1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. あの時に開業しておけばよかった…という後悔

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

あの時に開業しておけばよかった…という後悔

医師開業失敗 クリニック開業 開業適齢期 開業のタイミング クリニック開業コンサルタント 開業支援 開業相談 開業医 開業準備 ジーネット株式会社

もうすぐ六十路が見えてきた
ベテランドクターのN先生。

遅ればせながらも
自分のクリニックを持ちたくて
開業準備を進めていますが
なかなか思うようには進みません。

勤め先病院に出入りしている医薬品卸業者からは
N先生のご年齢ですと難しいと
お断りも受けてしまっています。

自己資金もゼロではないものの
一般的に必要とされる金額には満たず、
下のお子さんはこれから受験を控えています。

医師人生の終盤は
自分の思うような医療を提供したいと
熱い思いをお持ちですが、
タイミング的には少し逃がしてしまった感があります。

医師開業失敗 クリニック開業 開業適齢期 開業のタイミング クリニック開業コンサルタント 開業支援 開業相談 開業医 開業準備 ジーネット株式会社

そもそもN先生が最初に開業を考え始めたのは
30代後半くらいだったそうです。

大学医局の中で
自分よりも優秀な先輩、同僚、後輩を見てきて
さすがに自分の居場所はここにはないな…と。

いつか出なきゃいけないなら
民間病院で勤務医をするよりも
思い切って開業医になって
自分らしい医療を行いたい。

医師家系ではない自分は
大学で長く勤務して出世するよりも
自分のクリニックで院長をしたい。

地域密着型のクリニックでの院長のほうが
自分に合うんじゃないか?
そんなことを考えたのだそうです。

それとなく教授に相談したところ、
「まだ早い」と言われ
「ダメだとは言わないがもう少し医師として研鑽を積んでから」と諭され
その時は自分でもそうかなと思い
立ち止まったらしいのですね。

その時から3~4年経った際には
そろそろ…という思いはあったものの
派遣先病院が性に合い非常に有意義な毎日だったので
開業準備は見送りました。

そんなこんなで時は経ち、
いつの間にかベテランドクターと呼ばれるようになり
同世代の教授が就任したこともあり、
今しかないと決意を固めたようなんですね。

しかし実際に開業準備に動いても
関わる業者からはネガティブな反応ばかりで
心が折れそうです。

このまま粘り強く開業の道でもがくか、
それとも民間病院などで勤務医をするか、
はたまた雇われ院長として働くか。

毎日悩みながらも開業したいと考えていますが、
やはりあの時に開業すべきだったか…という後悔の念はあり、
機を逸したかな…と苦心しているN先生でした。

*無料ZOOMキャリア相談実施中!

*ジーネットTV 医師のキャリア(転職・開業)を語ってます!

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>医師向け情報提供サイト
医師のキャリア<転職・開業> twitter
医師のキャリア<転職・開業> facebookページ

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事