1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 誰にでも同じ内容の求人に価値はありますか?

BLOG

ブログ

医師転職

誰にでも同じ内容の求人に価値はありますか?

医師求人選び方

 

おはようございます。

医師のより良い未来の為に
キャリアプランで転職やクリニック開業を成功に導く
ジーネット株式会社の小野勝広です。

自分が主導権を握るか?
求人に主導権を握られるか?

これが転職シーンにおいては
とてつもない差になって現れてきます。

本日のブログのタイトルは、
【 誰にでも同じ内容の求人に価値はありますか? 】
といたしました。

医師求人選び方

求人サイトや求人誌の価値とは?

私たちの社会には、
とても多くの求人サイト、求人誌が存在しますね。

私はこれら全体を否定するつもりはありません。
実際に私自身も学生時代には
こういった媒体を使ってバイト探しをしましたし、
初めての転職、2度めの転職までは
これらを利用しました。

ところがバイトなら良いですし、
社会人となって数年レベルなら良いと思いますけど、
私は専門職や中堅どころになると
ぶっちゃけ求人サイトや求人誌は使えないと考えています。

実際に自分の転職経験でも
その後の転職と違って
求人サイトや求人誌を使った転職は
今思えば明らかに失敗だったと思ってます。

それはなぜか?

結局、求人サイトや求人誌に掲載している求人とは、
ごくごく一般的なものであり、
自分に合うとか、
内情がわかるとか、
肝心な情報が手に入るとか、
リアルな募集背景がわかるとか、
実際に働くイメージが湧くとか、
そういう事が一切ないんですよね。

求人サイトなどは情報量を何とか増やして
少しでも良くしたいと頑張っているものはありますけど、
ハッキリ言うと限界ありますよね。

しかも情報量は掲載料と比例しますから
多額のコストを掛けないと
伝えたい事が伝えられないですし、
求人誌においてはその傾向はさらに著しいですよね。

バイトやパートや若いうちは
これでいいかもしれません。

でも超の付くほどの専門職である医師が
求人サイトや求人誌で転職するのは
ちとリスクが高いのではないかと思うのです。

一般求人とオリジナル求人の圧倒的な差とは?

キャリアを積めば積むほど、
経験値を高めれば高めるほど、
年を取れば取るほど、
家族が増えれば増えるほど、
転職は人生の一大転機になってきます。

それなのに、
誰に対しても同じ内容の求人を出していて、
しかもざっくりとした情報しか手に入れられない
求人サイトや求人誌で転職して良いですか?

これらの情報は判断できない求人内容だと思います。

判断できないから結局条件でしか見極める事ができずに、
高条件の裏にあるリスクを抱え込んで
転職して失敗してしまうケースが少なくないように思うのです。

だからエージェントを使いましょう!
エージェントは第三者として
深い求人情報を持っていますよ…なんて事は言えません。

だって多くのエージェントが持っている求人は
求人サイトや求人誌とほぼレベルが一緒だからです。

そもそも求人って
求人医療機関側が出した情報だけ出しているのですよね。
出したくない情報は当然出てないんですよね。

求人サイトだろうが、求人だろうが、
エージェント経由だろうが、
医療機関から教えてもらった情報だけを出すのが
これらの最大のデメリットです。

人生の大事な転機な訳ですから
そんな上っ面な情報で判断して
転職するのは避けた方が良いと思われませんか?

一般的などこにでもある求人じゃダメなんです。
情報が不足しているんです。
誰に対しても同じ内容ではダメなんです。

私はオリジナル求人こそが
医師の皆様には必要なんだと考えています。

オリジナル求人とは何か?

数年先はどうなるかわかりませんが、
今までも、今も、まだしばらくは、
医師の転職マーケットは売り手市場です。

売り手市場においては
求人よりも求職者に価値があります。

主導権を求職者が握る事ができます。

それなのに現状の医師の転職シーンは
なぜだか買い手市場のように
求人が主導権を握っているのです。

これはおかしくありませんか?

売り手市場ですから
求職者である医師が主導権を握るべきです。

なぜ握れないのでしょうか?
それは、
① 転職ノウハウがないから。
② キャリアプランがないから。

もうこの2点に尽きます。

これさえカバーできれば
確実に主導権を握った転職活動ができるのです。

例えるなら
プロ野球のFA宣言のようなものでしょうか?

私をどんな条件で買いますか?

ただ制度としてFA制のようなものが存在しない現状では、
これをやろうとしてもごく身近な世界でしかできませんよね。

でも売り手市場であれば、
可能性としては充分にできるのです。

転職ノウハウを持っている人と
パートナーシップを結べばいいのですね。

自分らしいキャリアプランを持てばいいのですね。

今ある求人の中から選ぶのではなく、
自分用に新しい求人を作ってもらえばいいのです。

言葉にするとごく簡単ですが、
これができる人、こういう発想を持っている人は
実は非常に少ないんですね。

誰に対しても同じ求人内容で判断するのではなく、
自分だからのオリジナル求人の方が
その内容はより具体的ですし、
YES、NOの判断は間違いなく付きやすいと思います。

医師の常勤先の転職は
今ある求人の中から選ぶのではなく、
FA宣言のように、
自分だからこそのオファーをしてくれる
オリジナル求人の方が絶対に望ましいと思いますよ。

それでは、また…。

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事