1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師や看護師の職場環境を良くしたい!

BLOG

ブログ

医師転職

医師や看護師の職場環境を良くしたい!

医師転職ジーネット

 

おはようございます。

 

医師の転職、クリニックの開業を

公共心を持ってご支援する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

昨年は働き方改革が促進の兆しを見せて

医療従事者の長時間労働も問題視されましたね。

今年は医療現場がさらに良い環境になる事を祈るとともに、

私どもも何らしかの形で後押しできるように頑張ります。

 

という事で本日のブログのタイトルは、

『医師や看護師の職場環境を良くしたい!』としました。

医師転職ジーネット

 

 

医師の職場環境の実態?

私どもの主業務は転職と開業です。

医師の職場環境を良くするために何ができるんだろう?と

考えた場合にはやはり転職支援でしょうね…。

 

今まで多くの先生方のお話しを伺ってきて、

う~ん、その職場はブラックと言わざるを得ないなあ…と

思う事もしばしばでしたし、

そもそも我が国の医療現場は極端な事を言うと

医療従事者の踏ん張りを前提としている部分も無きにしも非ず。

 

長年に渡り厚生労働省は医師不足を認めるどころか、

医師は余る、偏在が問題であると言ってきた訳です。

最近になってようやく医学部定員を増やしたり、

新設医学部を認可したりしたけど、

医師不足を認めた訳ではありませんね~。

官僚のロジックってある意味すごいです。

真似しようとは思わないけど(苦笑)。

 

そして医療従事者自身の中でも、

医師不足を叫ぶ方もいれば、

不足ではなく偏在と言う方もいらっしゃいます。

 

まして最近は臨床現場ではなく、

研究や教育でもなく、

医系技官や産業医でもなく、

ビジネスや政治の現場で活躍する医師も増えています。

 

これでは臨床現場で働く医師は

益々疲弊してしまうのではないかと心配になります。

 

個人的には医療は国の根幹だと思いますし、

医療従事者は国民の宝だと思ってます。

 

しかしモンスターペイシェントの存在や

義務は果たさず権利ばかり主張するクレーマーの存在など

決して医療を大事に思う人ばかりではありません…。

これがまた医療現場を疲弊させている訳ですね。

 

私たち1人1人がもっと医療を大切にしないと

いずれ自分の首を自分で絞める事になるのではないかと

恐ろしく思う時があります…。

 

悪い職場環境には紹介しません!

様々な医療現場を見て、

多くの医師や看護師から生の声を聞き、

私は上記のような思いを持っている訳ですが、

では医療現場の職場環境を良くする為に何ができるか?と

自分自身に問うと…。

 

まあ正直特別な何かができる訳ではありません。

しいて言うならば転職先を紹介する際に、

職場環境が悪い医療機関には紹介しないって事くらいでしょうか。

 

大手をはじめとした求人主導型の転職支援をする会社は、

人海戦術で求人を多く集め、

なりふり構わず求人を打診し続けるしか脳がありませんので、

職場環境なんてお構いなしです。

 

ですが我々が案内する求人は、

実際に足を運び、キーマンから直接話しを聞き、

その上で自分の目で医療現場や

働く人たちの表情をチェックして、

これだ!と思うところをご案内していますので、

精度が明らかに違います。

 

売り手市場の医師の転職マーケットですから

完全に医師側、求職者側に立つという方針で

医療従事者ベッタリのスタンスを貫き通す私どもにとっては、

職場環境の良くない医療機関は紹介に値しないのです。

 

それが求人主導型の紹介会社と違う所ですね。

彼らは現場に足を運んでいない事も多く、

求人をくれる医療機関ベッタリですから

例え職場環境が悪くても医師に打診するんですよね…。

いやそれどころか職場環境がいいのか悪いのかすら

把握していないケースが大半です。

どうなんですかね~…。

 

仕事はハード、職場はソフト!

そうは言っても命の掛かる医療現場…。

楽な職場なんてそうはありません。

 

私は仕事はハードでも

職場環境がソフトであれば良いと思います。

 

医療機関や経営陣の方針がソフトであり、

頑張りを認め、報いる体制を作り、

医療従事者をバックアップする人材を手厚く配置し、

ハードな仕事をソフト面で支えようとする姿勢を持つ医療機関。

こういう所を常に探しています。

 

楽な仕事なんてそうはありません。

でもハードな仕事に対して

充実感を感じてもらえるように、

頑張って良かったと思ってもらえるように、

そういう取り組みを進める医療機関が好きです。

 

宝である医療従事者を

医療機関がバックアップし

国の根幹である国民の健康に寄与する。

そんな展開を作るべく

日々精進してまいります。

 

それでは、また…。

 

<医師の仕事について書いた過去記事もご覧下さい!>

ライフステージが変化した後も今の病院で働き続けたいか?

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントのブログサイト

医師の転職・開業 失敗事例集サイト

ジーネット公式 follow me twitter

ジーネット公式 facebookページ

 

転職・開業のお問合せはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事