1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 求人サイトやメールマガジンで送られてくる医師の求人の価値とは?ほぼゼロです…。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

求人サイトやメールマガジンで送られてくる医師の求人の価値とは?ほぼゼロです…。

医師求人失敗 医師転職失敗 医師メールマガジン 医師求人情報不足 医師求人騙された 医師求人選び 医師求人探し 医師求人翻弄 医師騙しの求人 非公開求人のウソ ジーネット株式会社

今回はある先生からの質問に回答します。

「自分は今すぐに転職をするつもりはないが、
いずれする可能性はあるという状況です。
その為に情報収集だけはしておこうと思い、
いくつかの求人サイトに登録して
時々送られてきた求人案内メールには
目を通しているのだけど
果たしてこれに意味はあるのでしょうか?」

率直に申し上げてしまうと
あまり意味はないと思います。

実際にあるのであれば
こういった質問は来ない訳ですね。

おそらく質問した先生ご自身も
これは意味がないかもしれない…と感じているから
質問をされたのでしょう。

例えばプロフェッショナルとして
ここは本当におススメだ!というケースなら
その1件の求人を
できるだけ詳しく説明すると思います。

しかしメルマガなどで送られてくるものは
大抵が10件、20件と
まるで雨あられのように量勝負なんですよね。

自ずと1件1件の内容は薄く
その大半が病院概要と基本的な募集要項しか
記載されていないと思われます。

これを何件チェックしても
ほとんど意味はないでしょう。

もしこの中から選んだとしても
見学に行ってみたらガッカリとか、
条件提示を受けたら
あれ?掲載情報と違うとか、
あまり上手く進まない事が多いでしょう。

求人サイトや
こうしたメルマガに掲載される求人は、
あくまでも一般的な情報です。

必要な求人情報とは、
自分にオファーする情報、
つまり個別具体的な情報な訳です。

そうでない情報は
話しが進むと変わっていくものと
考えておいた方が良いですね。

突き詰めると求人とは
自分に合うかどうかであり、
一般的な内容に価値はありません。

年収1000万円~2000万円と書かれている求人で
自分はどの水準なのか?なんて判断できませんよね。

ましてその医療機関の募集科目が、
一般内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、
外科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、眼科、皮膚科と
書かれていた場合には、
優秀な消化器内科の先生だったとして
果たしていくらくらいでオファーされるものなのか…。

週5日が基準なのか?
週4.5日なのか?
週4日なのか?

当直は月に何回くらいなのか?
オンコールはどうなのか?

ここらの希望によって
条件などいくらでも変わります。

しかもエージェント経由だとすると
その会社の担当者次第で
全く違う条件になってしまう事でしょう。
まさに求人に翻弄されるという状態ですね。

以前に面白い事例がありました。

弊社ともう1社のエージェントから
同じ医療機関の求人が案内されたそうです。

ところがその内容が食い違っている…と。

もう1社の方から来た内容の方が条件が悪く、
弊社の方が格段に良かったのだそうです。

これは合っているのか?
もちろん合っています。

私どもはファーストアプローチの段階から
医療機関側と交渉しますので、
他社さんより良い条件を勝ち得たのでしょう。

医師求人失敗 医師転職失敗 医師メールマガジン 医師求人情報不足 医師求人騙された 医師求人選び 医師求人探し 医師求人翻弄 医師騙しの求人 非公開求人のウソ ジーネット株式会社

何万件もの求人があろうが
その先生にとって具体的でないなら
その求人には価値がありません。

求人は量ではなく、質です。

こんな回答を冒頭の先生にはいたしました。
納得しましたとの事でした。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事