1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医師にも来るのか?キャリアショック!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医師にも来るのか?キャリアショック!

キャリアショック

 

おはようございます。

医師のより良い未来の為に
キャリアプランで転職やクリニック開業を成功に導く
ジーネット株式会社の小野勝広です。

キャリアに関する用語って
造語も含めて次から次へと出てきますね。

できるだけキャッチアップしてまいりますが、
医師の皆さんの参考になりそうなものは
随時、ご紹介してまいります。

本日のブログのタイトルは、
【 医師にも来るのか?キャリアショック! 】
といたしました。

キャリアショック

大企業で早期退職制度が続出している背景?

相変わらず新聞紙上では
〇〇社が1000名の早期退職制度を実施…など
え!?あんな大手企業が?とか、
1000人ってスゲーな…というニュースが時々ありますね。

これらの企業が業績が悪化していて
青色吐息だって言うならまだわかりますが、
なかには業績が絶好調で
売上も利益も内部留保もたっぷりある会社が
近未来に備えて早期退職制度を実行しているんですよね。

割増退職金を出して、
一時的に多額の費用が掛かっても
実施する理由ってのが
やはり気になります…。

いろいろ理屈を捏ねる事はできますが、
ハッキリ言っちゃうと
「これからの未来に活躍できない人は要りません」
「変化に対応できない人は今のうちに去って下さい」

こういう事なんですよね。

まあ企業側にも、
え!君には残って欲しいんだけど…という
エース級の人材に去られてしまうリスクがあるのですが、
そのリスクを取ってでも
早期退職を促すメリットがあるという事です。

売り手市場になり採用は苦戦、
これから益々労働人口が減少していくのに
人減らしをしていく企業。

辞める人たちの受け皿があればいいですが、
果たしてどうなのでしょうね…。

良い大学を出て、
立派な会社に入ったのに…。

人生って思いもよらない事が起こるものです。
まさに想定外…。

果たして今後は医療業界でも
このような事が起こるのでしょうか?

キャリアショックとは?

キャリアショック…。

自分が積み重ねてきたキャリア、
思い描いてきたキャリアの将来像
想定外の環境や状況の変化によって
瓦解してしまう事を言うそうです。

慶応義塾大学の高橋俊介教授が
著書の中で提唱した概念なのだそうです。

当ブログでも
先行き不透明な時代…などとよく述べてますが、
ホントこれからの未来は一寸先は闇…。

過去からの踏襲で生きてしまうと
一新した常識がキャリアを洗い流してしまうのでしょうね…。

変化の激しい時代、
進化の著しい時代、
私たちにどんな災難が襲い掛かるかわかりません。

まさにサバイバルな時代な訳ですから、
こういった危機をも含んだ将来設計が必要ですね。

大きな変化が起これば
波に飲まれてしまうのは
個人としては致し方ない面もあります。

今までの積み重ねが白紙になった時に
いったい自分に何ができるのか?
生活の糧を得る事はできるのか?

不安に思うのは当然ですが、
ネガティブに受け止めるだけでなく、
いかにしてこういう時代を乗り越えるのかも考えて
備えておかねばなりませんね…。

キャリアショックを乗り越えるキャリアプラン!

キャリアショックが起きても
おそらく重要なまま残るものは何か?

私は…
① 事業創造力
② チームビルディング力
③ コミュニケーション力
の3つが特に重要と考えておるのですが、
これは勤務医から開業医に変わる為にも
必須のスキルではないかと考えています。

しみじみ思うのは、
今までは専門家である事だけで
充分に社会的な価値が付与され
それに伴う待遇が手に入った訳ですが、
今後はそういう訳には行かなくなるのではないでしょうか。

専門性+アルファ。

このプラスアルファの領域は
データ化できるものではなく、
総合力というか、人間力というか、
かなり高度なスキルかと思います。

よって短期的に習得できるものではなく、
中長期的なプランをベースにして
数年計画で手に入れるべきだと思うのです。

その為のキャリアプラン…。

今までは専門家になる為のキャリアプランがあれば
それで充分な時代でした。

しかしパラレルキャリア的に
これからは複合的なスキルを身に付けていかねばなりません。

それこそキャリアショックが
いつ目の前に現れても
いよいよ来たか…
ではBプランを起動させるかな?くらいの
心の余裕と複数のキャリアプランが必要なのですね。

う~ん、厄介な時代が来ましたね…。
過渡期というか、変革期というか。

本当にキャリアリテラシーが必要だなと
つくづく思うんですよね。

マネーリテラシーとか、
医療リテラシーとか、
そういうものと同じです。

キャリアに関して、
情報収集して、分析して、見極めていく力。

これからの時代は
キャリアショックが来る可能性が高いんです。
だからそれに備えたキャリアプランを持ちましょう。

こういう考え方も
キャリアリテラシーと言えますね。

医師のキャリアの専門家として
これからもキャリアリテラシーについての
情報発信は続けてまいりますが、
そのベースとなるライフデザインも
私自身じっくりと考えつつ、
得た事例やノウハウも披露してまいります。

それでは、また…。

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事