医師のキャリア支援 <転職・クリニック開業> はジーネットにご相談下さい!
ジーネットのSNSでの情報発信

院長になってみたくて、自分で開業する際の勉強にもなると思って。

2022年2月9日by gnetdoctor

いずれは自分のクリニックを持つことを夢見るM先生。

30代後半に差し掛かり、
そろそろ開業の方向に舵を切ることを検討していました。

求人サイトを見ていると
プレ開業OK!
開業もご支援します!という
M先生にとって最適と思われる
クリニックの雇われ院長の求人案件が
何件か見つかりました。

早速、問合せをしてみると
転職エージェントの案件らしく
担当者の方と面談。

話しを聞く限り
断る理由が一切ありません。

給与は今よりアップ。
クリニックなので当然当直はなし。
オンコールもなし。
診療はM先生の好きにしていい。
スタッフは本部から派遣する。
管理的なところは本部がサポート。
M先生は診療だけに専念して構わない。

分院を複数持つ医療法人の理事長でしたので
M先生が開業する際には応援する。
物件探しも手伝う。
うちの法人で院長として経験を積んで下さい。

こんなにいい話しがあるのか?と驚き、
このチャンスは逃がせないとM先生は受諾したのでした。

医師転職失敗 雇われ院長 早期退職 プレ開業 開業準備 理事長 パワハラ 勤務医 ジーネット株式会社

勤務初日。
患者さんは少ないです。
午前中に3人、午後に2人。

こんな日が続き数カ月。
さすがにこのままではマズいんじゃないかと
M先生も危機感を持ち、
理事長に伝えてみると…。

法人として打つべき手はきっちり打っている。
M先生の診療に問題があるんじゃないか?

再診の患者が少なく、
新患ばかりなのはその証明ではないか?

もっと検査を増やして
売上を向上させるべきではないか?

M先生としては
良かれと思ってした発言が
理事長にとっては望ましくなかったようです。

それどころかM先生に問題があると断定し、
このままでは翌年の年収ダウンは否めないとまでおっしゃいます。

ご自身のクリニック開業のために
よい勉強ができるんじゃないかと考えていたM先生ですが、
それどころではなくなってしまいました。

集患のアイデアを出そうにも
患者が少ないのはM先生の責任だとされてしまうのですから
M先生としても打つべき手がありません。

スタッフは本部から来ているので
相談しようにもできず
むしろ本部側の人間として
自分を監視しているように感じてます。

毎日大きなストレスを抱えてしまい、
にっちもさっちも行かずに苦しんでいるM先生。

やはりオイシイ話しなんてないよな。
開業前の経験アップには全然ならないし、
このままでは来期は首になるかもしれない。

こんなことになるなら
最初から自分で開業したほうが良かったかも。

悶々と苦しむM先生です…。

医師限定 無料ZOOMキャリア相談 実施中!

*ジーネットTV youtubeにて医師のキャリアについてお話ししています。

医師キャリア相談

<ジーネットは様々な情報発信をしています!>
ジーネット株式会社 正式コーポレートサイト
<IBIKEN>医療ビジネス健全化協議会 医師向け情報提供サイト
twitter ジーネット株式会社公式アカウント
facebookページ ジーネット株式会社公式アカウント

下記もポチっとご協力下さい!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

この記事をSNSでシェアする