1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 断ったらブラックリストに載りますと脅す医師の転職エージェント…そんなの嘘です!

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

断ったらブラックリストに載りますと脅す医師の転職エージェント…そんなの嘘です!

医師転職コンサルタント 医師キャリアコンサルタント 医師キャリアアドバイザー 医師転職相談 医師キャリア相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師転職斡旋 医師転職支援 医師転職失敗 悪質エージェント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師が転職や開業を失敗しないために
キャリアプランの重要性を唱え続ける
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私は心の底から
医療業界における転職エージェントの価値を
高めていきたいと考えております。

ただでさえ職業的には微妙な存在です。

なくても困らないとか、
採用費用が高くなるだけだとか、
ミスマッチばかりだとか、
そんな評価をよく耳にしますしね。

でも本当にそうでしょうか?
不要な存在であれば使わなきゃいいだけです。
それでも使わざるを得ない「理由」があるのです。
そこを見ずして批判しても
じゃ、自分たちでやればいいじゃんとなりますよね。

ところが医療機関の中では、
我々の経営の根幹である
医師やスタッフをご紹介してくれる
経営パートナーと位置付けて
エージェントを上手く利用している
医療機関も少なくありません。

揺れ動いているのだと思います。

これからのエージェントのサービス次第で
この評価は定まってくるでしょう。

私たちエージェント次第なのです。

しかし一部の悪質業者のおかげで
非常に厳しい道が待ち受けていると
私は冷静に分析しています。

本日のブログのタイトルは、
【 断ったらブラックリストに載りますと脅す医師の転職エージェント…
そんなの嘘です!】

といたしました。

<目次>
1.エージェントの存在価値と役割
・本来あるべき医師転職エージェントの構図
・現状の医師転職エージェントの恥ずかしさ
2.こんなエージェントは退場せよ
・・押し込み営業をするエージェント
・ブラックリストに載ると脅すエージェント
*まとめ

医師転職失敗 医師転職エージェント選び失敗 医師転職間違い 医師転職ミス 医師転職相談 医師キャリア相談 医師転職コンサルタント 医師転職アドバイザー 医師キャリアコンサルタント 医師紹介会社 医師キャリア設計 医師キャリアプラン ジーネット株式会社


1.エージェントの存在価値と役割

転職エージェントとは
実に様々な業界を「専門」として存在していますし、
「複合的」、「総合的」に
多くの業界を対象としているところもあります。

業界ごとに評価の高低はありますが、
ビジネスシーンを中心に
それなりの存在価値を持っているようです。

なかには評判の悪い会社もありますけど、
全体としてはそう悪いものではないのでしょう。

しかし残念ながら医療業界においては、
医師、看護師、薬剤師ともに、
転職エージェントは圧倒的に評判が悪いです。

これはなぜか?

金儲け至上、効率一辺倒の
転職エージェントの経営方針の問題であると考えます。

・本来あるべき医師転職エージェントの構図
転職エージェントの存在価値。
本来あるべき姿とはどのようなものでしょうか?

私は…
・転職に向けたキャリア相談
・自己分析の客観化
・キャリアの棚卸と可能性の追求
・応募書類の添削、作成
・書類選考や面接の対策
・希望にマッチした求人のリサーチ
・求人への応募手続き
・面接の日程調整
・面接同行による双方の理解度UPの手助け
・給与などの条件、配属先、ポジションの交渉
・雇用契約書の確認
・入職に向けた手続きの代行
・退職に向けたアドバイス
などなど書き始めると止まらなくなり、
細かいところまで述べるのなら
あと1時間くらいは書き続けてしまいそうです。

要はキャリアに関しての相談から
転職を決意、実行、その後のフォローまで
多岐に渡る業務があるのです。

ですから新たな職場を探す際には
アウトソーシングする価値があるはずなのですね。
本来は…。

しかし現実はどうか?

