1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 困った時に頼れる存在。医療コンサルタントの神髄とは?

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

困った時に頼れる存在。医療コンサルタントの神髄とは?

医療コンサルタント かかりつけ医 顧問弁護士 ゼネラリスト 困った時に相談 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師のキャリアプランの専門家、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

自己紹介って大切です。
極端な話し、
本当に相手に理解してもらおうと思えば、
形を変えて何度も何度もしてよいと思います。

という事で(笑)、
弊社の自己紹介的なブログの内容となります(笑)。

本日のブログのタイトルは、
【 困った時に頼れる存在。医療コンサルタントの神髄とは? 】
といたしました。

<目次>
1.困った時に相談できるプロ
・かかりつけ医の価値とは?
・かかりつけ医や顧問弁護士のような医療コンサルタントへの道
2.スペシャリストである医師を支えるゼネラリストとは?
・私どものミッションの理由
・後ろを気にしないで済む強さ
*まとめ

医師を守る 医師を支える 医師を羽ばたかせる 医師により良い未来を 医師キャリアプラン ジーネット株式会社

1.困った時に相談できるプロ

アメリカでは、
かかりつけ医、弁護士、転職エージェント、
この3職種は身近に近づけておき
いざという時にすぐに相談できるようにしておくと
聞いた事があります。

<参考>
かかりつけ医と弁護士と転職コンサルタント…。

おそらくアメリカでも課題はあるでしょうが、
我が国も備えとして
個人がこのような体制を整えておくことは
実はサバイバル戦略として
非常に有効ではないかと考えております。

なかには転職エージェントのかわりに
保険のコンサルタントを入れるケースもあるようですが、
私としては「仕事」の方が重要でしょ…と
ここは譲ることができません(笑)。

・かかりつけ医の価値とは?

我が国はフリーアクセスという
患者にとっては
非常に利便性の高い医療制度を取っているために、
医療現場の負担がとても重いものになってしまいました。

風邪などの軽症ですら
大学病院や総合病院を受診するなどして、
効率が悪く、
すみ分けが上手く進んでいなかったのは
誰がみても自明のことと思います。

その解決策として
日頃からかかりつけ医を持ち、
大病院に罹るには
自分の身体をよく知るかかりつけ医から
紹介を受けて行くように変えつつあります。

機能すれば、
大変理に適ったものだと思いますし、
実はこれ患者にとっても
医師にとっても、
国にとっても、
誰にとっても良い事づくめなのですね。

患者にとっては、
いつもの先生に、
自分の心身をよく知る先生に、
気軽に相談できるというのは
非常に大きなメリットがありますね。

また万が一重症のケースでも
かかりつけ医のネットワークで、
適した医療機関に紹介してもらえるのは
実によい仕組みだと思います。

ネットで調べたところで、
素人が見てもわかりませんもんね。

・かかりつけ医や顧問弁護士のような医療コンサルタントへの道

弁護士も同様です。
アメリカほどの訴訟社会ではない我が国ですが、
いつ何時、どんな事に巻き込まれるか、
いざという時に頼れる弁護士が
身近にいると安心ですね。

何かが起こってから
慌ててネットで弁護士を探すのでは、
よい結果に結びつく確率は
決して高いものとは言えません。

さて、転職エージェントです。

勘のよい方はピンときたかもしれませんが、
かかりつけ医にしても、
顧問弁護士にしても、
何かが起きてから動くのでは遅いのです。

つまりリスクが大きいのですね。
このリスクを軽減するために
かかりつけ医や顧問弁護士を準備しておく訳です。

私は転職エージェントも同じと考えています。

いざ転職と考えてから
ネットで検索してエージェント探しをするのでは
もう遅いのです。

なかなか難しいんですけど、
日常的に人生観、労働観、職業観などを共有し、
いざという時にすぐさま動ける関係づくりが
できているエージェントを近づけておくのが最善です。

またそのプロセス段階として、
何かあればいつでも相談できる人、
その相談を通じて、
信頼できるのか?
安心できるのか?と見定めていくことも
ポイントになりますね。

