1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 最近転職エージェントの質って落ちてない?という医師の疑問

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

最近転職エージェントの質って落ちてない?という医師の疑問

医師転職エージェント 医師転職破談 医師転職失敗 医師転職断念 医師転職ご破算 医師転職タイミング 医師転職理由 医師転職間違い 医師キャリア ジーネット株式会社

おはようございます。

医師のキャリアプランを研究し続ける
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今日のタイトルは
ある医師から伺った言葉です。

最近エージェントの質って落ちてない?

残念ながら落ちてます。
なぜそんな事になるのかを
今回は考察いたします。

本日のブログのタイトルは、
【 最近転職エージェントの質って落ちてませんか?という医師の疑問 】
といたしました。

<目次>
1.嘘つきエージェントが増えている!?
・医師からの問合せをもらうためなら平気で嘘を付く!
・嘘を付いている事にすら気づいていない!
2.医療系転職エージェントの質の低さ
・医療に思いなんてない?
・金儲けがすべてというエージェント経営者
*まとめ

医師転職理由 医師転職タイミング 医師転職エージェント 医師転職サポート 医師転職支援 医師転職斡旋 医師バイト先 医師定期非常勤 医師キャリアプラン 医師ライフプラン ジーネット株式会社

1.嘘つきエージェントが増えている!?

もともと医師の転職エージェントは
職業紹介事情全体の中では、
かなりの後発組です。

つまりまだまだ歴史が浅い。

某社はすでに40年前から
医師の転職サポートをしてきました…と言いながら
実態はしてきた会社を買収しただけ。

その頃は細々とやっていた訳だし、
人員も体制もシステムも一新しているので
社歴を買っただけとも言える状況です。

こういう言い方もどうなんですかね?

どの業界もそうなんですけど
最近のビジネス界は使えるものは何でも使え、
そこに正義感など欠片もないように感じます。

・医師からの問合せをもらうためなら平気で嘘を付く!

医師の転職エージェントは
医師からの問合せがなくなったら廃業です。

だから必死で、どんな手を使ってでも、
どれだけコストが掛かろうとも、
もうあらゆる手立てを使って
医師からの問合せを集めようとしています。

ネット上のしつこい宣伝広告を見れば
よくわかりますよね(苦笑)。

それが虚偽が発生する根本的な要因です。

求人が何万件あると言っても、
それを第三者が数えた訳ではありません。

すでに充足して募集が終了している求人が多くとも、
内容が不十分で医師に紹介できる代物でなくとも、
その会社の中では件数にカウントされるのでしょう。

プロから見れば
明らかに存在しないようなダミー求人を掲載していたり、
同業他社では普通に公開されている求人を
貴重な非公開求人だとゴマかしていたり、
ごく一部の方しか適応されない高条件求人を
いかにも誰でも応募可能なように見せ掛けたり、
まあ医師からの問合せを頂くためには
レトリックなんてものではなく、
悪質な虚偽と言わざるを得ない求人を
平気で出しているのが現状です。

極めて由々しき事態であると私は考えます。

・嘘を付いている事にすら気づいていない!

そしてさらに問題であるのは、
こういったビジネスモデルが一般化されてしまい、
当たり前になっている事です。

ダミー求人で釣るというのが
ごく普通に行われているのですね。

正義感の欠如どころか、
一般的な思考能力すら喪失している状況です。

上司から、
医師の登録が少なすぎるぞ、
オイシそうなダミー求人を載せておけ!
騙されて食いついてくる医者もいるだろう!なんて
指示されて平気で実行してしまう人が多いのですよ。

これは大問題ですよね。

どこの世界にだって、
問題や課題は山積みだと思うんです。
それは医療業界だっていろいろありますもんね。

しかし医師の転職エージェント、
医療業界の転職エージェントにおいては、
あまりにも低レベルで、
悪質極まりないケースが少なくありません。

先日twitterで、
こんな高条件の求人を見つけたぞ!と
投稿している先生を見掛けましたが、
そのあり得ないくらいの条件に
私は、さて本物だろうか?
ダミー求人である可能性はないのだろうか?
実際に問合せしたら
あれやこれやと条件が付いていて
先生でしたらこれくらいですね…と
随分下がった条件で提示される可能性もあるんじゃないか、
そもそも問合せしたら
タッチの差で他の先生で決まってしまいましたと…
他にもいい求人はたくさんありますよ…とか
言い出す可能性も高いだろうな…
そんな事を考えてしまいました。

こうして騙されて失敗して後悔した先生が、
何かオイシイ求人ないかな~という転職活動ではなく、
本気で考えて、
当社にたどり着くパターンがあまりにも多いのです。

求人に翻弄されてしまうと
転職が失敗となる可能性が高まるのですね。

<参考>
医師紹介会社の騙しのテクニック!

