1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 雇用契約を締結した後に事前の打合せと違う勤務スタイルを提示されて困惑する医師!

BLOG

ブログ

医師転職

雇用契約を締結した後に事前の打合せと違う勤務スタイルを提示されて困惑する医師!

医師転職失敗 医師職場探し失敗 医師病院選び失敗 医師転職エージェント失敗 医師紹介会社失敗 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職交渉 医師転職契約 医師転職入職前 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師が転職や開業を失敗しないために
キャリアプランの重要性を唱え続ける
ジーネット株式会社の小野勝広です。

最近の転職シーンは、
とにかく効率化、システム化を進める傾向にあり、
それは別に悪いことではないんですけど、
人と人、という肝心要のところから目を背け、
目的と手段が混同されてしまっているように感じます。

転職するのも「人」。
採用するのも「人」。
間を取り持つのも「人」。

システム化して
多くの人に役立てるならいいですが、
現状、役立つという最重要なところが軽視され、
システム化万歳、
売上が上がれば良しという傾向になっており、
これには大きな疑問があります。

転職エージェントが
転職支援を軽いものにしては
絶対にいけません。

本日のブログのタイトルは、
【 雇用契約を締結した後に
事前の打合せと違う勤務スタイルを提示されて困惑する医師!】

といたしました。

<目次>
1.転職エージェントを求人で選んで失敗
・求人は医療機関のものでありエージェントのものではありません。
・実力あるエージェントを選ばないと失敗します。
2.事前に聞いていた話しと違うという失敗
・決めるのが優先で、医師、医療機関を軽視している。
・入職する医師の希望を把握していない。
*まとめ

医師転職エージェント選び 医師紹介会社選び 医師病院選び 医師職場選び 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職サポート 医師キャリアコンサルタント 医師キャリアアドバイザー 医師転職コンサルタント ジーネット株式会社

1.転職エージェントを求人で選んで失敗

おそらく今までの転職エージェントの選び方は
「求人ありき」だったのではないかと思います。

つまりエムスリーや日経メディカルの求人サイトを見て、
お、この求人が気になるぞ!ということで問合せをしたら
その問合せ先が転職エージェントであり
求人目当てで登録する。

こんなパターンが大半だったのではないでしょうか?

今までは売り手市場で求職者である医師が
圧倒的に有利だった医師の転職マーケット。

極論を言ってしまえば
転職エージェントなんてどこでも良かったんです。

面接に行きさえすれば、
医療機関の採用意欲が高くて
高条件でオファーしてくれましたから
エージェントの実力やノウハウを
問われることはあまりありませんでした。

しかし医師の転職マーケット自体が
売り手から買い手市場に移っている昨今では
転職エージェントの実力とノウハウがなければ
有能な医師でも決まらなくなってきています。

これからの転職エージェント選びは
「求人ありき」では間違えることが増えます。

今回はそんな事例を踏まえて、
どうエージェントを見極めるかについて書きます。

・求人は医療機関のものでありエージェントのものではありません。

当ブログではお馴染みですが、
「求人」に主導権を渡した転職活動は
もう通用しなくなっています。

そんな一般化した転職活動ではなく、
キャリアプラン主導型の転職活動を
オーダーメード型で支援してくれるエージェントと
タッグを組まねばなりません。

求人件数。
高条件求人。
非公開求人。
当直なしで年収アップ求人。
レア求人。
独占求人。

これらはエージェントが
医師に登録して欲しいばかりに
宣伝文句としているものですが、
この中にはダミー求人が少なくなく、
すでに充足している求人をサイトに掲載しており、
もう信用に値しないものなのですね。

某社から案内された求人なんだけど、
かなり興味があるのに
全然連絡が来ないんだ。
小野さんのところで確認してくれないかな?

時々こんなご依頼を受けることがあります。
お安い御用と医療機関に連絡すると、
そんな募集はしてないよ。
もう半年前に決まっちゃったんだ。
こんな返答が返ってくるというパターンが
とにかく多いです。

要は医師を釣りあげるための
ダミー求人なんですね。
本当にこういうケースは多いです。

募集がないという事を言えなくて
連絡をしないのでしょうね。
誠意に欠ける行為だと断罪せざるを得ません。

でもこんなエージェントばっかりなんですよ。
情けないですが…。
で、こういうエージェントほど
宣伝広告に物凄いコストを掛けるんです。
ですから知名度は高いんです。
ところがその費用を賄わねばなりませんから
強引に押し込もうとする営業がまかり通っています。
恥ずかしい限りですよ…。

ここでよ~く考えていただきたいのですが、
そもそも「求人」って誰のものでしょうか?
転職エージェントのものでしょうか?
当然そうではありませんよね。

「求人」は医療機関のものです。
医師を採用したい医療機関のものなんです。

それを転職エージェントごときが
いかにも自分たちのもので
とっても貴重なもののように宣伝するのは
虚偽以外の何物でもありません。

エージェントの機能としてあるのは、
集めた求人に付加価値となる情報を加えて、
求職者である医師が判断をしやすくする事「だけ」です。

高条件とか、高待遇とか、
それを判断するのはエージェントではありません。

医師の皆さんが判断しやすいように
客観的な情報を追加したり、
見極めポイントを提供したりするのが
本来的な転職エージェントの仕事です。

・実力あるエージェントを選ばないと失敗します。

こんな当たり前のことすら
今の転職エージェントはできていません。

ですから売り手市場が終わり、
買い手市場になっている昨今、
なかなか決まらずに業績を大幅に悪化させています。

私に言わせれば
そりゃそうだろうね…という事なんですけど、
今までのやり方を見直すどころか
さらに無理やり決めようとしているのですから
開いた口が塞がりません。

これから転職エージェントを利用しようと思う医師は
的確にエージェント選びをしないと
ドツボにハマるかもしれないと思ったほうが良いです。

では実力のあるエージェントは
どんな基準で選べばよいか?ですが、

①宣伝広告は最低限
②求人を前面に出さない

まずはこの2点に該当するか確認して下さい。

いずれか、もしくは両方に当て嵌まる場合は
求人と求職者を右から左に流すだけの仕事である可能性が高く、
ハッキリ言って雑です。

しかもずっとこんな仕事をしているので、
医療業界や医師の仕事に対する知識がありません。

もっと言うと転職のノウハウや情報がないんです。
あるのは「求人」だけです。
しかも何ら判断に値しない表面的な内容です。

こういうエージェントはパートナーとなりえず、
転職活動の中で害になるケースは非常に多いのです。

<参考>
医師転職エージェント(医師紹介会社)の取扱説明書!

医師転職 雇用契約 入職条件 希望条件 勤務条件 医師転職エージェント 医師紹介会社 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職コンサルタント 医師採用 医療機関との交渉 医師転職支援 医師転職斡旋 医師転職サポート ジーネット株式会社

2.事前に聞いていた話しと違うという失敗

同業者として心苦しいですが、
医師の転職エージェントの現状は上記の通りです。

そんな中にまたとんでもない情報が入ってきました。

某大手の転職エージェント経由で
ある病院に入職を決めた糖尿病内科の先生。

その入職前にもすったもんだがあったのですが、
エージェントを通して
医療機関側ともだいたい話しがついて
雇用契約を締結したのだそうです。

ところが…。
契約を締結した後に
医療機関から送られてきたシフトを見ると…。

事前にあれだけ糖尿病の患者さんを
専門として診察していきたい、
一般内科は極力避けたい、と伝えて、
それで先生のやりたい体制を作るという確約を得たので
契約をしたんだそうです。

でもシフトには一般内科の外来にしっかり入っていて、
事前に聞いていた話しと違う…。
これだと転職する意味がない。

契約をしてしまったけどお断りしてよいものか?
そんなご相談で弊社に連絡が入ったのです。

・決めるのが優先で医師、医療機関を軽視している。

この話しを伺った際に、
私は2つの可能性を感じました。

ひとつは医療機関側が
意図的に行ったという事。

内科医の確保を優先して、
あたかも専門外来を設置するかのように話し、
先生の期待値を上げて
とにかく採用してしまうという裏事情です。

ただこの先生から医療機関名を伺い、
ん?あそこならこんな事はしないな、
ということは医療機関側の問題ではないだろう。
あるとしたらエージェントか?

エージェント名を伺い、
ん?あそこならやりかねないな、
売上のために平気で医師を売るだろう。
そう思ったのですね。

どういう事かと言いますと、
転職エージェントの売上は
医師が入職してからの成功報酬型となります。

なので悪質なエージェントは
とにかく入れてしまえばいいと考えがちです。

もちろん早期退職に繋がる可能性もありますが、
上から厳しいノルマを負わされている現場にとっては
そんなの知ったこっちゃないのですね。

いやこんなヒドイ事をするエージェントは
ごく一部ではあります。

しかしそのごく一部が大手だったりするのですから
目も当てられませんよね…。

前述のケースでは、
先生からの希望や確認事項を
医療機関側には投げずに握りつぶし、
もしくは医療機関がYESと言いそうなところだけ確認し、
NOと言いそうなところは放置した。

そして先生には医療機関側もOKしてくれました…と伝え
雇用契約の締結に結び付けて入職の約束を取った。

う~ん、ここまでするか!?と驚くような展開ですが、
業績が悪化しているエージェントなら、
売上のためにビジネスパーソンの魂を
悪魔に売り渡す人も存在はするのでしょう。

そもそも求人をデータとして扱ってるので
その背景や事情など全く把握していません。

ですから医療機関のニーズなんて
これっぽっちも関心がないのですね。
欲しいのは求人というエサだけです。

そして医師は魚です。
次から次へとエサを与えて
食いついたところに無理やり押し込む。

例えは悪いですが、
悪質なエージェントの手法はこんなものです。

医療機関はフィーを払ってくれるという位置付けで
そこに社会性や地域住民や
働く医師のことなど考慮されないんです。

求人をくれる医療機関ならどこでも大歓迎ではなく、
その求人内容では採用できません、
このように変えるべきです、
その条件では弊社にご登録してくれた医師に打診できません、
もっと医師にとって有益な求人情報にして下さい、
このようなアドバイスをするのが
真っ当な転職エージェントだと思います。

・入職する医師の希望を把握していない。

いつも言うことですが、
とにかく求人、求人、
いい求人さえあれば医師から問合せが入り、
マッチングできると考える
浅はかな転職エージェントが多いわけですが、
この人たちにとって重要なものは
当然ですが「求人」です。

宣伝広告では
あたかも医師のために…と謳いながら
結局は求人で金儲けしたいだけです。

真摯な転職支援をするエージェントなら
求人をダシにはしません。

希望条件だけサラっと聞いて、
すぐにマッチングするような転職エージェントは
仕事が雑で、転職支援として低レベルと
言わざるを得ないんです。

求人をダシにした転職エージェントの宣伝広告には
騙されないようにしましょう。

面談すらせずに
求人を紹介してくる転職エージェントは
確実に希望を把握できていません。

私などは何度お会いして、何度話しても、
新たな発見があり、
マッチングの精度を高めるためには、
会って話すプロセスは絶対に必要と考えています。

面談すらしない転職エージェント。
面談の内容が希望条件のヒアリングのみの担当者。
面談の中身が稚拙で知識の欠如など不安を持ったケース。

こういう場合は
その転職エージェントに依頼するのは止めたほうがいいです。
その後によい展開はありません。
むしろ想定外のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
前述の事例のように…。

医療で例えるなら、
診察をしないのに薬を処方するとか、
おざなりな問診で診断を付けるとか、
検査もせずに治療方針を決めるとか、
そういうことと同義なのですね。

あり得ないって思われますよね?

こんな医療機関があったら大問題ですけど、
こんな転職エージェントは少なくありません。

来院してもらい、丁寧に問診し、適正な検査を行い、
それに基づいて的確な診断を付けて、
患者にとって相応しい治療方針を
一緒に考えるって当たり前ですよね?

会いもせず、
希望条件だけのヒアリングで、
いきなり何件もの求人を出して選ばせるという
転職支援のスタイルが
どれだけおかしいのかがよくわかりますよね。

こういうスタイルこそが
トラブルの元であり、
転職エージェント自体が失敗要因です。

求人で転職エージェントを選ぶのではなく、
真っ当な転職支援をしているか?で
お選びになることをおススメします。

<参考>
求人だけでなく、転職ありきでない相談に力を入れるのがよいエージェントです!

医師転職失敗 医師職場探し失敗 医師病院選び失敗 医師転職エージェント失敗 医師紹介会社失敗 医師キャリア相談 医師転職相談 医師転職交渉 医師転職契約 医師転職入職前 ジーネット株式会社

*まとめ

医師が転職を失敗する理由として、
転職エージェントが破談の要因となったとか、
転職エージェントから聞いていた話しと違ったなど、
確実に転職エージェントが失敗要因になっているケースは
思いのほか多いのです。

転職支援ってそんなに簡単じゃありませんし、
まして医師の転職支援なんて
転職支援業界の中でも最も難しい領域です。

安易に新規参入してきた会社とか、
売上至上主義の大手企業とか、
そんなでたらめな会社にできるわけがないのです。

先生方には是非とも真っ当な転職エージェント、
志と誠実さと
本物のプロフェッショナル性を持ったエージェントを
お選びになって頂きたいです。

信頼できるプロを見方にすれば100人力ですから。

それでは、また…。

*無料ZOOMキャリア相談実施中!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)を語ってます!

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報提供サイト
医師のキャリア<転職・開業> twitter
医師のキャリア<転職・開業> facebookページ

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事