1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. レア求人、非公開求人、先生だけの特別な求人という「嘘」

BLOG

ブログ

医師転職

レア求人、非公開求人、先生だけの特別な求人という「嘘」

医師レア求人非公開求人特別求人

おはようございます。

医師のキャリアプランを軸にして

転職、クリニック開業をサポートする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

これから益々私たちの働き方は変わっていきます。

おそらくこの流れは加速こそすれ

止まる事はないように思われます。

本日のブログのタイトルは、

【 レア求人、非公開求人、先生だけの特別な求人という「嘘」 】

といたしました。

医師レア求人非公開求人特別求人

医師の転職マーケットの構図

再三申し上げておりますが、

医師の転職マーケットは

求人(医療機関) > 求職者(医師)となっています。

多少の地域性や診療科目の有利不利はありますが、

大枠では売り手市場と言って良いでしょう。

医師を採用したい医療機関の方が多いという事ですね。

ただこの先5年くらいはそう変わらないと思いますが、

10年、20年というスパンで考えると

変化は訪れるかもしれないと考えています。

少し前までは医局人事で動いていれば

引退するまで医局が守ってくれた時代がありましたし、

まだしばらくは医師というだけで

それなりの高給を得る事は可能と思われます。

ただこれも何度も申し上げていますが、

今の年収や次の年収を上げる事に精一杯になるのではなく

生涯年収をどうやって稼ぐか?という観点を持って

中長期的かつオリジナルなキャリアプランを持っておかないと

思わぬ落とし穴にハマる事も出てくるかもしれません。

それが学位や専門医の有無なのか、

診療科目やその経験の深さ、広さなのか、

転職回数なのか、

臨床経験の多寡なのか、

様々な論点はあると思いますが、

未来の事を気にし過ぎても

絵に描いた餅になりますから

やはり自分らしいキャリアプランを持って

着実な経験値アップをしておくのが

最善ではないかと思ってます。

実際に医療機関の面接に同行していて思うのは、

意外と求められるのは人物面であるという事です。

もちろんベースとなる技術、経験は重要ですが、

チームで働ける先生か?

患者さんやスタッフと良好な関係を築けるか?

ルールを守ってくれるか?

権利ばかりを主張し過ぎないか?

やりがいを持って診療してくれるか?

この辺りをすごく気にしているのを感じます。

求人に騙されてはいけない!

売り手市場ですから、

採用側の医療機関よりも

転職する側の医師の方が圧倒的に有利です。

それは普通に考えればご理解いただけると思います。

それなのに、医師の方が有利なのに、

なぜ「求人」に翻弄されてしまうのでしょうか?

だって売り手市場なんですよ。

医師の方が有利なんですよ。

それなのに医療機関側の都合の良い事しか書かれていない

求人を中心に考えてしまうのか?

これはあまりにも

もったいないです。

求人サイトやエージェントが

やたら求人を前面に押し出していたから

何となく「求人」が大事なんだ…と思われたのでしょうが、

いえいえそうではありません。

求人よりも医師の方に価値があるのが

売り手市場なのです。

だいたい求人推しをしてきた

求人サイトやエージェントが

結果を残せていないどころか

クレームやトラブルが連発しています。

そりゃそうですよ。

求人に医師の希望を合わせているのですから。

そもそもその求人は

どの医師にも同じ内容で出す訳じゃないですか。

それで医師が満足できる訳がない。

医師向けに

医師の思いや希望に合わせて

ゼロから求人を作り上げなきゃならんのです。

そんな事してるエージェントはうちだけです。

他では全く聞かないです。

それはなぜか?

① 難易度が上がるので経験の浅い社員ではできない。

② 時間と手間が掛かる。

③ 費用対効果が悪い。

要は自社都合なんですね。

うちは事業の設計自体が

求人よりも医師を大切にする形なので

これが自然なのです。

最近ですね、

〇万件の求人があります!とか、

求人の量を必死に宣伝広告していたエージェントが

訴える内容を変えてきました。

レア求人!

非公開求人!

あなただけの特別な求人!

一刀両断しますけど「嘘」ですから。

彼らのスタイルでこれらはできません。

普通の求人をそう言ってるだけです。

無理なんですよ。

売り手市場で求人だけで商売するなんて

明らかに無理があるんです。

そもそも虚偽なんですから。

楽して求人だけで商売したいから

何とか求人に価値を持たせようと

策を巡らせているだけです。

エージェント業を17年やってきて、

何年もトップセールスになってきて、

管理職、経営者をやってきた私が明言します。

転職には、

求人よりも大事なものがあって、

それを中心に転職しないと

「運」によっては大失敗をするんですよ。

せっかく新天地で輝こうと思っていたのに

転職失敗なんて目も当てられないですよね…。

医師の転職を健全化しないと医療業界に悪影響が出る!

当直なしの求人あります!

高年収の求人あります!

こんな宣伝広告は許し難い

私は言い続けてきました。

医師を惑わせるだけですし、

当直をしてくれる医師が足りなくなったら

こういう宣伝をした会社は責任が取れるのか?

そりゃ様々な事情で

当直なしを選ばざるを得ない医師は

少なからずいらっしゃるとは思います。

しかし自社の儲けの為に、

医師の気を惹く為に、

これはマズいと思わんのかね?

私なら国民を代表して、

何とかお願いできませんか?と

頭を下げるところです。

医師以外の人にはできないんだし、

むしろ当直手当の増額を医療機関と交渉するのが

エージェントの仕事じゃないのか?

週に1回は無理でも、

月に1~2回ならお願いできるかもしれない。

ただし報酬に上乗せをしてもらえば

まだ可能性は広がってきますよね。

これが社会にとって有用なエージェントではないでしょうか。

それでもできない先生がいるのは百も承知なので

もちろん無理強いはしませんけど。

そんでもって今度は、

レア求人多数あります!

非公開求人多数あります!

先生だけの特別求人あります!ってか。

どこまで医療業界をぶっ壊せば気が済むんじゃ!

求人だけで選ぶというのは

条件だけで選ぶというのとほとんど同義。

これで転職を失敗したドクターがどれだけいるのか?

違うでしょう。

売り手市場なんだよ。

医師が望む働き方を医療機関と一緒になって

いかにして叶えるか?を考えなきゃ。

んでもって、

医師とはキャリアプランを一緒に考えて、

中長期的にモチベーション高く働くためには?

今の年収だけじゃなくて

どんなキャリアを描けば生涯年収を上げられるのか?

そういう事を考えなきゃいかんのじゃないかね。

まあ他社さんや他のコンサルタントが何をしても

私には言う権利もないですが、

少なくとも私はごく真っ当な転職支援をする。

医師のために知恵を絞り、汗を掻くのが、

医療機関のためにもなり、

医療業界全体のためにもなる。

求人主導の誤った転職をする医師が1人でも減り、

中長期的に活き活きと活躍して頂けるように

必死こいて頑張る。

嘘には正論で戦う。

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

関連記事