1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 高年収求人で大失敗…。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

高年収求人で大失敗…。

医師5年めのH先生。

このままハードな業務を続けて

年収1500万程度では

全く報われないと考えておられました。

そんなH先生が転職したのは

自由診療100%のクリニック。

年収は2000万円からスタートだったそうです。

特に経験やスキルを求められる訳でもなく、

いきなり2000万円出してくれて、

今後の頑張りによってはさらなる年収アップも見込めるし、

院内には年収4000万~5000万円のドクターも在籍してしているし、

噂では億単位を稼いでいるドクターもいるそうで

H先生としては希望に満ちた転職だったそうです。

しかし待ち受けていたのはノルマでした。

病院では何もせずとも

次から次へと患者が押し寄せてきました。

ところがここでは患者は自分で掴めとの事です。

クリニックの宣伝広告で来院した患者は

目当てのドクターがいて、

その医師をご指名で来るそうです。

指名がない場合は

若手医師に順番に回ってくるのですが、

そうそうある訳ではない…。

つまりH先生には回ってこない。

時々、上の先生が多忙で代診に入る事はあっても

患者は明らかに不服そうです。

病院の患者さんとは全く違い、

医師を選ぶのは患者さんです。

先輩たちの真似をして、

ブログを書き、

Instagramを始め、

情報発信に勤しみましたが、

すぐに結果に結び付く訳でもなく、

毎日時間を持て余してしまっていたそうです。

上の先生のお手伝い。

小間使い。

最初は先輩医師もいろいろ教えてくれたけど、

患者を掴めないH先生には

段々とクールな対応になっていくのがわかったそうで…。

カウンセリングに入っても

患者さんは他院と比較して、

少しでも安い方を選ぶとの事で

そこには技術とか、信頼などお構いなし。

あるのは価格優位性のみ。

安価なクーポンを使って

1回だけは施術を受けてくれても

2度とは来てくれない…。

そんな日々が続いて半年くらいが経った頃です。

院長に呼ばれて厳しく叱責されました。

患者集めを舐めているんじゃないか?

もっと真剣にカウンセリングに入らないとダメだ。

患者を掴めないドクターはここでは要らない。

H先生の給料は他のドクターが稼いでいるんだよ。

迷惑を掛けていると思わない?

H先生自身も思うように行かない毎日でしたから

院長のおっしゃる事はよくわかる。

しかし打開策がある訳でもなく、

患者を掴めない、経験が積めない中では、

自信を持っておススメする事もできない。

さすがに自信喪失気味のH先生。

時々、求人サイトを見て

保険診療に戻るか?なんて事を考えるけど

その場合は年収は一気に下がる…。

早く患者を掴まなきゃ…と焦る毎日ですが、

様々な策を打っても上手く行かない…。

自由診療を舐めていた…。

このままでは来期の契約はないかもしれない。

戻るに戻れないH先生。

高年収に目がくらんで

二進も三進も行かなくなってしまっています…。

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

関連記事