このようにエージェントを使っていかないと、
宣伝広告で人を集め、
人を右から左に流し、
求人紹介しかできない
低レベルなエージェントが退場しないのです。

これは社会的な大損害だと思います。
このようなエージェントなど要らず、
求人サイトで充分なのですね。

転職マーケットをより良いものにすれば、
多くの人が生きがい、やりがいを持った
職場と出会う事ができます。

これがどれだけ全体のために
メリットがあるか。

楽して求人案内だけして
自分たちだけ儲けるエージェントなんて
存在価値はないどころか、
害悪ですらあるのですね…。

医師転職 医師求人 医師キャリア 医師転職エージェント 医師転職あっせん 医師紹介会社 ジーネット株式会社

2.スペシャリストである医師を支えるゼネラリストとは?

私どもジーネット株式会社のミッションは、
スペシャリストである医師を支える
ゼネラリストとして機能すること…と掲げています。

その意図は…

・私どものミッションの理由

私は専門家に対するリスペクトの気持ちが強いです。

単に自分自身がスペシャリストではなく
ゼネラリストの傾向があるというのもありますが、
専門家が、その専門性を高め続けるためには
専門以外のことを後方支援、側面支援してくれる存在が
必要不可欠であると考えております。

病院内でも医療クラークという存在が、
医師を医師にしかできない業務に
専念してもらうために必要であるという事と同じですね。

このような姿勢をオープンにして、
堅持し続けているためか
私どもには実に多様なご相談が入ります。
もちろんどんな相談でも歓迎します。

前述したように、
この相談に対する対応こそが
本来いざという時に依頼するかどうかの
判断を見誤らないことに繋がると考えています。

これこそが私どもの宣伝広告です。

求人たくさんありまーす!とか、
非公開求人もありまーす!という
陳腐な宣伝広告をする
低レベルなエージェントとは一線を課したいのです。

選ばれるのには理由が必要です。

私たちはその理由を、
信頼感や安心感だと考えているのです。

求人は選ばれる理由になりません。
だってどこのエージェントでも
同じ求人を扱うことはできますし、
非公開求人なんて怪しさ満載ですからね。

私たちは本当の意味で
スペシャリストを支えるゼネラリストとして
機能することを目指しています。

<参考>
医師の非公開求人の裏側を探ってみる!

・後ろを気にしないで済む強さ

1人の人間に
何でもかんでもを求めるのは酷だと思います。

そんなパーフェクトな人間などいませんし、
社会とは相互扶助で成り立っているものですよね。

狩猟社会だって、
獲物を射る人だけじゃなく、
弓矢を作る人、
弓矢の材料を集める人、
獲物を運ぶ人、
獲物の皮を剥ぐ人、
調理する人、
1人2役くらいはあっても、
様々な方が役割分担していたのです。

これが農耕社会となってからは
さらに役割分担は広がり、
現代社会などは把握できないくらいに
実に多くの役割がある訳ですね。

専門家は専門家の道をどんどん歩んで頂きたいです。
他の人ができない事をするのですから、
後ろを気にせず前進した方が
社会全体のためでもありますよね。

まあサポート役が
悪質なケースなどもありますので、
人選には気を付けねばなりませんけど、
よい人がフォローしてくれるのであれば
面倒くさいことや、
他の人でもできることは任せてしまって
是非ともスペシャリストとして
羽ばたいて頂きたい…と考えております。

医療コンサルタント かかりつけ医 顧問弁護士 ゼネラリスト 困った時に相談 ジーネット株式会社

*まとめ

1人で悶々と考えていても
突破口ってなかなか拓けないものですよね。

心を許して相談できる相手。
何かあるといつでも頼れる相手。

そういう存在を持つことで
自分をさらに成長させることができるのですね。

私どもは
医師が迷ったとき、困ったとき、
悩んでいるとき、判断に迷うときに、
あ、あの人がいた…と思い出して頂ける存在を
目指しているのです。

困ったときにはジーネット。

キャリアを中心に、
転職、クリニック開業、経営、承継など
その他、〇〇な人を紹介して欲しいとか、
ちょっとした事も含めて
多角的にご相談して頂けるように
情報、ノウハウ、人脈に磨きをかけ続けています。

お気軽にどうぞ。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事