医師転職エージェント 医師転職コンサルタント 医師紹介会社 医師転職支援 医師転職斡旋 医師キャリア 医師ガイド 医師転職サポート 医師転職失敗 医師転職成功 ジーネット株式会社

2.医療系転職エージェントの質の低さ

上記のような事を知ると、
転職エージェントなんて使うもんじゃないなあと
思われるかもしれません。

転職エージェント会社を経営している私ですら
こんな会社など使わない方がいいと思います。
でもこんな会社ばかりではないんです。

医師の問合せを自社で頂けない会社は
必死に嘘を付いてまで宣伝広告をします。

とにかくこういう会社を除外する事です。
オイシイ求人をウリにする会社は避けた方が良いです。

だって医師の求人って
オイシイものには裏事情がありリスクがありますし、
そうオイシイものではなくても
ごく普通の民間病院でも
それなりの高水準の条件ですからね。

そこは大学病院や自治体病院とは
異なる所だと思います。

・医療に思いなんてない?

今まで医師の転職エージェントをされている
経営者やコンサルタントとは
何名もお会いしてきました。

まあそんなに多くはないですけど
でも100人や200人くらいは会ってます。

正直、リスペクトできる方とは
出会った事がないです。

私は医療に来る前は、
一般的なエージェントにいましたから、
医療以外の転職エージェントにも知り合いは多いのです。

正直、リスペクトできる方はいます。
この人の志は本物だ!とか、
転職支援とはそういうものだよね!という
真摯な活動をしている方は多いです。

この違いは何でしょうか?

ひとつは「転職支援」という
仕事に対してのプライドです。

プロとして向上心を持って
徹底的にサポートします。

KPIのための数合わせとか、
右から左に求人を流すだけとか、
そんなのあり得ません。

もうひとつは「医療業界全体」
「医療従事者」に対する「思い」です。

表面上のきれいごとは言えても、
本気で、心からの「思い」があるのかどうか、
そこだと思うんですよ。

このコロナ禍で
医療従事者を応援する取り組みが
いくつかありましたよね。

これは政府や一般の方の気持ちですから、
まあこれはこれでいいと思うんです。

ただ医師の転職エージェントをしている人間は、
一般の方々と比較すれば
医療を良く知り、
医師を良く知っている訳ですよね。

それであるならば、
右から左に流す転職支援なんて
当然してちゃいけないと思うんです。

万が一会社がそういう手法を取るとしても、
自分は見えないように反発して
本当の意味で医師や医療機関を思って仕事をすべきです。

でもKPIでガチガチに管理されて、
数字で詰められてしまうので、
そんなことをしてられないんです。

もともとは人が好きで、
人のサポートをするのを使命だと考えていて、
医療業界で医師を支援することを
心の底から行いたいと思っている人たちが多いのに
それを実現するはずの
医師の転職エージェント会社に入って
絶望してしまうのです。

そして長く仕事をしていく中で
いつの間にか当初の思いを失ってしまい、
魂を悪魔に売ってしまうのです。

こうして平然と嘘を付ける人間になってしまう。
自分のやっていることが
医療業界、医師のために全くなっていない事にすら
気付かないようになるのです。

この責任はすべて経営者にあります。
経営方針が「金儲け」と「効率至上主義」になっているから
もともとは素晴らしい志を持っていた若者が
段々と毒されていくわけですね。

まともな経営者なんて
私の感覚だと1割程度ではないでしょうか?
こんなん他の業界ではないと思います。

・金儲けがすべてというエージェント経営者

企業経営とは
収益を生まねばなりません。
利益なき経営は退場を迫られます。

ただお金を失うだけの経営なんて
当然、成立しませんよね。

ですから経営者が売上を求めて、
利益を生み出そうとする事自体は
何ら問題とは思いません。

問題は「なぜ」売上を上げねばならないのか?
「どうやって」売上を上げるのか?
「いかにして」利益を生み出すのか?

