ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

がんで転職、4割非正規に…。

(公開: 2016年04月18日)

 

おはようございます。

 

医師の転職・開業相談を寄り添うように

引き受けるからこそ医療の勉強が欠かせない

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

先日気になるニュースがありましたので

抜粋してご紹介致します。

 

がんで転職、4割非正規に 民間調査

 

正社員の時にがんになり転職した人の43.8%が

パートや派遣などの非正規社員になっていたとの

調査結果を、三菱UFJリサーチ&コンサルティ

ングがまとめた。

 

調査担当者は「転職者の半数近くが非正規に転じ

ている点は重い。同じ職場で働き続けられるよう、

周囲の理解や環境整備が不可欠だ」としている。

 

調査は昨年8月、正社員として働いている時に

がんになり、現在も仕事をしている65歳以下の

男女にインターネットで実施。

計978人が回答した。

 

がんになった後に転職した人は14.0%。

転職先で正社員だった人は56.2%、非正規社員は

43.8%だった。

 

転職せずに同じ会社で働き続けている人は86.0%。

同じ職場で働き続けられた理由(同)は、

「上司の理解・協力」が46.4%と最多。

「同僚の理解・協力」が32.7%と続き、

周囲の理解を挙げる人が多かった。

 

治療と仕事の両立で困ったこと(同)を全員に聞くと

「再発不安」が27.2%と最も多かった。

「治療や通院目的の休暇が取りづらい」が17.0%、

「休職などに伴う収入減」が16.9%と続いた。

 

 

よ~く読むとわかるのですが、

がんで転職をした人の4割が非正規として

働かざるを得なくなったというタイトルなのですが、

なんとがんで転職をした人の56%は

正社員であり、非正規より多いのです。

 

またがんになってしまったから転職せざるを

得なくなったようにもこの記事は受け取れるのですが、

転職せずに同じ会社で働き続けている人は

何と86%もいる訳です。

 

がんになったから…

非正規にならざるを得ず、

なんと可愛そうな…

こんな日本社会でいいのだろうか…なんていう

組み立て方の記事なのですが、

もうまったく意図的に改竄しているとしか

言いようがありません。

 

もちろん万事OKと言えるような社会では

ないですが、こうして無理にミスリードしようと

しているのは、大いに疑問を感じます。

 

がんになって転職した人は14%。

しなかった人は86%。

 

転職をした人の中で正社員は56%。

非正規の方は43%。

 

それ以上でも以下でもありません。

真っ直ぐに受け止めて、

さあもっと良い社会にする為にどうしようか?と

考えるべきであって、

非正規で働く方を貶めるような

がん患者を惑わせるような、

こんな記事は信用してはいけませんね。

 

ニュースはタイトルだけで判断せずに、

しっかり本文を読み込まねばならないなあと

痛感しました。

 

メディアは大本営発表の頃から変わりませんね…。

 

 

正直このタイトルを見た時には、

がんになってしまったら

非正規でしか働けなくなるんだな…

というような事が書いてあると

想像してしまいました。

 

そして本文を読んで頭の中に?????と

クエスチョンマークが

いくつも湧き出てきました。

 

事実と真実はこうして乖離してしまうんだなあと

怖さを感じる記事でした。

元ネタはこちら

 

それでは、また…。

 

 

いつかの為の転職・開業相談はこちらから!

転職・開業を失敗しない為のノウハウを提供します。

医師、看護師の転職をオーダーメードでご支援します。

 

開業・転職 お悩み相談無料です!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット㈱ ホームページです!(公式)

転職情報はこちら! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

転職・開業情報 医師のための失敗事例サイト

絶賛更新中! twitter

絶賛交流中! facebook

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