・人生経験の浅い担当者
・転職経験のない担当者
・社会的な常識に欠けた担当者
・社会の構図を理解していない担当者
・中長期的な視点を持たない担当者
・採用側や転職者の気持ちを理解できない担当者
・求人先や求職者の未来に責任を持たない経営方針
・業界やその先の顧客を見据えていない経営者
・他社の真似でしかないビジネスモデル
・自社の効率を高め転職シーンを軽薄なものにするスタイル
・焼き畑農業のような営業方針
・マッチングしかしない営業方針

まあこの辺りは放っておけば
あと2時間くらい書けますが(笑)、
この辺で止めておきます。

多くの転職エージェントは、
この本来あるべき姿を追求し
経営者、管理職、担当者が一丸となって
より良い転職支援を目指して努力をしています。

しかし医療系の転職エージェントにおいては
そういった地道な努力をせずに、
①ポータルサイトでの人材確保
(他社任せ、求職者を金で買う安易な発想)
②システム化による効率アップ
(ただの手抜き、楽して稼ぐ)
③求人主導型の安易な転職支援
(求人以外に売り物がない、求人は医療機関のもの)
と、まあ実に情けない現状です。

おそらくこのまま行けば
7~8割のエージェントが退場するでしょう。

残るのはAIマッチングで
人が関わる事のメリットを完全になくした
転職支援をする業者だけです。

ここまで来るとエージェントではなく、
システム会社ですね。

エージェントは代理人。
その大原則を見失っているようです。

<参考>
最近転職エージェントの質って落ちてない?という医師の疑問

・現状の医師転職エージェントの恥ずかしさ
現状の医師転職エージェントの欠点は…

①自社で医師を獲得できない。
②求人案内以外ができない。
③経営者から担当者まで低レベルなスキル

この辺りでしょうか?

③などは同業他社に人から見たら
腹立たしく思う方もいるでしょうが、
①、②ができないならそう言われても致し方ありませんし、
私は自信を持って低レベルと断言できます。

事実、何年も医師の転職エージェント業をしてきたのに
医療、医師への知識が著しく欠けていたり、
転職のノウハウを驚くほどに持っていなかったり、
社会人としての常識がなかったり、
もうヒドイものです。

また経営者においても、
ファイナンスして、
何人かエージェント経験者を採用して、
エムスリーや日経メディカル、メドピアなどの
ポータルサイトと契約して、
医療機関から求人を集めて、
これで儲かると思ってる頭の中がお花畑の人が多いです。

恥を知りなさい!と
大声でお伝えしたいです。

ちょっと言葉が悪いですけど、
なぜかというと
もう驚くようなとんでもないエージェントが
平気で医師や医療機関に迷惑を掛けているからです。

その辺りを後半でご説明します。

医師転職エージェント 医師紹介会社 ブラックリスト 医師転職相談 医師キャリア相談 医師面接 医師内定 医師入職 医師転職失敗 医師キャリアアドバイザー 医師転職コンサルタント ジーネット株式会社

2.こんなエージェントは退場せよ

おそらくこのコロナ禍で
医師の転職エージェントは相当に業績が悪化しているのでしょう。

業界トップと言われるエムスリーキャリアさんは
膨大な会員を抱えていますので
それほど悪くないと思われますが、
2番手、3番手から中堅どころや
儲かりそうだと安易に参入した中小エージェントは
とんでもなく厳しい状態なのではないでしょうか?

それと言うのも、
これらのエージェントの悪質な営業手法の話しが
次々と私の耳に入ってくるのです。

私のところには医師から直接入りますので、
確実な話しです。

もう社名を公開して、
徹底的に糾弾したいくらいですが、
その手法は益々ヒドくなっているのです。

・押し込み営業をするエージェント

これは前々から言われてますし、
特に女性が多い看護師の転職エージェントでは
非常に悪質な行為が行われていました。

要は、ここに行け!と
強弁するのです。

求人案内後にお断りすると、
あなたにはここ以外に行けるところはない、
とにかく面接を受けなさいとか、
面接後には
ここ以上のところはありません、
早く決断しないと他の先生に決まっちゃいますよ、
交渉は私にお任せ下さい、
絶対に高条件を勝ち取ります、
でもそのために先生がここに行くと言って欲しいんです、
それが必要なんです~みたい展開ですね。

この圧力が物凄く強いケースと
それほどでもないケースはありますが、
まあ目的は一緒、
早くここに行くって決めて欲しいんです。

これを私は押し込み営業と名付けているのですが、
ハッキリ言ってしまうと
スキルや経験がない担当者のノルマ達成の為の営業であり、
その上にいる無能なマネージャーや経営者の指示であります。