ここを社員一同と共有し、
また外部に対しても発信し続けていく必要があります。

それよりも何よりも最重要なのは、
自分の会社が
この世の中でどんな価値を生み出そうとしているのか?
どんな社会貢献をしていくのか?
医療業界に何を提供し、
医師に対してどんな支えになっていくのか?
ここが問われているはずです。

全くなっておらんのですよ、
この辺りが、今の医師の転職エージェントは…。

何万件もの求人とか、
非公開求人とか、
高条件求人とか、
当直なしオンコールなしで年収アップだとか、
こんなので医師の気を惹こうとしている会社が
社会の中でまともな貢献をしようなんて
考えているはずがないのですね。
(表向きはそれっぽい事を言いますけど)

石田梅岩は、
お客さんを粗末にせずに正直に努めれば、
八割方はお客さんの満足を得ることができる。
そのうえで商売に精を出せば、
生活の心配などないのだ。
と言いました。

かつての近江商人は、
売り手よし、買い手よし、世間よし
また商売十訓の中では、
・商売は世のため、人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
・売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
・無理に売るな、客の好むものも売るな、客のためになるものを売れ
など、実に含蓄のある経営理念が残されています。

私は経営者の1人として、
世のため、人のために尽くしていれば
売上や利益は後から付いてくると考えています。

先義後利ですね。

こういう大事なものが
医師の転職エージェント業界には
決定的に欠けていると私は感じています。

お役に立てないなら、
売上が立たないなら、
利益が出ないなら、
それは「存在価値」がないという事であり、
退場しなさいという神の啓示であるというように
私は考えています。

ですから嘘を付いてまでも医師を集めようとか、
無理やり押し込んでまえ売上を立てようなんて
さらさら考えていません。

自分たちのやっていることが
世のため、人のためにならないなら
自ら身を引くぐらいの確固たる姿勢が
経営者には求められるのではないでしょうか?

ま、私ごとき
そんな偉そうな事を言える身分ではありませんから、
とにかく我が身を振り返りつつ
どこに出ても、
誰に対しても、
同じことを言い続けられる自分でありたいですね。

こうして正々堂々と自分の考えを述べ、
社員にも私の考えを常に伝え続け、
ジーネットという会社は
他の医師の転職エージェントとは
まったく違う会社だね…という
ご評価を頂けるように日々精進するだけです。

おかげ様で今のところは
年々先生方からお声掛けを頂ける人数が増えており、
転職も、開業もご依頼の件数は増え、
その前段階のキャリア相談は激増しています。

また医師から医師をご紹介頂くケースが非常に多い。
これは自慢できるところですけど、
それだけ私どもの仕事ぶりを認めて下さっている
証拠なのだろうなと嬉しく思ってます。

これからもふざけた同業他社とは
ぶっとい一線を引き、
正々堂々、愚直に歩み続けてまいります。

<参考>
多くの医療系紹介会社の中でのジーネットの位置づけ!のインタビュー記事

医師転職エージェント 医師転職破談 医師転職失敗 医師転職断念 医師転職ご破算 医師転職タイミング 医師転職理由 医師転職間違い 医師キャリア ジーネット株式会社

*まとめ

なんか、話しがあっちに行ったりこっちに行ったり…(笑)。

このブログのテーマに戻ります。
最近転職エージェントの質って落ちてませんか?
はい、確実に落ちています。

それは1人1人の担当者レベルの問題ではなく、
経営者の問題であり、管理職の責任です。

彼らは物事の「本質」や
世の中の「基本」や
社会の「原理」を全く理解していない。

社員を痛めつけて
金儲けだけできればいいんです。
こういう会社が
ネット上でガンガン宣伝広告しているのです。

医師の転職エージェントの大手なんて
自社だけでは食っていけないところも多いんですよ。
親会社からの援助があって
何とかかんとか生き残る…という状況なんです。

だから親会社の顔を潰すわけには行かないので
必死で無茶な営業をする。

これから驚くような
優勝劣敗が始まります。

どうか医師の皆さんは
その巻き添えを食わないように
お気をつけて下さい。

それでは、また…。

*ZOOMキャリア相談を無料で行っています。

*ジーネットTV 毎週新着動画をアップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットが発信する情報提供サイトはこちらです!>
ジーネット株式会社 公式ホームページ
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>ドクター向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <社長のtwitter>
ジーネット株式会社 <社長のfacebookページ>

よろしければ下記もポチっとお願いします!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事