ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

その転職の目的は何でしょうか?

(公開: 2019年12月20日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを実現するために

転職やクリニック開業などのシーンで支え続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

手段と目的を混同するな!と

キャリアシーンではよく言われます。

 

転職はあくまでも手段であって

その奥には明確な目的があるべきですよね。

 

本日のブログのタイトルは、

その転職の目的は何でしょうか? 】 といたします。

 

医師転職目的

 

なぜ転職したいのかを明らかにしましょう!

転職って別に必ずしなければならないものではありません。

する必要がないなら一向に検討しなくて良いと思います。

 

ところが時代の変化が激しくなっている昨今では、

環境や待遇が一新し、

このままではいかんともしがたい状況に

追い込まれるケースもあり得ます。

 

つまり転職をしないと決めつける事は

そのまま自分にリスクを背負わせる事に繋がり、

もしかしたらいつかは転職するかもと決める事は

そのまま自分に柔軟な職業人生を与えてくれます。

 

つまり私は自分の職業人生をより良くする為に

転職という選択肢は持っておいた方が無難だと考えています。

 

まあその結果として

転職する必要がなければそれでいいですからね。

 

ただ何らかの事態があって

致し方なく転職を検討し始める事が出てきた際に

ネガティブな転職理由だけでは

受け入れ医療機関側も躊躇すると思います。

 

当然、病院の経営陣がどうのとか、

待遇があまりにも…とか、

働き方が過重労働になっているとか、

そういう事がきっかけにはなると思うんですよ。

 

でもそれだけでなく、

ポジティブな理由が欲しいですよね。

 

これがやりたい。

こうしたい。

こうなりたい。

 

これらを準備しておくのがキャリアプランであり、

いざという時の備えとなりますね。

 

転職はできるだけポジティブにすべきです。

退職はネガティブでもしょうがありませんが、

転職は目的意識を持って

こうなった以上は

これを実現したい!という心構えが欲しいですね。

 

逃げの転職から攻めの転職へ。

ハード過ぎる…。

その割には給料が報われていない。

土日祝も呼び出しが多い…。

たまの休みもバイト三昧。

妻にも子供との時間を作って欲しいと言われる。

上司や先輩からはパワハラまがいの言動を受ける。

 

もうやってられるか…というお気持ちはわかります。

 

でも転職活動の中で

なぜ退職するのですか?とか、

今回の転職理由は何ですか?と

問われた時にこういった理由を述べるのは

得策ではありません。

 

退職理由はネガティブでOKです。

でも転職理由はポジティブにしましょう。

 

だからこそ辞める事を考え始めた時、

次の職場を考え始めた時には

いきなり求人を選んだりするのではなく、

まず自分のやりたい事、目指す道をじっくり考え、

現段階のキャリアプランを構築した上で

転職活動をスタートしましょう。

 

逃げの転職だっていいんです。

そこからキャリアプランを組み立てる中で

どれだけポジティブな転職に迎えるか?

ここが最大のポイントです。

 

キャリアプランを起動させましょう!

私は〇〇がやりたいから貴院を受けました。

貴院では〇〇を中心とした診療がしたいです。

将来的には〇〇な医師として貢献する事を目指しています。

 

もし医療機関の面接で

このような発言を具体性を持ってされるなら

ほぼ間違いなく内定が出るでしょうし、

オファーされる条件もより良いものとなると思います。

 

ただし求人主導型の転職は除きます。

あくまでもキャリアプラン主導型の転職をする場合です。

 

私は転職を考え始めて

いきなり求人を探し始める事をおススメしません。

 

最初から高条件の求人には

その多くに裏事情があり、

入職してから後悔するケースも少なくありません。

 

またその高条件は誰に対しても同じであり、

先生だからこそではないんですね。

 

であるならば転職を考え始めた際には

まずは自らのキャリアプランをしっかりと持って、

プランに沿った転職活動をする事をおススメします。

 

そのキャリアプランを医療機関側が好ましく思えば

オファーの内容はグッと良くなります。

しかもこれは先生だけのオリジナルな提案です。

 

こういうものこそ私は価値があると思うのです。

どこにでもある求人ではなく、

先生独自のドクター人生に対して

高条件をオファーしてくれる。

 

こういう転職こそが

医師には最適だと考えております。

 

多くのエージェントが求人紹介しかしておりません。

それはなぜか?

エージェントが楽だからです。

 

それでも求人主導の買い手市場にマッチした

転職活動をされますか?

 

売り手市場は医師主導、

医師のキャリアプラン主導型の転職活動が相応しいです。

 

手段と目的を混同せずに

是非とも多くの先生方に転職を成功させて欲しいです。

つまり転職を失敗して頂きたくないです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー