1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の年収、生涯年収
  4. 年収2500万と生涯年収5億円…。目指すべきはどちらでしょうか?

BLOG

ブログ

医師の年収、生涯年収

年収2500万と生涯年収5億円…。目指すべきはどちらでしょうか?

医師平均年収生涯年収

 

おはようございます。

医師のキャリアを中長期的に支える
転職、開業のプロフェッショナル、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

お金って大事です。
でもお金って怖いです。
やはりお金とは上手く付き合わないといけませんね。

本日のブログのタイトルは、
【年収2500万と生涯年収5億円…。目指すべきはどちらでしょうか?】
といたしました。

医師平均年収生涯年収

平均年収と生涯年収…

様々な説はあるのですが…
医師の平均年収は<1477万円>なのだそうです。

そして勤務医の生涯年収は、
<4億3000万円>と言われています。

1477万円×<30年>=4億4310万円
平均年収の1477万円を<30年>続ければ、
生涯年収の4億3000万円に届く訳ですね。

生涯年収自体は開業医も含めると、
<4億6000万円>とか、
<4億8000万円>という説もあるようですし、
医師の年収も研修医時代や若手医師の頃は
平均年収に届かないでしょうから、
安易な計算では成立しないのは百も承知です。

お勤めの施設種別や、年次、経験値、働き方などによって
手にする年収は大きく異なるでしょうし、
ある程度までは経験を積むごとに年収アップするものです。

単に収入を増やそうと思えば、
バイトを増やしたり、
当直やオンコールを増やしたり、
勤務日数を増やしたり、
いろんな手がありますが、
高収入と引き換えに
過重労働や心身への負担が増えてしまっては
ちょっと考えものですよね。

自分にとって相応しい年収とは、
個々それぞれ求める水準が違いますし、
常に適切な評価を受けるものでもありません。

評価をするのは自分ではなく
他人(医療機関側)でもありますし、
実力、実績、経験なしの高年収は問題が隠されていて、
これが適切!というのは中々難しいものです。

昔のように右肩上がりの経済成長して、
収入自体も毎年増えていくなら良いですが、
今はそういう計算も成立しにくいですしね。

となると…
どうしても私たちは目の前の収入アップに
意識が行きがちであります。

しかしアップダウンを繰り返せば生活設計はしにくく、
安定感という意味ではリスクもあり、
また税金の面でもかなり大変です。

無理に稼ごうとして
医師の魂を売るなんて事は
やはり避けたいですよね。

また家庭の状況次第では、
いったんキャリアをキープさせたり、
時には若干敢えてダウンさせる事もあるでしょう。

そう考えると、
年収を考える時って今の年収、次の年収だけではなく、
生涯年収を考えた方が
自らを安定させる事に繋がると思うんです。

正解ではなく、自分が求めるのは?

年収とは、
生活レベルに直結します。

裕福な生活をする為には、
当然、それだけの高年収が必要になりますし、
質素な暮らしを望むなら
それほどの高年収は必要とはなりませんね。

やはり自分の望む生活水準は
きちんと人生設計しておかないといけません。

ある程度の人生設計が見えてきて、
求める生活水準が明らかになってくると、
それに合わせたキャリアプランが立てやすくなります。

もちろんキャリアとは年収だけではありませんから、
望むポジション、職掌範囲、働き方、権限、自由度によっても
プランは異なってくると思います。

ここで大事になってくるのは、
自分自身としっかり対話を繰り返す事だと考えます。

〇〇さんのような…とか、
▢▢先生と同じくらいに…とか、
△△氏に近い…とか、
他者と比較しても
それが本当に自分の望む姿である事は多くないようです。

もちろん目標として目指すべき存在としては
モチベーションアップにもなると思うのですが、
ご自身のキャリアプランとしては
他者に影響されるのはデメリットの方が多いです。

外部環境に左右されないように、
自分の心の内側、
そしてご家族など
内部環境について熟慮すべきと思います。

プランニングは中長期的な方が有利です!

それともうひとつ大事なのは、
目先の事、次の職場、次の展開だけではなく、
5年、10年、20年、30年先を考えた方が良いですよ…という事です。

もちろん先になればなるほど
不確定要素は多い訳ですし、
おそらく今思っているようにはならない可能性が高いです。

しかしそれでも私は良いと考えてまして、
常に、いくつになっても、10年先を見越しての次!という
プランニングの仕方を身に付けた方が
自分の人生、キャリアを有利にすると思うのです。

例えば、自分は70歳になったら引退しようと思う。
さすがに60歳以降は働くペースを落とさざるを得ないだろう。
だから50代までにやり切った感を持てるように…
60歳以降でも仕事に就けるようなキャリアを積んでおこう…
具体的には…と自分らしく、
個々それぞれの志向性によって
ひとつずつ詰めていけば良いと思います。

そして自分だけで考えていて行き詰った時には、
第三者の発想、視点、見解、事例、ノウハウを参考にして、
情報量を増やした上で決断していくと良いですね。

人って相談する事で、
話し合う事で、
新たな考えが思い浮かぶものですし。

このようにキャリアプランを検討していった際に、
次の職場の年収アップと、
生涯年収を高めていくのと、
どちらが良いでしょうか?

これも人それぞれ意見は異なるかもしれませんが、
私は生涯年収を増やすキャリアを構築した方が
自分を有利な方向に導けるのではないかと考えています。

結果的にそういう方が
次の職場でも年収アップを勝ち取れるものです。
鶏が先か卵が先か…みたいな話しですが…。

それでは、また…。

医師キャリア相談

<年収について書いた過去記事もご覧下さい!>
今、年収を上げるのか?将来の年収を上げるのか?
医師の年収と実働期間を考える!?
え!医師6年目でその年収!?

<弊社の各種公式サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社コーポレートサイト
医師の為の情報収集プラットフォームIBIKENサイト
医師のキャリアをサポートするコンサルタントブログ

いいね!と思って下さったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

関連記事