ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

キャリアプランとキャリアマップ

(公開: 2019年11月22日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを実現するために

転職やクリニック開業などのシーンで支え続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

当ブログでも時々ご紹介していますが、

〇〇キャリアとか、キャリア〇〇とか、

キャリアに関する新しい概念は

次から次へと出てきていますね。

 

今回はキャリアマップについて考えます。

 

本日のブログのタイトルは、

【 キャリアプランとキャリアマップ 】

といたしました。

 

キャリアプランとキャリアマップ

 

「キャリアマップ」って何?

キャリアマップ…。

要はキャリアの地図という事でしょうか?

 

私はキャリアを考える際には、

時間軸、空間軸、人間軸で考えるのが

最善と考えておりますので、

キャリアマップは空間軸に該当すると思われます。

 

どこで?

キャリアを積み上げていくのかも

キャリアプランを構築する為には

軽視できるものではありませんよね。

 

ましてライフプランをベースにした

キャリアプランという観点からは

ご家族の事も踏まえながら

どこで?

働くかも検討材料として

とても重要であると思います。

 

ちなみに厚生労働省は、

キャリアマップを下記のように定義しています。

 

厚生労働省「キャリアマップについて」

 

キャリアマップとは、

職業能力評価基準で設定されているレベル1~4をもとに、

該当業種の代表的な職種における

能力開発の標準的な道筋を示したものです。

 

キャリアマップでは、

[1]キャリアの道筋と

[2]各レベルの習熟の目安となる標準年数が

    一目で分かるようになっています。

 

キャリアマップは、

従業員に対してキャリア形成の道筋を示すことによって、

将来のキャリアに関する目標意識を高め、

その実現に向けた具体的な行動を促すとともに、

上司と部下との間のキャリア形成についての

コミュニケーションを活性化することで、

効率的・効果的な技術・技能の習得を実現すること、

つまり企業における「人材育成」への活用を

主たる目的としています。

 

こちらは私が考えるキャリアマップとは

ちょっと意味合いが違いますね。

 

そりゃ厚生労働省さんのおっしゃる事の方が

正しいっちゃ正しいのでしょうけど、

どちらかというとこれはキャリアルートとか、

キャリアパスではないかと思います。

 

あくまでも私はキャリアマップは

空間軸というように捉えた方が

わかりやすく、有効ではないかと考えます。

 

キャリアプランを中心としたキャリアマップ?

将来設計を考える際には

まずは時間軸を明らかにするのが良いです。

 

30歳にはこうなる。

40歳ではこうなる。

50歳になったこうありたい。

 

何も厳密に難しく考えるのではなく

大まかなラフなプランで構いません。

 

そこを出発点にして

キャリアプランを具体的に考えて

厳密化すれば良いだけです。

 

その具体策を考える際に

キャリアマップも合わせて考慮すると

人生設計もより良いものになると思われます。

 

医師の場合は

特に若手の頃は

わりと日本全国で動かれる方が多いですね。

 

北海道や沖縄などにも

教育に秀でた名門病院がありますし、

地方で活躍する著名な先生の下で勉強したいなどもあり、

そもそものキャリアマップは

一般の方と比較して広めだと思います。

 

そしてある程度の経験を積んだ後に、

地元に帰ったり、

都心部に戻ったり、

結婚して配偶者の地元に行ったり、

様々な選択肢の中で次のキャリアマップを選びますね。

 

以前、私が転職相談を受けた先生は

日本全国どこでもOK、

ただ寒い地域よりは暖かい地域の方が良いと

とても幅広いエリアでお考えでしたが、

さすがにこれでは困ります(笑)。

 

やはりご縁の問題もありますので、

キャリアプランを前提とした

キャリアマップも持ち合わせた方がいいですね。

 

肝心なのは今より少し良くすること!

キャリアに関しては

私は中長期的な視点が必要である、

そして自分らしいオリジナリティが大事ですと

当ブログなどを通してお話ししています。

 

ですからある種の到達点、

取りあえずのゴールを設定して

そこに向けたキャリアプランを構築するのが

最適です。

 

しかし中長期的な視点だけでは不足であり、

短期的な視点も併せ持たねばなりませんね。

 

その際にはこのキャリアマップ、

つまりゴールに向けた方向性を定めて

どこで?経験値を高めるか?という発想が

必要になってくると考えます。

 

ただキャリアって

何もかも思い通りに行くものではありません。

 

不測の事態だって起こり得ますし、

自分の理想通りに固執し過ぎると

逆に自分を縛り付けてしまい

想定外の方向に行く事だってあり得ます。

 

大事なのは、

「今よりも少し良くしていく」と

いう事ではないでしょうか?

 

キャリアプランってその連続ですよね。

 

仕事人生って長いです。

焦らず、騒がず、1歩ずつ、

少しずつ良くしていくという考え方は

持っておいて損のないものだと思います。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー