1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. 困った時に相談できる人はいますか?

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

困った時に相談できる人はいますか?

医師の相談相手となるコンサルタント

 

おはようございます。

医師のより良い未来の為に
キャリアプランで転職やクリニック開業を成功に導く
ジーネット株式会社の小野勝広です。

1人で悶々と考え続けていても
なかなか突破口は見えてこないと思います。

ひと筋の光って
誰かが照らしてくれるものではないでしょうか?

本日のブログのタイトルは、
【 困った時に相談できる人はいますか? 】
といたしました。

医師の相談相手となるコンサルタント

困った時に相談できる人はいますか?

弊社にご相談にいらっしゃるドクターから
「相談して良かったです。
1人で悶々と考えていても埒が明かなくて
袋小路に迷い込んでいたものですから…。」
なんて事を言われるケースがよくあります。

マザーテレサも
最大の病は孤独であると言ってましたが、
私たちは孤独をできるだけ避けた方が良いですよね。

なぜなら孤独な時に考えた事って
だいたいロクなものではないからです。

これは別に1人で考える事を否定する訳ではないのですが、
三人寄れば文殊の知恵…だと思うんですよ。

そりゃ日常生活の中で
全く孤独がない人なんていないでしょうし、
多かれ少なかれ孤独はあった方が良いとも言えますし、
1人でじっくり考える時間も必要です。

ただ人生の分岐点とか、
キャリア上の大きな転機などでは
他者の意見を聞いたり、
他者の経験を参考にするのは
自分をミスさせないコツのひとつでもあると考えます。

いわゆる情報収集ですね。
問題は相談すべき相手は誰が適切か?です。

家族や親友は適切だと思います。
心から信頼している上司、先輩、同僚、知人、友人も
相談すべき相手として適切です。

ですけど私が最も相応しいと考えるのは
「その道のプロフェッショナル」です。

法的なトラブルに巻き込まれてしまった時に、
弁護士に相談するのは普通と思います。

家族や先輩に相談するのも悪くはないですが、
やっぱりその道のプロの力が必要ですよね。

病気やケガをした時に、
医師に診てもらうのは普通ですね。
両親や同僚に相談しても
心配はしてくれても
適切な処置は期待できませんよね。
(その人たちが医師でない限り)
やっぱりその道のプロの力が必要ですよね。

困った時に相談すべき相手として
「その道のプロ」は外せないと考えます。

 

振りむけばいつもいてくれる存在

私どもはキャリアプランを中心として
医師の転職やクリニックの開業をお手伝いしています。

ですからすぐの転職や開業だけではなく、
将来的な転職や開業を含んだキャリアプランという形で
ご相談を頂く事がとても多いのです。

私どもはこういった相談を
①オーダーメードで対応し、
②寄り添い並走するスタンスで、
③私たちが持つ事例やノウハウ、
また人脈も活かしてより良いアドバイスをしています。

その結果として、
何か困った事が起きたら相談する存在、
それこそ振り向けばそこにいる相談相手として
機能し始めています。

困った時の小野さん…
そんな風にインプットしてくれている先生も
少なからずいらっしゃるのですね。

またクリニックの経営についてご相談を受ける事もあれば
病院の医師やスタッフ採用についての相談もあります。

個人としての医師、
医療機関の経営に従事する医師、
いずれからもご相談があるんです。

そして非常に興味深いと思うのは、
このようなプロセスを経て
信頼関係が出来上がった場合には、
転職、開業、経営、採用以外のご相談も
寄せられるという事なんですね。

 

ゼネラリストとして機能する意義

私自身が以前「士業」の先生方の
転職支援をしていたご縁もあり、
今でも弁護士、会計士、税理士、社会保険労務士など
人脈があるんです。

小野さんさあ、
確定申告が面倒くさくてさ、
税理士の知り合いとかいない?

ちょっとトラブルに巻き込まれてしまってね、
弁護士さんとか紹介してくれない?

うちもそろそろ就業規則を作りたいんだよね、
医療に詳しい社会保険労務士とかいない?

私どものところには、
このようなご相談を受ける事が
実は結構多いのです。

もちろんおりますので
その都度お繋ぎしています。
無料で(笑)。

その他にも…、
そろそろホームページをリニューアルしたいとか、
院内をリフォームしたいとか、
看護師(や医療事務など)の採用に協力してくれないか?とか、
野立て看板を立てたいとか、
電柱看板を増やしたいとか、
お金の相談ができる信頼できる人はいる?とか、
提示された条件が適正なのか判断してくれない?とか、
あるエージェントのこんなやり方は問題ないのか?とか、
問題のあるスタッフにどう対処したらいいかな?とか、
医療法人化の手続きはどうすればいいの?とか、
雇われ院長のリスクってどうなの?とか、
医院承継の相談に乗って欲しいとか、
分院展開を考えているのだけど…とか、
実家の医院を医療モールにしたいとか、
もう本当に実に様々なお声掛けを頂いています。

基本的にはこういった事の全てに対応できます。
もちろん提携している業者さんの力を借りる事もありますけど。

お陰様で、勤務医も、開業医も、
だいたいドクターの悩みには
それなりにお応えできるようになりました。

スペシャリストである医師を支える
ゼネラリストとして機能するというのが
私どもジーネットのミッションですから、
少しずつ理想に近づいています。

まあ私ども云々の話しは別にして、
何かあった時に気軽に相談できるプロの存在って
頼もしいと思うんです。

是非とも皆様も良い人脈を築いて下さい。

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事