1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. オペレーティングコストを下げて効率的にマッチング!?

BLOG

ブログ

医師転職

オペレーティングコストを下げて効率的にマッチング!?

 

おはようございます。

 

医師の将来をより良いものにする為に、

キャリアプランを組み立て転職や開業をお手伝いする

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私は人材紹介業に従事して

はや15年が経つんですが、

どうも「効率的なマッチング」という言葉の裏に

嘘っぽさを感じてしょうがないんですよね…。

 

本日のブログのタイトルは、

【オペレーティングコストを下げて効率的にマッチング!?】

といたしました。

 

 

誰の為に仕事をしてるんだろう?

今日のタイトルにした

「オペレーティングコストを下げて効率的にマッチング」ですが、

どこだか忘れましたが、

紹介会社の宣伝広告で見掛けたんです。

 

正直申し上げて、

この会社は頭がおかしいんじゃないのか?と

つい感じてしまいました(失礼)。

 

オペレーティングコストを下げるのも、

効率的なマッチングをするのも、

そりゃ企業としては当然の事ですから

別にいいんですよ。

 

でもそれを外部に言う?

それがお宅の売りなの?

 

求職者の方や、求人側の方から見たら、

それ…全然望んでいないですよね?

 

オペレーティングコストが高かろうが低かろうが、

マッチングが効率的だろうが非効率だろうが、

良い求人を紹介してくれ、

良い求職者を紹介してくれ、

普通そう思いませんか?

 

オペレーティングコストを下げるという事は…、

マッチングを効率化させるという事は、

システム化を進めるという事ですよね?

手間暇をできるだけ掛けないという事ですよね?

極限まで自動化を進めて、

人の手を煩わせないようにして…。

 

人件費が下がって、

費用がグッと抑えられるから

営業利益は増えるんでしょうね。

 

でもさあ、

それさあ、

誰の為に仕事してんのよ。

自社の都合だけじゃん。

 

それで本当に良い求人を紹介できるの?

本当に良い求職者を紹介できるの?

 

人材紹介業、転職支援って

そんなもんじゃないと思うんですよね。

 

まあよそ様の事はどうでもいいですし、

どうぞお好きにして下さい…ですけど、

少なくともこんな宣伝をするような会社には

私はお世話になりたくないし、

期待はできないと考えます。

 

だって顔は求職者に向かず、

求人側にも向かず、

金儲けだけしか頭にないんですもんね。

こんな輩には人を扱う仕事はしないで欲しいです。

 

弊社は真逆で行きます。

求職者に良い求人を紹介する為に、

求人側に良い求職者を紹介する為に、

現地に足を運んで、

必要があれば何度でも打合せをして、

手間暇をたっぷり掛けて、

時間もコストも許容できる範囲で充分投入して、

その上で良い転職となるようにご支援します。

 

うちは儲け過ぎない方針です。

利益は確保するけど、必要以上の利益は要りません。

 

経営者のレベルが低すぎる?

経営者って会社を、事業を、

永続的に運営するのが役割だと思ってます。

ひと言で言えば、潰さない!って事ですね。

 

利益は人間の身体に例えると

血液みたいなものだと言われる事があります。

 

確かにそういうものだと私も思うのですが、

血液がなくなったら人は死ぬとの一緒で

企業も倒産します。

 

しかし血液があり過ぎたら人間の身体はどうなるでしょうか?

利益を出し過ぎた企業がどうなるか?

過去の歴史を見れば、

決していい事ばかりではないと思うんですね。

 

真摯な仕事をして、

適正なフィーを頂戴して、

無駄なコストを省き、

頑張ってくれている社員に報いて、

永続できるくらいの利益を確保する。

 

企業経営って本来こうあるべきではないでしょうか?

 

使い切れないくらいの利益を出して内部留保したり、

上場して莫大な資金を確保して、

経営陣だけ資産家になっても大した意味はないと思うんです。

 

というか道徳的にどうなのでしょう。

社長の人格、志って

その企業の命運を左右すると思うのですが、

金儲けが上手けりゃいいってものではないはずです。

 

ビジネスって金儲けだけじゃない!

志半ばにある私ごときが何を吠えた所で

これまた全然意味がない訳ですし(苦笑)、

人様の事より自分の事をしっかりやれ!ってなもんです。

 

ただ思うんですよね…。

我が国が最も輝いていた頃…。。

高度経済成長期…。

ビジネスマン達は、

経営者達は何を考えていたのだろう?と。

 

焼け野原からの復興。

 

敗戦国という汚名を返上して、

先進国の仲間入りをする。

 

子供たち、未来にひもじい思いをさせない。

 

みんなでおいしいものを

お腹いっぱい食べられるように…。

 

安心して暮らせる社会を作ろう。

もっと便利な社会を作ろう。

 

このような事を考えて、

必死になって働いたのではないかと思うんですね。

 

私利私欲がゼロだったとは言いませんが、

公のために、国家のために…。

 

それが裕福な国になって、

バブル時代のような金まみれになって、

何か大事なことを見失ってしまったのではないかと

思えて仕方ありません。

 

そもそも仕事って

人を喜ばせるためにあると思うんです。

それが自分を喜ばせるために仕事をするようになって

社会がねじ曲がってしまったように思います。

 

私どもは国家のために、公のために、

医師のために、医療機関のために…。

 

嘘っぽい効率化などには目もくれず、

汗を掻いて、足を運んで、手間暇かけて、

人様に喜んで頂いて、

その上でボチボチ運営してまいります。

 

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい!>

ネット上で紹介会社を選ばない方がいい理由!

同じ業界と思われたくない…、無責任極まりない医療系紹介会社よ…。

こんな紹介会社は嫌だ!紹介会社選びをミスしない10のポイント!

 

<医師の人生設計にプラスになる情報サイトです!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師の為の情報収集プラットフォームIBIKENサイト

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事