こんな会社は早く潰れた方がいい。
業界の恥さらしです。

しかしもっと酷いケースを耳にしました。

・ブラックリストに載ると脅すエージェント

これもある先生から直接伺った話しです。

某医療機関の面接に行ったそうです。
そこを紹介してくれたエージェントの担当者と一緒です。

滞りなく面接を終えた帰り道、
その担当者から
「先生、ここをお断りしたらブラックリストに載りますからね。」

こんな事を言われたんですけど、
これはどういう事でしょうか?と私にご連絡が入りました。

率直に、
「そんな事はあり得ませんからご安心下さい」と
即答しました。

そのエージェントの担当者は
会社からのノルマをこなすために
何が何でもここで決めないといけなかったのでしょうね。

そして経営者は現場でこんな事が行われているとは知らず、
売上を上げろ!お前たちの給料が払えないぞ!と
プレッシャーを掛けていたのだと思われます。

最悪の場合は、
経営者や管理職がこういう話法を使って
その場で医師に決断させるんだ…と
指導していたのかもしれません。

もう最低最悪です。

まず自社内でブラックリストに載せるなら
そりゃその会社の勝手ですけど、
もし同業他社と組んで
このような情報を共有しているなら
個人情報保護法的に完全にアウト、
職業紹介事業者としての免許も剥奪でしょう。

よってブラックリストを心配する必要はありませんと
この先生にはお伝えしました。

問題なのはこの営業手法と
こんな事をいけしゃあしゃあとできる担当者。
そんな担当者を野放しにする会社です。

こういう転職エージェントの存在が
医療業界におけるエージェントの低評価に繋がっているのです。

えっと、今回のブログは
ちょっとキツイ言い回しになっているかもしれませんが、
それだけ私は頭に来ている、
腹立たしく思っているという証明です。

こんな悪質会社は近い内に退場させねばなりません。

社名も伺いましたので、
個別にであればお教えいたします。
医療業界の転職エージェントの浄化です。

最後にこれだけは断言しておきます。

医師の転職エージェントはどこも一緒ではありません。
超が付くほどに真っ当な会社もあるんですよ。

宣伝広告に踊らされるのではなく、
そのエージェントの本質と
経営理念やビジョンをよくチェックして下さい。

これらの情報がなく、
チェックできないのであれば
もうそのエージェントはNGです。

社長の顔写真や言葉がないのもNG。
隠すようなところは必ず良くない事をしてます。

と思って…
ブラックリスト云々の会社のホームページをチェックしましたら
案の定、社長の氏名だけしか掲載されていませんでした。

やっぱりね~。
表に出れない人なんですね…。
情けない。

<参考>
医師転職エージェント選びの失敗事例に学ぶ成功へのコツ!

医師転職コンサルタント 医師キャリアコンサルタント 医師キャリアアドバイザー 医師転職相談 医師キャリア相談 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師転職斡旋 医師転職支援 医師転職失敗 悪質エージェント ジーネット株式会社

*まとめ

ホント同業とは言え、
実に恥ずかしく、情けなく、申し訳なく、
こんな会社には潰れて欲しいと思います。

社員もこんな会社にいたら
経歴を汚しますし、
何よりまともなビジネスの仕方を見失うでしょう。

私はウソをついてまで
売上を上げようとする会社など認めません。

ハッキリ虚業であると断言しますし、
社会悪であるとも思います。

医療は国家の礎です。
医療従事者は国家の宝です。
あらゆる産業の根幹です。

このコロナ禍で充分わかったはずなのに、
医療業界の支えとなるべき
医師の転職エージェントがこの醜態では、
存在価値はゼロどころか
国民全体の「敵」と言っても過言ではないでしょう。

許し難いエージェントです。
消えてなくなれと言いたいです。

とは言えどのエージェントも
こんな体たらくではありません。

医師のため、医療業界のため、
粉骨砕身している
真っ当なエージェントも存在している事は
是非とも頭の片隅に置いて頂きたいです。

こんなロクでもないエージェントは
排除しなければ業界浄化は進みません。
労働局に通報せざるを得ませんね。

しかし…本当に、
まともなビジネスをしましょうよ。
医師の転職エージェントの皆さん。

悪質な手口を考える暇があったら
勉強して、実力を付けなさいよ。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談実施中!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)を語ってます!

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報提供サイト
医師のキャリア<転職・開業> twitter
医師のキャリア<転職・開業> facebookページ

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事