

こういう医師になりたいとか、

あまり考えてこなかったX先生。

 

今度は以前とは違うエージェントにお願いしたのですが、

同じようにWEBで宣伝広告をしている会社でしたので、

前回と同じようなクリニックばかりを案内されます。

 

どこも似たような感じなので

X先生は今回と同じようだったらどうしよう…と

なかなか決められない状態です。

 

とは言えこのまま今のところに長くはいたくない。

でも次が決まらない。決められない。

悩みは深まるばかりのX先生でした…。

 

キャリアプランが必要ですね。

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット㈱ 小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット㈱ 公式facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー